2016年7月11日 更新

仮想通貨に興味ある方必見!イーサリアムの特徴をチェック

イーサリアムは、ビットコインと同じく仮想通貨です。ビットコインに足りない部分や必要な技術を取り入れていて、サービスに優れています。イーサリアムの仮想通貨はイーサーと言います。簡単に購入することができ、簡単に売却することができます。どういう点が優れているのかまとめてみました。

イーサリアムの特徴は?

イーサリアムは仮想通貨以外に深く関係があります。
 (8747)

イーサリアムの特徴はビットコインコインの技術的な欠陥を補完し、機能を充実させている事です。最も注目すべきは「スマートコントラクト」機能でしょう。

スマートコントラクト機能とは一言でいうと「契約の自動化」です。管理人は「契約のスムーズ化」と言い換えても良いと思っています。例えば「自動販売機にお金を入れる。そしてボタンを押す。そしてジュースが出てくる。」というのは典型的なスマートコントラクトです。

「お金を入れる」「ボタンを押す」という要件が満たされると自動的にスムーズに契約が履行されジュースが出てくるのです。このように「簡単に契約出来る環境」を整える技術の一つとしてスマートコントラクト機能はとても優れています。
 (8749)

イーサリアムの特徴は、スマートコントラクト機能です。
ビットコインは現金との取引の際に中央機関に通さず取引することができます。
たとえば、仮想通貨を借りる際にはいろいろな契約が必要になります。
誰が貸して誰が借りるのか、いつ返すのか、担保の内容はなど、民事の契約が必要になります。
この民事の契約をコンピューターが認識し、処理するのがスマートコントラクト機能です。
借りた仮想通貨を返す日がきたら、コンピューターがそれを実行します。
契約内容どこに保存するかというと、ブロックチェーンに繋げて保存します。
誰でも契約の内容が見れるようになります。
ブロックチェーンに繋げることで、その契約内容が正しいことと、偽造されていないことを確かなものにします。

イーサリアム(Ethereum)の利用について

イーサリアムは簡単に登録・利用することができます。
 (8748)

イーサリアム(Ethereum)は、ビットコインと同様、coincheckのウォレットで、売買や管理ができます。また、購入方法は、ビットコイン同様、銀行振込で購入することができます。クレジットカード決済での購入も今後利用可能予定です。また、イーサリアム(Ethereum)を扱った取引所も今後リリース予定です。
Facebookのアカウントを使って利用することもできます。

イーサリアムの基軸となる仮想通貨はイーサー

イーサリアムを利用する場合、仮想通貨イーサーを使います。
ブロックチェーンに契約内容を保存する時に払う手数料はイーサーで支払います。
 (8750)

Etherとは、Ethereumのプラットフォーム上で使用する独自通貨。EthereumはこのEtherを使用してスマート・コントラクトを実行できる。ビットコインと同様に採掘することができる。
イーサリアムは、プラットフォーム機能の名前で基盤的役割を果たしています。
イーサーは、イーサリアムのプラットフォーム上で利用することができる仮想通貨です。

公開一年たたずに資産総額2位

イーサーの資産総額は、ビットコインに次ぐ2位です。
 (8751)

イーサリアムが登場するまでは、王者ビットコインの一人勝ちの仮想通貨(暗号通貨)界でしたが、イーサリアムが登場することで、仮想通貨(暗号通貨)界の図式が変わろうとしています。

仮想通貨(暗号通貨)と言えば、みなさん「儲かるのでは?」と思われているかもしれませんが、ほとんどの仮想通貨(暗号通貨)は公開されずに終わったり、公開されても流通しなかったりして価値が下がってしまっているものがほとんどです。

だからこのイーサリアムの登場は、仮想通貨(暗号通貨)界にとって衝撃をもたらすことになります。

仮想通貨(暗号通貨)資産総額ランキングでも、1位ビットコイン、2位イーサリアムで全仮想通貨(暗号通貨)資産総額の90%近くを占めることをご存知でしょうか?

それほどイーサリアムというのは仮想通貨(暗号通貨)界に風穴を開けることに成功した通貨とも言えます
イーサリアムは2014年に登場しました。
ビットコインができてから、様々な仮想通貨ができましたが、流通せずに終わった仮想通貨も多く存在します。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【未来が変わる】イーサリアムのスマートコントラクト

【未来が変わる】イーサリアムのスマートコントラクト

今の社会システムを大きく変えるほどの、革新的な技術が含まれていると考えられている「イーサリアム」。その技術のポイントはスマートコントラクトにあります。まだまだ馴染みのないスマートコントラクトの将来性と、可能性についてまとめます。
letyour8 | 1,560 view
ICOの可能性とリスクについて調べてみた

ICOの可能性とリスクについて調べてみた

そんなとき、何をさておき必要なのは、お金です。銀行に借りる? 株式を発行して投資家に買ってもらう? そうした従来の手法と違い、今、注目されているのが「ICO」。何かと話題の「仮想通貨」を使った資金集めです。世界では、ことしだけで1000億円を超える資金が集まったとも言われ、国内でも活用例が出始めています。
じょにー | 70 view
なぜ匿名コイン「ジーキャッシュ」が上がると考えるのか+仮想通貨の闇に迫ってみた

なぜ匿名コイン「ジーキャッシュ」が上がると考えるのか+仮想通貨の闇に迫ってみた

コインチェックを見るとジーキャッシュがAlphaBayというサイトで、正式に採用されたことによって価格を順調に上げています。 倫理的な是非はともかく、Zcashはこれからも値上がりを続けると思いますので記事にしました。
じょにー | 198 view
仮想通貨応用の道を広げるジーキャッシュとは?

仮想通貨応用の道を広げるジーキャッシュとは?

Bitcoin(ビットコイン)をはじめとする、仮想通貨の認知度がここ数年で一気に高まっている。2017年には改正資金決済法が施行され、仮想通貨についても法律で規定されることになった。その結果、仮想通貨の取引所は法的根拠を持つ一方で、規制の対象にも組み入れられた。
じょにー | 73 view
世界的な大手銀行『JPモルガン』が興味を示すジーキャッシュとは??

世界的な大手銀行『JPモルガン』が興味を示すジーキャッシュとは??

zcash(ジーキャッシュ)に注目している方にとって嬉しいニュースが報道されました。あの世界的な大手銀行であるJPモルガンがzcash()ジーキャッシュと提携を行なったと正式に発表したようです。 zcash独自の『ゼロ知識証明』の技術がJPモルガンに高く評価されたことにより、今後この技術を取り入れるという話をしています。 世界的な大手銀行であるJPモルガンが動いたということは、このzcashの認知度も飛躍的に上がっていくことでしょう。
じょにー | 96 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

pdsvh8295m6n pdsvh8295m6n