2017年11月25日 更新

今から仮想通貨初心者がマイニングを始める場合のメリットとデメリットとは!?

仮想通貨をこれから初めようと思っている人にとって「今からでも大丈夫なの?」といった気持ちや仮想通貨を行うことによるメリットとデメリットは気になる部分だと思います。その疑問を解説していきたいと思います。

・仮想通貨のマイニングを今更始めて採算が取れる見込みはあるのか?

これから仮想通貨のマイニングを始めていく人にとって一番気になる部分だと思います。そもそもマイニングを今からやって稼げる見込みがないのであればそこに費やす時間、労力、お金は無駄になってしまいます。
では、実際にマイニングを行って採算がとれるかというと取れる人もいれば取れない人もいるという回答になってしまいます。というのも、仮想通貨のレートは通常の為替などと比べると変動しやすく1日で倍の変動が起こったりもします。そのためたまたまレートが一気に下がってしまたりした場合は赤字になってしまうということになります。
また、年々仮想通貨をマイニングする難易度が上昇しているという情報があります。そのため、1度に発掘できるビットコインの枚数が減ってしまうために利益が少なくなっているという状況です。ただし、2020年には東京オリンピックもあるため断言はできませんが仮想通貨の価値はこれからも上がっていくと考えられます。

・マイニングを始めるにあたってのメリット

Free photo: Coins, Currency, Investment - Free Image on Pixabay - 1523383 (21627)

マイニングを行うことのメリットは、収入を得る窓口が増えるということです。一応マイニングで仮想通貨を得る方法以外の手段として円やドルで仮想通貨を購入するという方法があります。しかし、この方法ではレートの変動によって仮想通貨の価値が変わってしまいます。しかし、マイニングで仮想通貨を手に入れることができたらどうでしょうか。円やドルで仮想通貨を購入していないため購入金額なしで収益が発生していることになります。ずっとパソコンを起動させる必要があるため電気代や、マイニング用のパソコンを用意したりと初期費用もかかってしまいますが、上手くマイニングができるようになると少しずつですが仮想通貨の枚数を増やすこともできますし、それに伴って自身の収入源を増やすことにもつながるのです。

・マイニングを始めるにあたってのデメリット

これからマイニングを行うにあたってのデメリットは初期費用がかかってしまうということです。通常の家庭用のパソコンでマイニングを行うこともできますが、そのスペックでは他の参加者のパソコンのスペックに劣ってしまい、マイニング競争に勝つことはできません。そのため、ハイスペックなパソコンを用意してマイニングを行うことになるので、最初はこの費用分を回収雨することで精一杯になるかと思います。
また、仮想通貨の価格変動が非常に激しいため、タイミングを間違ってしまうと大赤字になってしまう可能性もあります。すぐに利益を出したいと考えずに長期的に仮想通貨の価値が上がることを見越して考えておく必要があります。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

初心者がマイニングを始めるための基礎知識

初心者がマイニングを始めるための基礎知識

これからマイニングを始めようと考えたときに知っておきたい用語や、始め方などの基礎知識をまとめました。
しょーじ | 220 view
仮想通貨の投資とは異なるマイニングのメリット

仮想通貨の投資とは異なるマイニングのメリット

多くの方々は、マイニングに大きな関心を抱いています。仮想通貨に関する様々な魅力があるからです。例えば、極端に大きなリスクが生じないメリットがあります。それと、投資ほどハードルが高くないメリットもあるのです。
うーた | 92 view
ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットコインの承認時間の長さや手数料の高騰のため、2018年2月1日よりビットクラブの支払いがビットコインキャッシュでの支払いに変わります。
しょーじ | 962 view
仮想通貨、マイニングとはなにか

仮想通貨、マイニングとはなにか

仮想通貨や、マイニングなどの言葉、仕組みなどについて説明します。初めて聞く方でも、理解しやすいような記事となっています。
じょにー | 65 view
仮想通貨のマイニングってなに?

仮想通貨のマイニングってなに?

仮想通貨のマイニングについて、わかりやすく書いています。初心者でも理解できるよう工夫しました。マイニングの知識を得るのに、最初に読んでみてください。
じょにー | 45 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー