2017年3月31日 更新

ビットコインをスタバで使うことができる?

ショッピングサイトや、飲食店など最近では「ビットコイン」を使用することができるお店が普及してきましたがアメリカでも店舗がたくさんある「スタバ」では「ビットコイン」の使用はできるのか気になりますよね。そこで「スタバ」で「ビットコイン」を使う方法について紹介します。

ビットコイン決済が対応している国は限られている

「スタバ」では、専用のアプリを入れることで「ビットコイン」での決済が可能になっています。
現在では使用することができる国は限られていて、「スタバ」の店舗が多く普及しているアメリカを中心に対応しています。日本では直接の「ビットコイン」の決済は現在対応していません。
アメリカでは、「ビットコイン」の決済を行って購入した方は商品が20%オフになるというキャンペーンも過去に開催されていました。今後普及していくにつれて、日本の「スタバ」でも直接決済ができるようになるかもしれません。
「ビットコイン」の決済は2014年から対応していて、徐々に店舗が拡大していっています。

スタバへのプリペイドカードは現在ビットコインは非対応

チルドカップコーヒーのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (18816)

「スタバ」で使用することができる、専用プリペイドカードはクレジットカードにて入金することができるシステムになっていますが現在「ビットコイン」を使ってチャージすることは不可能です。
ギフト券は、なくカードに現金をチャージする仕組みになっているので使用することはできません。
「ビットコイン」を使って、電子マネーにチャージすることができるサービスも増えてきているので今後「ウォレット」から直接「スタバ」のプリペイドカードに入金することができるようになります。

Amazonにてスタバカードの購入が可能

「ビットコイン」を使用することができるショッピングサイトAmazonにて、「スタバ」の専用カードを購入することができます。中身がチャージされているものと残金が0円のものなど様々な商品が回っているので購入するときは説明をしっかり確認しましょう。
「ビットコイン」を使う際は、「ウォレット」より直接Amazonのギフト券を購入するとスムーズに購入することができます。購入したスタバカードのチャージには、クレジットカードや現金でのチャージが必要になるので注意してください。
購入の際は、「ビットコイン」のレートによって商品の価格が変わってくるので購入する際にはレートの確認を忘れずにしっかり行いましょう。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ライトコインとビットコインの採掘(マイニング)を比較してみた!

ライトコインとビットコインの採掘(マイニング)を比較してみた!

P2Pを応用したビットコインとライトコインは、取引データのマイニングと言われる採掘作業によって発行される仮想通貨です。同じトランザクションによって生み出されるこの2つの仮想通貨の採掘に違いはあるのでしょうか?
麻衣 | 3,025 view
ビットコインとどこが違う?ライトコインのマイニングを解説!

ビットコインとどこが違う?ライトコインのマイニングを解説!

ビットコインとライトコイン、どちらもP2Pの技術を応用した仮想通貨です。これら2つ通貨は、発行するためにマイニングと言う作業が行われます。ビットコインとライトコインのマイニング、双方の違いについて解説します。
麻衣 | 1,032 view
ビットコインの進化系仮想通貨!?「ライトコイン」とは?

ビットコインの進化系仮想通貨!?「ライトコイン」とは?

仮想通貨のパイオニアであるビットコインは2009年の誕生から徐々に認知度を高め、一時期は検索チャートのトップを占めるほど話題となった仮想通貨です。そのビットコインから派生した「ライトコイン」についてご紹介します。
麻衣 | 527 view
新しい事を始めたい方必見。おすすめの投資=ビットコイン!

新しい事を始めたい方必見。おすすめの投資=ビットコイン!

「投資」はリスキーで怖いな・・そう思っている人におすすめなのが、ビットコインです。ここでは、ビットコインの「ビ」の字も知らない方でも、分かりやすく投資の仕方をご説明します。是非ご覧ください!
管理者 | 4,664 view
買い物から投機まで!多様化するビットコインの使い方

買い物から投機まで!多様化するビットコインの使い方

ビットコインの使い道は少しずつ着実に増えています。今年(2017年)1月のNHKニュースでは、国内でビットコイン利用可能な店舗は2016年の1年間で約4.6倍になったと報じられました。普及が進むビットコインの使い方をご紹介します。
まーちゃん | 519 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

悠斗 悠斗