2018年1月11日 更新

KYC.LEGALとQurrexがハイブリッド仮想通貨取引所で提携

KYC.LEGALとQurrexはハイブリッド仮想通貨取引所構築プロジェクトにおける戦略的提携を発表した。

KYC.LEGALとQurrexはハイブリッド仮想通貨取引所構築プロジェクトにおける戦略的提携を発表した。ブロックチェーンベースのユーザー認証プラットフォーム大手KYC.LEGALは自社の革新的なKYC/AMLコンプライアンスのユーザー認証のプロジェクトへの提供に合意し、本ソリューションによって株式取引所のプロのプレイヤー達の信任の向上につなげる。この次世代型取引所はNASDAQ, NYSE, LSEのような従来の株式取引所の機関としての集中型インフラを分散型ブロックチェーンプロトコルのノードとして包含し、従来の取引所の特徴と分散型システムの利点を符合させるものである。Qurrexは現在、セキュアかつ高パフォーマンスなトレーディングプラットフォームを構築中であり、端末のテスト版が利用可能となっている。

仮想通貨経済の成長が続く中、身元認証とKYC/AMLコンプライアンスの問題にスポットライトが当たっている。この領域におけるリーダーであるKYC.LEGALは本新プラットフォームの協力者として間違いなく妥当な選択であった。2つのレベルのユーザー認証を提供するKYC.LEGALのアプリは既に稼働しており、 Google Playと (iOSの)アプリストアの両方でダウンロード可能である。当社のブロックチェーンコミュニティ向け「顧客を知る」「反マネーロンダリング」そして「詐欺予防」のソリューションは新トレーディングプラットフォームの安全と透明性を保証する。これは従来の経済と仮想通貨経済が統合されるための大きなハードル、既存プレイヤーが持つ暗号通貨経済への信頼の欠如を解決する大きな一歩である。

KYC.LEGALチームは、持てるものを素早く適応させ様々な業界のニーズを満たす能力の片鱗を既に示している。好例のひとつはMesto delivery companyとの提携である。KYC.LEGALはユーザーが認証サービスと文書配達サービスの両方を必要としていることにすぐに気付いた。このニッチを満たすため、KYC.LEGALはMesto delivery companyと提携し宅急便サービスを提供した。合意に基づき、Mestoの宅配業者は認証ユーザーの文書を世界の大都市に所在する銀行、保険会社等の各機関に配達することに同意した。今回のQurrexとの提携は彼らのサービスの柔軟性と適切性を示す素晴らしい機会である。


「世界がクリプトテクノロジーの認知と受容に向かう中、ビジネスのより伝統的な領域と仮想通貨経済がより緊密に連携する必要性は明らかになりつつあります」とKYC.LEGAL創業者ダニエル・ラウソフは自らの考えを述べた。「私達はQurrexプラットフォームはこの方向への非常に大きな一歩であると感じており、プラットフォームを次のレベルへと引き上げる助けとなることを非常に嬉しく思っています」



Qurrexは2016年11月、最初のハイブリッド仮想通貨取引所への取組みを開始した。ここ数年顕著な仮想通貨の台頭は、業界のプレイヤーやブローカーの注目を集めた。Qurrexが着想した本プラットフォームは伝統的な市場のプロフェッショナルからの需要の増加を処理できるよう構築中である。従来型とブロックチェーン型の取引所プラットフォームの両者の最も良いところを取り、高パフォーマンスでユーザーフレンドリーなトレーディングを提供する。新しい取引端末は現在機能拡張のアップデートの最中だが2018年1月に、一般向けに端末のテストが提供される。Qurrexチームは、彼らのプロジェクトが機関株式取引所のプロの参加者が仮想通貨経済に参加するための有力ゲートウェイとなるという確信を持っている。

「私達は未来のビジョンを共有しているKYC.LEGALとタッグを組む機会に興奮しています。私達の分散型と集中型の両方を要素を持つ新しい直感的なハイブリッドプラットフォームは知覚できるアドバンテージと結果を市場参加者にもたらします。私達は安全なシステムを構築することの重要性を理解しており、KYC.LEGALが電子身元サービスを提供することでプラットフォーム上の全トランザクションはセキュアで透明なものになります」とQurrexのCEO、マティス・ヨハン・レクは述べた。
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

AMLビットコイン、新シンボルでICOの第3フェーズをローンチ

AMLビットコイン、新シンボルでICOの第3フェーズをローンチ

反マネーロンダリングとKYCプロトコルをコードに統合した世界で唯一の特許出願中の電子通貨、AMLビットコイン(英表記:AML BitCoin)を創立したNAC財団 LLC(有限責任会社)にとって、慌ただしい新年の始まりであった。
管理者3 | 48 view
BITPoint(ビットポイント)とBIT Trade(ビットトレード)でビットコイン取引!

BITPoint(ビットポイント)とBIT Trade(ビットトレード)でビットコイン取引!

ビットコインは取引所で売買されるのが一般的です。他にも販売所というところがありますが、手数料が高めのため取引所の方がお得に売買できます。BITPointとBIT Trade以外にもたくさんの取引所がありますが、それぞれに特徴があります。利用の仕方も各取引所によって異なりますし、場合によっては手数料がかかるところもあります。取引所を利用する前に、どんな特徴があるかを知っておくことが大切です。
管理者3 | 31 view
ビットコイン取引所Fisco(フィスコ)とBIT Trade(ビットトレード)を比較

ビットコイン取引所Fisco(フィスコ)とBIT Trade(ビットトレード)を比較

ビットコインは仮想通貨ですから、紙幣や硬貨が存在せず銀行での取引はできません。取引をする場合は仮想通貨を扱う取引所を利用します。ビットコインを買いたいユーザーと売りたいユーザー同士は直接交渉や取引をするので、原則手数料はかかりません。ビットコインは今後も注目される仮想通貨ですし、需要が高いほど価値が上がります。数に上限があるので今後も価値は上がると予想されています。国内にも続々と取引所が設立されていますので、選択肢も増えています。その中からFiscoとBIT Tradeを比較してみましょう。
管理者3 | 18 view
bitbank(ビットバンク)とFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所、ビットコインを楽しむには

bitbank(ビットバンク)とFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所、ビットコインを楽しむには

長引く不況や年金問題といったお金にまつわる不安から、多くの人が今あるお金を銀行に預けるのではなくいろいろな形で資産運用をしようと考えるようになっています。そのような中で注目を集めているのがビットコインです。まだまだ新しいものであるため知識に乏しい人が多く、具体的に何をすればよいかわからないという人も少なくありません。そこで、ここではビットコインが何かということとその取引所であるbitbank(ビットバンク)とFISCO仮想通貨取引所の比較をしていきます。
管理者3 | 35 view
ビットコイン取引ができるQUOINEX(コインエクスチェンジ)とBITPoint(ビットバンク)を比べてみよう

ビットコイン取引ができるQUOINEX(コインエクスチェンジ)とBITPoint(ビットバンク)を比べてみよう

ビットコインを使った取引をするためには、ビットコイン取引所でアカウントを作る必要があります。ビットコインの取引所は、ビットコインの需要の高まりを受けて増えています。各取引所によってサポートや取引できる仮想通貨の種類、セキリュティ、手数料などが異なります。今回は、人気のビットコイン取引所のQUOINEXとBITPointを比べてみます。
管理者3 | 41 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3