2018年4月6日 更新

ビットコインで≪脱税≫は出来ない!その理由と税金について

ビットコインと税金はどのような関係になっているのか、興味深いところではないでしょうか?もし税金がかからないとしたら夢のような話ですが、そうはなりません。脱税になってしまうその理由とは何でしょうか?まとめてみました。

37,094 view お気に入り追加 0

ビットコインと税金

税金がかかるのかどうかが気になる人も多いでしょう。ビットコインに関わる法律も色々と整備されてきたので、この税金関連がどのように変わってきたのかを気にする人もたくさんいます。

しかし、2016年5月25日に「資金決済に関する法律」の改正が成立したのですが、税務上の取り扱いについてはいまだ定まっていないようで、「通貨」として認められてはいるのですが、税金関連においてはこれまで通り「モノ」扱いになってしまうようです。この部分は法改正によって変わらない限り対応も同じになってしまうのでしょう。

モノとしての扱いと言われてもピンと来ない方は「金」と同じ扱いだと言われると解りやすいと思います。金といった経済的価値があるものと同じように扱われているので、取引によって利益を得た場合には所得税が発生するのです。

投資家の方々は利益目的で扱っているので、利益が出たのなら所得税を考える必要が出てきます。
bitclubmining
Free stock photo: Euro, Seem, Money, Finance - Free Image on Pixabay - 870757 (12309)

投資家の方々は利益を出すために使っていると思いますので、利益が出たのなら必ず税金対策をする必要があります。しかし、ビットコイン内に資金を保存しておくのならば税金を払う必要はありません。ビットコイン内の帳簿は金融機関から監視されていないので心配する必要はないのです。

しかし、日本では通常の通貨として使う人たちはいまだ少なく、投資が主体となっております。日本円として回収するためにはどこかの金融機関を通す必要があるので、そこでどれだけのお金を入手したのかが発覚します。

購入できるものは昔と比べて増えてはいますが、それでも大量にあるのも事実なので、換金するのが普通なのです。その時に必ず見つかると思ってください。

line

①税法はあくまで私法行為が存在しての課税関係なので、私法における仮装コインの定義が決まらないうちは、その取引が何の取引に当たるのか悩ましい事態に陥る。

②もう一つは、税法上仮装コインをどう取り扱うか、税法及び取扱通達においても定義を定める必要があり、これを定めないと課税処理の統一性が確保できなくなる。税務署によって、あるいは調査担当者によって解釈が異なり、ひいては税額が異なると言った事態に陥りかねない。

③三番目は税務の執行面での対応である。仮装コインに係る課税取引を税務当局がどうやって把握し、課税漏れを把握するかである。NETで手軽に、金融機関を通さずできるのが仮装コインの特色であり、取引の把握が難しい。
ビットコインは税の取り締まりが難しいとされています。
それは、監視する中央銀行が存在しないので、取引履歴を見るのが難しいからです。
誰がどこで購入したのかという履歴を見ることができれば取り締まれるのですが、
そういった監視をしていないという状況です。
ただし、取引履歴は全てログとして残ります。

政府の見解

Free stock photo: Federal Chancellery - Free Image on Pixabay - 637999 (12310)

政府見解では、通貨ではなく、「モノ」と見ているようです。より具体的に言うと、政府見解では「モノ」とも判断を下していないようにも見られるのですが、通貨以外は全て「モノ」という考えのもとでは仮想通貨は「モノ」と言えます(ややこしいですね)。
この考え方からみていくと、次のようになることが考えられます。つまり、取引で生じた利益は譲渡所得となり、所得税として納税しなければならないということです。
via http://ビットコイン入門.com/entry257.html
政府の考え方では、ビットコインは有価証券でも通貨でもないとしています。
ですので、物としてとらえていくという方針のようです。
物というのは、不動産や金などの物と同じですよということです。

line

アルトコイン訴求

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

脱税は出来ない

Free illustration: Taxes, Tax Office, Tax Return, Form - Free Image on Pixabay - 646512 (12311)

監視されずルールがなく税金もない
ビットコイン内に、資金を永遠に保管しておくのであれば、税金を払う必要もありません。
なぜならビットコイン内の帳簿は、どこの金融監督機関からも監視されていないからです。
ただ、ここで落とし穴があります。
それが出金です。

資金の回収をするには、必ずどこか別の金融機関を通す必要があります。
オンラインでポイントとして保有できる資金ではなく、実際のキャッシュを管理する金融機関を必ず通さないといけないことで、世界中の金融監督機関から監視されています。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
BTCは物ですから、口座に入れておけば何の税金もかかりません。
金を貸金庫に入れておくのと同じです。
その代わりに、出金したときはどこかの金融機関を通すことになります。
ずっとビットのまま使い続ければ問題ありませんが、ビットコインでは購入できないものも沢山あります。
そこで換金するときに、どこかの金融機関を通すので必ず分かります。
ですので、脱税は出来ません。

譲渡所得費の計算

Free stock photo: Calculator, Solar Calculator, Count - Free Image on Pixabay - 168360 (12312)

譲渡所得 = 譲渡収入金額※1-(取得費※2 + 譲渡費用※3)
※1:物の譲渡代金
※2:取得費 次の①、②の内大きい金額を使います ①実額法:物の購入代金と取得に要した費用を合計した金額から、物の費用を差し引いた金額
②概算法:譲渡収入金額×5%
※3:譲渡費用 売るために直接かかった費用をいいます
税額 = 課税譲渡所得 × 税率(所得税・住民税)

譲渡益に対する税率は他の所得と分離して、分離課税の税率となり、対象となる不動産の用途や所有期間により税率が異なります。
譲渡所得とは、購入したビットコインを売却した際に出た利益のことをいいます。
取得費は買ったときの金額、譲渡収入金額は売ったときの金額ということになります。
そして手数料なども差し引くことが可能です。

譲渡所得の控除額

Free stock photo: Calculator, Paperclip, Pen, Office - Free Image on Pixabay - 178127 (12313)

譲渡所得の控除額は50万円までとなっています。
ですので、51万円の譲渡所得があった場合は、1万円にだけ税金がかかるということになります。
そして、確定申告をすることで税金を納めることになります。
もし脱税だと分かっていて申告しなかった場合、重加算税の対象になりますので気をつけましょう。
譲渡所得の特別控除の額は、その年の長期の譲渡益と短期の譲渡益の合計額に対して50万円です。その年に短期と長期の譲渡益があるときは、先に短期の譲渡益から特別控除の50万円を差し引きます。

なお、譲渡益の合計額が50万円以下のときは、その金額までしか控除できません。
このような税金に対してできる限り払いたくないと考えている人はたくさんいます。そのため、検索ワードでも「ビットコイン 税金」ときたら、多くの方がその後に「抜け道」といったものを入力しているのです。それだけでどれだけ多くの方々が抜け道を模索しているのかがわかります。

税金に関してはモノ扱いなので口座に入れておけば税金はかからないものなのです。しかし、換金するときは絶対にどこかの金融機関を通す必要があるので、ごまかすことは不可能と思ってください。脱税方法を探している人は潔くあきらめましょう。脱税は犯罪です。そのようなものを探す前にきちんと払う方法を探すようにしてください。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

これからビットコインなどの仮想通貨をはじめる方と税金

これからビットコインなどの仮想通貨をはじめる方と税金

銀行に預けていても微差しか増えない現金をしっかりと投資しようと思ったら、もっと積極的に投資する必要があります。アパート投資や太陽光投資、レンタルボックス投資、コインパーキング投資など色々な投資がブームとなってきましたが、ここ最近の投資のトレンドは間違いなく仮想通貨です。その中でも代表的なビットコインなどは、多くの投資家から注目されていますので何かと話題になる事も多くなっています。
管理者3 | 184 view
初心者のうちに知っておきたい!リスクと税金の関係

初心者のうちに知っておきたい!リスクと税金の関係

仮想通貨には税金などは関係ないと考えている人も多いようですが、仮想通貨取引によって得た利益もまた課税対象であり、手続きを怠れば脱税と見なされてしまいます
管理者3 | 81 view
仮想通貨に税金はかかる?確定申告について学ぼう。ちゃんとやらないと大変なことになりますよ

仮想通貨に税金はかかる?確定申告について学ぼう。ちゃんとやらないと大変なことになりますよ

仮想通貨を利用している人の中には、知らない間に仮想通貨が課税対象になっている可能性があるのです。紙幣や通貨という形がないので、取引で利益を出しても課税とは無関係と思われがちですが、実は仮想通貨も立派な課税対象となっているのです。
管理者3 | 126 view
確定申告前!初心者でもわかる仮想通貨と税金の話。税金対策はちゃんとやりましょう

確定申告前!初心者でもわかる仮想通貨と税金の話。税金対策はちゃんとやりましょう

去年から税金の対策や納税に関してちゃんと理解しましょう。
管理者3 | 85 view
ビットクラブに参加した場合の税金はどうなるのか?

ビットクラブに参加した場合の税金はどうなるのか?

ビットクラブではマイニング報酬や紹介報酬を受け取ることができますが、その税金はどうなるのでしょうか?また、ビットコイン建てで受け取った後の値上がり益などの課税に対しても詳しく解説します。
しょーじ | 1,187 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

anzu anzu