2017年11月25日 更新

仮想通貨における匿名性の高さはリスクなのかメリットなのか??

ジーキャッシュと呼ばれる新しい仮想通貨が生まれました。 このジーキャッシュは様々な意見が出ていますがその是非について解説していこうと思います。

Zcashとは

Zcash(ジーキャッシュ)は仮想通貨の一つでビットコインなどとは少し特色の違う仮想通貨となっています。

いわゆるアルトコインと呼ばれるジャンルの一つになりますが、このzcashは決済としての特色が強く、通貨として使われることが前提となっているコインとなっております。

ではほかの機能の特色とは何なのか、という話になりますが、一つは通貨の決済における取引履歴などが見えにくい、という神えないのが大きなポイントになると思います。
通常であれば例えばビットコインであればお互いのビットコインアドレス間におけるビットコインのやり取りなどは世界的に公開されているものなのですが、このZcashにおいてはそれ等を完全に秘密にして行うことが出来てしまうのです。

今まではダッシュやモネロその役割を果たしていて、それでも見えにくくするという所で止めていたのですがこのZcashはそれを振り切って完全秘匿という所にサービスの強みを持ってきました。

よってそれに注目した投資家などから評価されて一気に流行に乗ったというわけです。
Free illustration: Professor, Bitcoin, Book - Free Image on Pixabay - 1990729 (20370)

犯罪市場・テロ資金調達に適している

話は少し飛びますが、今までリアルでもネットでも足の着くようなもので違法とされる薬物や銃器などの取引というのはリスキーすぎるという理由でほとんどの人が敬遠していました。誰しもそんなことをして人生を終わらせたくないので当たり前の話ですよね。

つまりこの抑止力があったからこそこれらの犯罪が少なく住んでいたのは周知の事実です。
今まではこれでなんとかなっていましたが、このZcashを利用することでそのあたりの追跡が出来なくなるということがわかってしまいました。
従ってこれらの取引をZcashで行えば上記で抑止されていた行為が安易に行われてしまうかもしれないということになってしまいます。

またそれらを決済で使うという専門のサイトなどもあるらしく、武器や薬物だけでなくパスポートなどもあるそうです。

今までは窃盗等で現物がある状態でも金銭化させるのが難しい状態でしたが、このZcashを通すことでそれらも現金化させることが出来てしまい、非常に危ない状態になってしまいかねません。

仮想通貨を通した犯罪市場拡大の可能性

上の背景もあり、一定数の人はこのコインを買います。
それに伴い時価総額も上がって取引所などでも取引が始まり、活発な動きをしているので一般の投資家からも購入を受けてどんどんと価値が上がっていると思います。
そうなってきた際にどんどんと資金の流入が怒ってしまうのではないかという懸念は生まれますが、この流れを止めるのは実質不可能に近いと思います。
事実上得をする人が多いので大きな問題にならないとおもっているからです。

こういった難しい問題を解決したうえで匿名性を維持できるような改善を行ってもらえたらもっといいなと思いました。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

匿名性に特化した仮想通貨のジーキャッシュ

匿名性に特化した仮想通貨のジーキャッシュ

ビットコインが仮想通貨の代名詞となっている中、匿名性に特化したジーキャッシュというものが発表されて一時期ビットコインをしのぐ勢いとなりました。
じょにー | 94 view
きわめて暗号性の高いジーキャッシュのメリットは?

きわめて暗号性の高いジーキャッシュのメリットは?

仮想通貨はビットコインで有名になったのは周知の事実ですが、世間でもまだ注目されていない、それも極めて秘匿性の高いジーキャッシュをご存知ですか?
じょにー | 100 view
ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーン技術がもたらす革命は、今や医療分野にも到来しようとしている。現在、患者の医療情報を保管する電子健康記録(EHR)と電子カルテ(EMR)のデータは、互換性がない上に不完全な場合がほとんどだ。
管理者3 | 81 view
PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン、以下PARKGENE)は、世界初のブロックチェーン上の駐車サービスです。
管理者3 | 159 view
KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

ブロックチェーンベースのユーザー認証プラットフォームKYС.LEGAL(ケーワイシー・リー ガル、以下KYC.LEGAL)が、提供する認証サービスの第二ステージをローンチする体勢を 整えた。
管理者3 | 102 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー