2018年2月21日 更新

ビットキャッシュって何? ビットコインのクレジットカートなの?

特定の国や企業が管理しているわけではありませんが、インターネット上で使用可能な架空通貨、ビットコイン。 最近では、ビットキャッシュと呼ばれる物が存在しているようです。いきなり名前だけ言われても、わかりませんよね。一種なのでしょうか。今回は、ビットキャッシュについてご説明いたします。

34,167 view お気に入り追加 0

ビットキャッシュって一体何?

ビットコインとビットキャッシュの違いを理解するには、仮想通貨と電子マネーの違いを理解する必要があります。この部分を理解していない方が多く、何となくビットキャッシュはビットコインの親戚のように感じてしまうのです。

まず、仮想通貨とは実際の紙幣や貨幣が存在しない通貨のことで、実体はないけれど円やドルに換金することができ同じような扱いをすることが可能なものとなっております。しかし、オンラインゲームの中で使う通貨や一部のウェブサイトで使う通貨も仮想通貨と呼ばれることがあるので、混同しやすいものなのです。

そして、電子マネーはコンビニで購入することでゲームサイトなどのポイントとして利用ができるようになるものであり事前に入金することで初めて価値を持つものとなっております。お金との交換で成り立つものなのです。つまり、財布を意識してもらうと解りやすいと思います。

前者は閉じたシステムですが、後者はオープンなシステムになっており、前者は発行元があるのに対して後者は無いものとなっております。
bitclubmining
 (2335)

特定の国や企業が管理しているわけではありませんが、インターネット上で使用可能な架空通貨。様々なメリットがあるため、注目が集まってきています。
最近では、ビットキャッシュと呼ばれる物が存在するようです。名前だけ聞くと、一種のように思いますよね。具体的には、クレジットカードのように使えるようにするものなのかな、とか。ビットキャッシュとはどのような物なのか、ご説明いたします。
ビットキャッシュは、インターネット上で、個人情報を入力せずに、 支払いができる電子マネーのこと、

出会い系サイトなどの決済代行会社がお支払い方法のひとつとして、ビットキャッシュがあります。STは、未成年、EXは、成人向けのビットマネーどちらも同じです。

line

BitCash(びっときゃっしゅ)とはビットキャッシュ株式会社が提供する、インターネットにおける電子商取引上の仮想通貨によるプリペイド型電子決済サービスの名称である。
BitCashは、インターネット上のお財布代わりとして利用できる電子マネーです。デジタルコンテンツ販売での利用はもちろん、物販での利用も可能となっております。
 (2344)

ちなみに、こちらがビットキャッシュのイラストです。
ビットキャッシュとは今まで通りの中央集権型の電子マネーで、コンビニで購入してゲームサイトなどのポイントとして利用できるようです。

名前にビットって入っているだけで、全く別物で関連性もないのですが、よく関係するものだと勘違いされています。

この前も親から、「ビットキャッシュっていうの初めて使ったけど、便利でいいね」みたいな連絡が来まして、「いや、興味持ってくれるのはいいけど、それ全く関係ないから・・・」という会話をしてしまいました。
おや、別物のようですね。それでは、何がどう違うのでしょう。
なるほど。ビットキャッシュとは、インターネット上で使用できるネットマネーのことなのですね。それでは、次はビットコインとの違いについてご説明足します。

line

アルトコイン訴求

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

ビットコインとの違いは?

仮想通貨と電子マネーは大きな差があります。つまり、仮想通貨であるビットコインと電子マネーであるビットキャッシュにはこのような差があるということなのです。

ビットキャッシュはクレジットカードのようなイメージがありますが、あくまでsuicaやEdyといった電子マネーの一つであり兄弟でも親戚でもないのです。名前が似ているせいで混同している方もたくさんいるのですが、電子マネーと仮想通貨の差があると思っていただければわかりやすいでしょう。

海外では日本よりも馴染み深いものとして扱われているので、オンラインカジノやネットゲームで使うことができるようになっておりますが、あくまであればドルやユーロの代わりにお金として支払っているだけなので、チャージして使う電子マネーとは違います。
 (2342)

ビットキャッシュがどのようなものか、大まかにご理解いただけたかと思います。
それでは、それぞれどう違うのか、それを見ていきましょう。
ビットキャッシュとはインターネットによって余分な情報などを入力せずに
使うことができる仮想の現金、他の言葉で言えば電子マネーです。
一部のサイトでは決済を代行している会社が決済方法の選択肢として
ビットキャッシュを用意しています

一方でビットコインというのは、口座を利用して現金を仮想マネーにして
株式の売買などに利用するものです。
要は円でドルを買うような感じですね。
仮想の通貨を買うという感じです。
確かに、ビットコインは特定の国や企業が管理しているわけではありません。一方、ビットキャッシュは決算代行会社が用意したものなのですね。
それは大きな違いです。
違いがわからない

ビットキャッシュというのはコンビニで買えるプリペイド型の電子マネー。ウェブマネーと似たようなものでオンラインゲームの課金によく使われます。

対してビットコインというのはインターネット上で流通している電子マネーで、紙や硬貨という形をもたない「仮想通貨」です。現実通貨との取引は「取引所」を通じて行います。金融機関を通さないので手数料などがかからないというメリットがあるそうです。今回は「マウントゴックス」という世界最大手の取引所がバックレたことで、「利用者のお金どうなるの?」という大問題に発展しわけですね。

母が言ってるのはビットキャッシュのことでしょう。
だって、妹がわざわざ現金を両替する意味ないもん。
オタクだし現金主義だし他国に送金することなんてないし。

アメリカでは買い物に利用できる店舗もあるようですけど、日本では対応してないでしょうから、利用者は限られてると思います。
さんざん違いを表現してきましたが、ビットコインをビットキャッシュに交換する方法というものもあるのです。いわゆる、日本円をビットキャッシュに交換するものに近いと考えると良いでしょう。
仮想通貨は世界中で流行しておりますが、日本では一般家庭にほとんど浸透していないので、これを使って会計をする人というのもほとんどいないでしょう。しかし、ビットキャッシュといった物には交換することができるので、オンラインゲームといったものをよく行う方はかなりなじみのある行動になるともいます。

現金をコンビニでチャージしてビットキャッシュにするのと同じ感覚で行ってください。
■ ビットコインとビットキャッシュの違いは?

まったく違います。
後者はいわゆる電子マネー。
事前に入金することで初めて価値を持ちます。

必ずお金と交換が行われます。

対し、前者はお金の担保がありません。
商品に価値をつけているだけです。
ビットキャッシュがビットコインをクレジットカードのように使用可能にする物ではないということが、ご理解いただけたかと思います。
それでは、最後にビットコインとクレジットカードの違いについてご説明いたします。

ビットコインとクレジットカードってどう違うの?

 (2357)

ビットコインの決済システムは斬新で、取引手数料が安い。クレジットカードと比較! - やさしくはじめる仮想通貨 ビットコイン、ライトコイン、リップルetc

ビットコインの決済システムは斬新で、取引手数料が安い。クレジットカードと比較! - やさしくはじめる仮想通貨 ビットコイン、ライトコイン、リップルetc
決済システムを簡単にご紹介します。現在のクレジットカードや国際送金と比較して、メリットを確認することができます。
こちらが決済方法の違いとなります。
どう違うのかが、一目瞭然でわかりますね。
支払い方法はP2Pの2者間のみで完了
仮想通貨はクレジットカード会社どころか、銀行も介さないシステムとなっている。
手数料は極小
購入者には請求されないことになっているので実感する事はないかもしれないが、クレジットカードで決済すると販売店が決済手数料を支払う事になっている。
一方ビットコインの送金は数円程度の手数料となっている。
譲渡可能
人に譲ってもらう事が可能という点では普通の通貨と同じ感覚で扱える。
前もって購入する必要がある
通貨として取り扱われるため、日本円をドルに両替するように前もって購入しておく必要がある。
この点は電子マネーの感覚と近いかもしれない。
クレジットカードで購入出来るサービスもかつてはあったが、閉鎖しているケースがほとんどだ。
(Paypalを経由して間接的に購入する方法は存在する。)
いずれも電子マネーやクレジットカードとの比較であるが最大の特徴はP2Pでの決済であろう。
これはビットコインなどの仮想通貨であれば同様で、速い上に匿名で、その上セキュリティも守られた決済が可能だ。
現状、はっきりとメリットが際立つのは海外送金ぐらいだが日本での認知度や利用者も徐々に増えている。
クレジットカード払いと仮想通貨払いは似ているようで、全く違います。どこが違うかと言ったら、リスクを取る側が違います。

クレジットカード払いならば、売り手がリスクを取らなくてはいけませんが、仮想通貨払いは、デフォルトでは買い手がリスクを取らなくてはいけません。

仮想通貨によってはエスクロー機能(取引を担保する仲介者)が付いているものもあるので、エスクローに対応している仮想通貨を使えば、売り手にも買い手と同様のリスクを取ってもらうことができ、買い手と売り手の両者が対等に取引することができます。

また、エスクローをブロックチェーンに管理させれば、取引を担保する第三者に頼む必要がありませんので、decentralizedなマーケットプレイスを作りあげることができます。

そういう意味では、仮想通貨払いは個人間での取引では今後威力を発揮することでしょう。例えばヤフオクやメルカリなどのサービスはエスクロー付きの仮想通貨にコテンパンにやられる日が来ると思います。
仮想通貨は特定の企業・企業グループ内でのみ流通するものではなく、世界中で制限なく流通しています。
それに対して、電子マネーは発行企業体で管理され発行企業体のネットワークの中でのみ使えるバーチャル的な通貨という点がビットコインと電子マネーの一番異なる点です。

また、後者はチャージして使うと消える譲渡不可の前払い支払い手段ですが、前者は自由に譲渡可能で、現実通貨と同じく使っても消えることが無く流通し続けます。
いかがでしょうか。
ビットキャッシュがどのようなものか、ビットコインとの違いは何か、またクレジットカードとの違いについてご理解いただけたかと思います。
今回の記事がこれから利用しようという時の参考になれば、幸いです。
29 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

国定乙夜 国定乙夜