2016年8月1日 更新

長期チャートからビットコイン相場の流れをつかむ!

ビットコイン取引で参考になる情報はやはりチャートですね。 なぜチャートが良いのかというと、それは分かりやすいからです。 長期チャートという物がありますがそれは何でしょうか?長期チャートの特徴についてなど調べてみました。

チャートに関して

Free stock photo: Computer, Summary, Chart, Business - Free Image on Pixabay - 767776 (12166)

チャートとは、過去の為替レートの値動きを、価格や時間を軸としてグラフにしたもので、口座を開設したFX取引会社のホームページなどで見ることができます。為替レートの動きを、数字だけでなく、グラフ化したチャートを使ってみることで、相場の流れがひと目で把握できます。それをもとに、今後の値動きを予測して、取引のタイミングを決めていきます。
チャートは、投資する対象の物の価格をグラフ化して見やすくした物です。
視覚的に見やすくすることで、どこで上昇して下降したのかが一目瞭然となります。
ビットコインで投資をする際も、チャートは欠かすことが出来ない物です。

長期チャートの特徴

Free stock photo: Coins, Currency, Investment - Free Image on Pixabay - 1523383 (12167)

大きな流れがわかる
トレンドやレンジがわかる

デイトレードでもスイングトレードでも今の相場の流れは把握しておく必要があります。

上昇トレンドの時は買いで入り、下降トレンドの時は売りで入るのが基本ですので、トレンドに逆らわないようにするためにも大きな流れを見る必要があります。
その時の相場によって、トレードスタイルを変えることも有効です。今の相場ならどのスタイルが合うのかを確認するためにも長期チャートが有効です。
長期チャートとは、チャートに時間足を例えば週足、月足、年足など、長い期間で見る事です。
その特徴とは、まず大きな値動きはいつ起こるのかと言うことがよく分かります。
そして、大きな流れとして今は上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかと言うことがつかみやすいのが特徴です。

ビットコインの長期チャート

2009年以降、しばらく価値が全くない(すなわち、1BTC=0.00USD)という時期が続きました。2011年に価格が上昇していることが分かります。すなわち、ビットコインの将来性に気づいて買った人がいるということです。

その後も価格が低い状態で推移しましたが、2013年になって突如として価値が上昇しています。ビットコインは誰が買っているかについて情報を得ることができませんが、中国での需要が高まったと言われることがあります。

その後、乱高下を繰り返しながら価格が低下し、2015年末くらいから再び上昇している様子が分かります。
価格変動が大きいビットコイン、その理由 (12152)

ビットコインはまだ歴史の浅い投資商品ですので、その値動きは売買が始まったときからさかのぼってみることが出来ます。
値動きを見てみると、長い期間値が付かなかった物が急に跳ね上がっています。
ここで、なぜ跳ね上がったのかと言うことを知りたくなりますね。
このなぜを知っていくことで、相場の癖を見抜けるようになっていきます。

安定期を迎えたビットコイン

その後のビットコインの価格は、2014~2015年の間は基本下落していきます。
ただ、この下落はビットコインが廃れたというわけではなく、過渡期を超えて、安定期にはいったという見方が強いです。
この頃は、先に挙げたマウントゴックス騒動などの取引所の破綻があったりと、ビットコインのマイナス要因となることもあり、価格が下落していきましたが、ビットコイン自体は取り扱いが世界中で増えており、徐々に普及の一途をたどっています。
急騰、急落、犯罪組織で利用されたり、取引所のアクシデントなど、様々な問題が露見する中で、その問題に対する対応策も整備されてきており、ビットコインが通常の買い物で使用できる機会がどんどん増えてきています。
※日本ではまだビットコインが日常で使用される姿が想像しにくいですが、アメリカなどの海外では、ビットコインで支払いできる機会はかなり増えており、一般の人がビットコインを利用している比率もどんどん高まっています。
この時期が以下チャートの⑤の部分です。
 (12155)

上記のチャートを見てもらえば分かりますがとても大きな変動は少なくなっては来ています。
これは、ビットコインが仮想通貨として認められ世界的にも普及してきた証拠でもあると言うことですね。

長期投資する際の注意事項

Free illustration: Sign, Frame, Danger, Caution - Free Image on Pixabay - 1513493 (12168)

Free stock photo: Slip Up, Danger, Careless, Slippery - Free Image on Pixabay - 709045 (12169)

仮想通貨に長期投資をするために大切なことは、投資対象のファンダメンタルズを知ることです。短期のトレードであればその瞬間に取引ボリュームがあって、価格が上昇トレンドにあるものを選んでエントリーします。これらの情報は、取引所のダッシュボードからも得ることができますし、対象の仮想通貨の特徴、目的、計画といったものをあえて知る必要はないのです。

しかし、数ヶ月以上、または年単位での長期投資をするのであれば、投資対象の仮想通貨が将来生き残り発展していく可能性があるものを選択する必要があります。
仮想通貨に長期投資する際にとても重要なのはその通貨が、生き残っているのかどうかという点です。
その点ビットコインは仮想通貨の元祖ですので、今のところの心配はありませんね。
他の仮想通貨の取引をする際には注意が必要です。

長期チャートを見れば、大きな流れがつかめると言うことは知っておきたいですね。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

もしかしたら化けるかもしれないビットコインの相場

もしかしたら化けるかもしれないビットコインの相場

2014年に危うくなってしまったビットコインですが、2015年に再び活気を取り戻しました。ではこれからの相場はどうなっていくのでしょうか?
ほろん | 1,620 view
ビットコイン取引所のJ-Bitsはチャートも優れている!

ビットコイン取引所のJ-Bitsはチャートも優れている!

ビットコイン取引所で今とても注目されているのがJ-Bitsです。 J-Bitsでは、顧客情報を守ることをメインに安心して簡単に取引ができる取引所を目指しています。 チャートも見やすい設計になっているのも魅力ですよ。
こしだ | 235 view
知っておこう!下落が続くとビットコインはどうなるの?

知っておこう!下落が続くとビットコインはどうなるの?

ビットコインは仮想通貨といわれているだけに、決済面に対しても利用している人がいます。またビットコイン自体の価値というのは常に一定ではなく上下しています。もしも仮にビットコインが下落を続けるとどうなるか、知っている人は実は少ないんです。
turubo | 2,450 view
ビットコインの相場は発行量から読み解いていこう!

ビットコインの相場は発行量から読み解いていこう!

ビットコインは普通の実在する通貨とは違う観点で供給されています。乱高下に身を任せて何の策もなく使用していたのでは、思わぬダメージを負うかもしれません。ここではビットコインの発行量が相場に同影響されるのか関係ありそうな記事をまとめてみました。
turubo | 2,301 view
長期運用者は必見情報!ビットコイン預けて利息がもらえる!

長期運用者は必見情報!ビットコイン預けて利息がもらえる!

ビットコインは銀行などで保管をするわけではありませんので、預けても利息なんてもらえないと思っている人もいるかもしれません。最近ではビットコインを預けて利息をもらえるサービスというのが登場しています。長期運用者は間違いなく必見です。
turubo | 953 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

anzu anzu