2018年2月21日 更新

仮想通貨の取引所は比較して選ぶべし。ポイントをちゃんと抑えましょう!

仮想通貨の取引所を間違えたら、大切な資産が無くなってしまいます。ちゃんと情報を収集して選びましょう。

仮想通貨はどこで入手するの?

 (24490)

line

仮想通貨は紙幣や硬貨という形では存在していません。一体どうやって入手して、どうやったら取引できるのは?仮想通貨のことを知らない人や使ったことがない人には未知の世界とも思えてしまうでしょう。仮想ではありますが形が存在していないだけで、ネット上ではデータとして記録されますので、形がなくても取引は可能です。

仮想通貨も今は種類が増えていて、円やドルなどの通貨とのトレードや、売買もできるようになっています。仮想通貨を入手するには販売所か取引所を利用します。仮想通貨は世界中で取引されているので、取引所や販売所も世界中にあります。日本でここ最近になって仮想通貨の価値が注目されるようになり、利用者も増えています。仮想通貨の種類も利用者も増えるに従い、販売所や取引所も続々と登場しています。

仮想通貨は国が管理するものではなく、管理者がいません。誰でも自由に取引が出来て、日本と外国での取引もできます。管理者がいないので取引にかかる手数料は原則無料です。ただしどこで購入するかによっては手数料がかかることもあります。
 (24492)

販売所はその名の通り仮想通貨を販売するところです。買取などもやっていますが、販売者とユーザーの取引になるので、販売者は手数料をとります。手数料は販売所によって異なりますが、取引相手を待たずにすぐ売買できるのがメリットです。

取引所はユーザー同士が自由に取引できる場所です。ただし売りたいユーザーと買いたいユーザーの希望価格が合わないことには取引できません。お互い希望価格になっとくできれば取引成立となります。これはタイミングなので取引サイトに行けば、即売買できるとは限りません。取引相手が表れるのを待つ形となります。少し時間がかかることもありますが、その代わり取引には手数料がかかりません。手数料なしで取引できるのはメリットです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

比較する重要性

 (24495)

取引所での取引には基本的に手数料はかかりませんが、取引所でも早く売買したい人がいるので、この場合は指値で取引ができるようになっています。価格は指定せずに早く取引したい時には成行注文という方法も選べますが、即取引できるため手数料がかかります。取引サイトによっては手数料も違いますし、取引できる最低額や最高額、1日に取引できる上限なども違っています。これは取引サイトによって異なるので、比較しないとわかりません。

口コミなどで評判がいいところなら信頼できそうなので、そこに決めてしまうということもあるでしょう。しかし取引サイトは利用者によって目的が違うので、使いやすいと感じている人が多くても、自分の取引スタイルと違う場合は後から使いにくいと感じることがあります。手数料や取引上限などの利用条件は、取引サイトによって異なります。比べてみて初めて見えてくることもあるので、決める前に情報収集をしてどこが自分の希望する取引スタイルにあっているかを比べることが大切です。

比較すべきポイント

アルトコイン訴求
 (24498)

しかしイザ比べるといっても、どの取引サイトがいいのか分からないとなかなか決められません。こういう時は何を比べたらいいかそのポイントを知っておくと安心です。

仮想通貨はたくさんの種類があります。どんな仮想通貨を扱っているかは、取引サイトによって異なります。主要仮想通貨はだいたいどのサイトでも扱っていますが、まだ登場したばかりの仮想通貨は扱っていないところもあります。比べる時はどの仮想通貨を扱っているかをチェックしておきましょう。

手数料は無料となっていても、取引の仕方によっては手数料がかかることもあります。手数料はサイトによって違うので、ここも比べておくべきです。ユーザー同士の取引には手数料がかからないとしても、仮想通貨を円と交換するような場合は交換する時の手数料、ATMから引き出す時にも手数料がかかってきます。

仮想通貨といっても購入する時は円を使うので、それは自分の資産になります。データ上の資産であっても、お金と同じように考えます。仮想通貨はウォレットというウェブ上の保管場所に保管しておきます。取引サイトに預けることもできますが、この場合ハッキングのリスクに備えておく必要があります。サイトごとにセキュリティを厳重にするなど安全対策はしていますが、それでも大手取引サイトが、ハッキング被害にあい大量の仮想通貨が流出するというトラブルは起きています。そのサイトがどんな安全対策を取っているか、安全性は大丈夫かも比べておきたいところです。

用途によって使い分けも可能

bitclubmining
 (24501)

1人が1つの取引サイトし利用できないわけではありません。複数のサイトを利用することもできます。利用するスタイルは人それぞれですから、用途に応じて複数の取引サイトを使い分けるのもいいかもしれません。使い分けにより預けるところも別れるので、リスクを分散できるというメリットも生まれます。
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ビットコイン】FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所とZaif(ザイフ)を比較

【ビットコイン】FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所とZaif(ザイフ)を比較

ビットコインの価格が高いと売りたいときには有利ですが、手数料がかかるところは手数料も高くつきます。買いたい時は安いほど有利ですが、購入時にも手数料がかかるとその分余計に支払わないといけません。FISCO仮想通貨取引所とZaifともに手数料がお得で、初心者にも利用しやすいのがポイントです。
管理者3 | 113 view
BITPoint(ビットポイント)とBIT Trade(ビットトレード)でビットコイン取引!

BITPoint(ビットポイント)とBIT Trade(ビットトレード)でビットコイン取引!

ビットコインは取引所で売買されるのが一般的です。他にも販売所というところがありますが、手数料が高めのため取引所の方がお得に売買できます。BITPointとBIT Trade以外にもたくさんの取引所がありますが、それぞれに特徴があります。利用の仕方も各取引所によって異なりますし、場合によっては手数料がかかるところもあります。取引所を利用する前に、どんな特徴があるかを知っておくことが大切です。
管理者3 | 101 view
ビットコイン取引所Fisco(フィスコ)とBIT Trade(ビットトレード)を比較

ビットコイン取引所Fisco(フィスコ)とBIT Trade(ビットトレード)を比較

ビットコインは仮想通貨ですから、紙幣や硬貨が存在せず銀行での取引はできません。取引をする場合は仮想通貨を扱う取引所を利用します。ビットコインを買いたいユーザーと売りたいユーザー同士は直接交渉や取引をするので、原則手数料はかかりません。ビットコインは今後も注目される仮想通貨ですし、需要が高いほど価値が上がります。数に上限があるので今後も価値は上がると予想されています。国内にも続々と取引所が設立されていますので、選択肢も増えています。その中からFiscoとBIT Tradeを比較してみましょう。
管理者3 | 44 view
bitbank(ビットバンク)とFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所、ビットコインを楽しむには

bitbank(ビットバンク)とFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所、ビットコインを楽しむには

長引く不況や年金問題といったお金にまつわる不安から、多くの人が今あるお金を銀行に預けるのではなくいろいろな形で資産運用をしようと考えるようになっています。そのような中で注目を集めているのがビットコインです。まだまだ新しいものであるため知識に乏しい人が多く、具体的に何をすればよいかわからないという人も少なくありません。そこで、ここではビットコインが何かということとその取引所であるbitbank(ビットバンク)とFISCO仮想通貨取引所の比較をしていきます。
管理者3 | 66 view
ビットコイン取引ができるQUOINEX(コインエクスチェンジ)とBITPoint(ビットバンク)を比べてみよう

ビットコイン取引ができるQUOINEX(コインエクスチェンジ)とBITPoint(ビットバンク)を比べてみよう

ビットコインを使った取引をするためには、ビットコイン取引所でアカウントを作る必要があります。ビットコインの取引所は、ビットコインの需要の高まりを受けて増えています。各取引所によってサポートや取引できる仮想通貨の種類、セキリュティ、手数料などが異なります。今回は、人気のビットコイン取引所のQUOINEXとBITPointを比べてみます。
管理者3 | 108 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3