2018年1月20日 更新

BITPoint(ビットポイント)とBIT Trade(ビットトレード)でビットコイン取引!

ビットコインは取引所で売買されるのが一般的です。他にも販売所というところがありますが、手数料が高めのため取引所の方がお得に売買できます。BITPointとBIT Trade以外にもたくさんの取引所がありますが、それぞれに特徴があります。利用の仕方も各取引所によって異なりますし、場合によっては手数料がかかるところもあります。取引所を利用する前に、どんな特徴があるかを知っておくことが大切です。

BITPoint(ビットポイント)とBIT Trade(ビットトレード)を比較

 (21239)

BITPointとBIT Tradeは、国内でも注目されている取引所です。ビットコインは仮想通貨として世界中で取引されていますが、海外に比べると日本は少し遅れている感があります。徐々に浸透してきてはいますが、一般的になるにはもう少し時間がかかりそうです。

その一方、投資目的でビットコインを利用している人は少なくありません。なぜならビットコインには上限があり、無限に作り出されるわけではないからです。2009年に新たな仮想通貨として誕生した時から、上限2,100万枚と決まっていました。発掘という意味を持つマイニングという方法で生成されます。上限に達するのはまだ先のことですが、数に限りがある以上今後はますますビットコインの価値は高まると予想されています。

BITPoint(ビットポイント)の特徴

 (21241)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
BITPointは、2014年5月7日に設立された会社です。2017年9月29日に仮想通貨交換業登録を済ませているので安心して利用できます。ビットコインの他にアルトコインの取引も可能。最大レバレッジ20倍という先物取引が可能な、日本最大のビットコイン取引所として注目されています。

ビットコインは仮想通貨となるため、紙幣や硬貨ではなくデータとしてやり取りをします。そのため専用の口座やウォレットという保管する場所が必要です。取引所を利用するには事前の会員登録と口座またはウォレットの準備が必要です。BITPointは、登録がメールアドレスとSMS認証だけという手軽さが魅力です。登録にかかる時間もわずか2分となっています。

簡単登録だけでも利用できますが、本人確認をしておくとアカウントクラスがアップして、利用できる幅が広がります。本人登録をしない状態だとBTC入金上限無制限・BTC出金上限10万円相当/日。本人確認をするとBTC入金上限無制限は同じですが、BTC出金上限が1日に500BTCまで可能となります。ちなみにBTCFXの取引上限は、本人確認の有無に関係なく無制限となっています。

取引所で気になるのは手数料です。BITPointは、ビットコインの預入に関する手数料は一切かかりません。ただし引き出す場合は0.0005BTCの手数料がかかります。BTCFXを利用する場合は、新規建と決済時にそれぞれ0.01%の手数料がかかります。ビットコインは価格が変動していくので、手数料も変動します。銀行のATM利用料のように一律ではないので、ビットコインの価格が高い時は手数料も高くなり、安くなると手数料も安くなるという仕組みです。
 (21244)

BITPointを利用する場合、口座開設が完了したらその日から取引ができるようになります。ビットコインの場合は365日24時間取引可能ですが、BTCFXの場合は利用できる時間が決まっているので事前の確認が必要です。追認なしで利用できるのは国内で唯一BITPointだけです。パソコンやスマホなどインターネットにつながる環境があれば、どなたでも利用できます。ただし登録についてはいくつか条件がありますので、こちらも事前確認しておくことをおすすめします。

BITPointではビットコインとUSドルのペアが基本となります。口座に入金する場合はビットコインでの入金となるので、円では入金できません。事前に円でビットコインを購入しておきます。通貨ペアはビットコインとUSドルですが、BITPointを利用できるのは、国内居住者のみとなっています。

BIT Trade(ビットトレード)の特徴

 (21247)

BIT Tradeは、2016年9月12日に設立された比較的新しい取引所です。金融庁登録済みの信頼できる取引所です。面倒な手続き不要で、気軽に利用できるのが特徴です。口座開設もメールアドレスだけの簡単登録ですし、ビットコインの取引は365日24時間いつでも可能です。取り扱いはビットコインと円のペアです。BIT Tradeでは、セキュリティ対策として、SMS認証と二段階認証設定を導入しています。アカウント開設時にすべて済ませておくと後が楽です。

初めての取引の場合は、まずビットコインを購入するところからスタートします。BIT Trade専用トレード画面から注文という形で購入します。売買に関してはすべてトレード画面で操作ができるようになっていて、必要な情報も画面内で確認できます。

BIT Tradeではビットコイン以外にも多数の仮想通貨を扱っていますが、それぞれの取引には手数料がかかります。ビットコインの場合、売買手数料がメイカー・テイカーともに0.2%、ビットコイン預入は無料ですが引き出しには0.0005BTC必要です。

BITPoint(ビットポイント)とBIT Trade(ビットトレード)ならどっちがいい?

 (21250)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
BITPointとBIT Tradeともに、ビットコイン初心者はあまり向かないかもしれません。ある程度知識と経験がある方がスムーズに利用できます。もちろん一つずつ勉強しながら覚えたい人は挑戦してみるのもいいかもしれません。コツさえ分かれば利用しやすい取引所です。
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコイン取引所Fisco(フィスコ)とBIT Trade(ビットトレード)を比較

ビットコイン取引所Fisco(フィスコ)とBIT Trade(ビットトレード)を比較

ビットコインは仮想通貨ですから、紙幣や硬貨が存在せず銀行での取引はできません。取引をする場合は仮想通貨を扱う取引所を利用します。ビットコインを買いたいユーザーと売りたいユーザー同士は直接交渉や取引をするので、原則手数料はかかりません。ビットコインは今後も注目される仮想通貨ですし、需要が高いほど価値が上がります。数に上限があるので今後も価値は上がると予想されています。国内にも続々と取引所が設立されていますので、選択肢も増えています。その中からFiscoとBIT Tradeを比較してみましょう。
管理者3 | 49 view
【ビットコイン取引】ビットトレードとbitbank(ビットバンク)を比較

【ビットコイン取引】ビットトレードとbitbank(ビットバンク)を比較

ビットコインは2009年に誕生した仮想通貨です。年々需要が高まり取引所も続々誕生しています。取引所は販売所に比べてお得に利用できるので、これからビットコインをやってみようと考えている人に、おすすめの取引所を紹介します。ビットトレードとbitbank、どちらも注目されている取引所です。取引所ではビットコイン以外の仮想通貨も扱っているところが多いです。世界中で取引されていますが、国内の取引所なら円が利用できます。ビットコインは仮想通貨ですが、世界共通の通貨だから国内の取引所でもドルなど外国の通貨が利用できるところもあります。目的に応じて、どの通貨が利用できるのかを事前にチェックしておきましょう。
管理者3 | 885 view
【ビットコイン】BIT Trade(ビットトレード)とQUOINEX(コインエクスチェンジ)を比較

【ビットコイン】BIT Trade(ビットトレード)とQUOINEX(コインエクスチェンジ)を比較

ビットコインは年々需要が高まっており、ここ最近ではビットコインから分裂する新しい仮想通貨の誕生や、今後の誕生なども予定されています。それぞれに異なる仮想通貨ですが、ビットコインの仕組みを理解していれば、ほかの仮想通貨も気軽に利用できるようになります。国内にあるビットコイン取引所の中から、BIT Trade(ビットトレード)とQUOINEX(コインエクスチェンジ)を比較して特徴を紹介しますので、取引所を選ぶ時の参考にしていただけると幸いです。
管理者3 | 75 view
ビットコイン取引!BITPoint(ビットポイント)とGMOコインbyGMOを比較

ビットコイン取引!BITPoint(ビットポイント)とGMOコインbyGMOを比較

ビットコインは仮想通貨という特性上、紙幣や通貨が存在しません。全てデータとして管理され、ネット上にある取引所での売買を行います。ビットコインは円やドルのように国により通貨が異なることはなく、全世界共通です。利便性も高く投資などにも利用できることから、世界中で取引されています。
管理者3 | 269 view
仮想通貨の取引所は比較して選ぶべし。ポイントをちゃんと抑えましょう!

仮想通貨の取引所は比較して選ぶべし。ポイントをちゃんと抑えましょう!

仮想通貨の取引所を間違えたら、大切な資産が無くなってしまいます。ちゃんと情報を収集して選びましょう。
管理者3 | 53 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3