2016年1月14日 更新

ビットコインって何?

ビットコインとは何か?仕組みや交換所、販売所など詳しく説明します。

ビットコインって何ですか?

ビットコインって何だろう?疑問に思った皆さんも多いかもしれません!!
私なりビットコインについて調べました。
ビットコイン

インターネット上で流通している電子マネー。通貨の単位はBTC。紙幣・硬貨は発行されていないため、「仮想通貨」「デジタル通貨」などとも呼ばれる。流通を管理する事業主体や国家もなく、中央銀行のようなものも存在しない。米ドルや円など現実通貨との交換は、ウェブ上の「取引所」を通して行われるが、決済は金融機関を通さないため、諸経費や手数料などが発生しない。そのため、小口の売買やP2P(個人同士)の取り引き、とりわけ国境を越えた送金・決済に利用されている。
2009年5月、サトシ・ナカモトと名乗る人物が論文でその原理を発表し、「非・中央集権」の仕組みに共感したハッカーたちが開発・普及させた。サトシ・ナカモトの正体は不明。通貨の発行は、ユーザーが高度な演算問題を解く「mining(採掘)」という作業などを通して行われる。ただし、その演算処理は発行量が増えるに従って複雑になり、また2100万BTC以上は創出できないように設計されている。当初は、IT(情報技術)の専門家やマニアが集う一部のネット空間で利用されていたが、次第に大手事業者が決済に採用するようになり、11~12年にかけて顕在化したキプロス金融危機の際には、「金」に近い安定した通貨として注目が集まった。現実通貨との交換レートは、需給関係や経済状況に左右され、投機の影響も受けやすいため、乱高下を繰り返している。こうした為替リスクに加え、資金洗浄など不正な取り引きの温床になっているという批判もある。しかし、手軽さや利便性の高さが人気で、開発からわずか4年の2013年4月には流通量10億ドルを超えるまでに成長した。

ビットコインの仕組み図

文書では分かりづらいと思うのでビットコインの仕組み図を載せてみました!
参考にどうぞ!
 (1117)

ビットコインとは、インターネット上で流通する仮想通貨です。管理役である中央銀行は存在せず、利用者の承認さえあれば取引が行われます。日常生活で使っている金銭とは違い、発行者や管理者がいないため、国家からの経済的影響を受けない点や、取引における手数料が少ない点がメリットとされています。

ビットコインはどこでGET?

一番手軽な入手手段は販売サイトで購入することになる。

購入サイトは大きく以下の2種類に分けることができる。

(1)ビットコイン交換所

ビットコインと円やドル等の現金の「売り」と「買い」の場を提供する事業者であり、株式取引所をイメージして頂くのが早い。

売り手と買い手の取引量、提示価格によってビットコインの価格は刻々と変化して行き、タイミングによりビットコインを安く買うことも、高く買うこともありうる。利点としては、株式取引所のようにトレーダーが多く参加しているため、大口のビットコインを捌くことも可能なことである。顧客は本人確認を行い、取引口座を開設、基本的には銀行送金でビットコイン購入資金となる現金を取引所に送り、相場を見ながら購入していくことになる。また、反対にビットコインを売り現金化することも可能だ。

日本の交換所では破綻したMt.Gox交換所が有名であるが、現在は「BTCBox」や、日本進出を準備中のアメリカの大手交換所「Kraken」などがある。

利用者はライトユーザーというよりも、相応にビットコインに詳しい人が大多数となり、手間もかかるため、気軽にビットコインを購入したい人は次に示す販売所を利用するとよいだろう。

(2)ビットコイン販売所

交換所のように顧客同士の売り買いのマッチングを行うのではなく、販売所が取引の相手方となり、ビットコインを顧客に販売する形態の事業者だ。

最近はビットコインの健全化のために本人確認を基本的に行う流れであるが、交換所よりも手軽にビットコインを手に入れることができる。クレジットカード決済や銀行送金により購入可能であり、購入したビットコインを顧客が指定したビットコインアドレスへと販売所が送付する。販売所は交換所などでビットコインを仕入れ、手数料を上乗せして販売しているので交換所の時価よりも若干価格は高めになる傾向ではあるが、手軽にビットコインを購入できる点が魅力となる。

日本ではペイビット(最近では交換所も運営)や、ビットコインウォレットサービスに加え、直接ビットコインを購入可能なビットバンクウォレットなどがある。
 (1126)

他にも…持ってる人から直接頂いたり…サービスの対価などで頂いたり色々なGETの仕方はありますので、自分なりのGET方法を探してみてはいかがでしょうか?
楽しみも増えますよ(^_^)

ビットコイン交換所って何?

ビットコインの交換所の意味がよく分からない…
簡単にですが交換所について載せてみました。
交換所はあなたとの間で金融商品を直接取引してくれる媒体のことを指します。

取引所取引では取引所が買い手と売り手の間に入り仲介役をしてくれますが、交換所取引では交換所があなたのカウンターパーティ(取引相手)になってくれます。

この取引形態は二者間で取引をするので「店頭取引」とも呼ばれています。

多くの人は海外旅行にいくときに空港で日本円を外貨に両替しますが、空港にある両替所はまさに交換所そのものです。

ビットコイン交換所では扱う通貨がビットコインであるというだけなのです。

ビットコイン交換所はあなたに提示する交換レートに手数料を含めたり、実際に交換したときにあなたから取引手数料をもらうことで利益を出すビジネスモデルを採用しています。

ビットコインの仕組みを更に分かりやすく

ここまで読んで頂きありがとうございます。
少しは意味分かってきましたか?
続いてはビットコインの仕組みについて更に分かりやい動画を見つけましたので載せてみました!
ぜひこの機会にビットコインについて少しだけでも興味を持っていただけると嬉しいです。

ビットコインとは? (ビットコインについて説明します) - YouTube

ビットコインとは? (ビットコインについて説明します) http://www.bitcoin.co.jp https://www.bitcoin.com
どうでしたか?
少しはビットコインについて分かって頂けたと思います。動画でみるとまた更にビットコインについて興味を持ちますよね(^_^)

最後に…皆様へ

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ビットコインの仕組みなど触りだけでも皆さんと共有できたら私も嬉しいです!
読んで頂いた皆さん本当にありがとうございました!
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインを始める最初のステップ 「取引所で購入する」

ビットコインを始める最初のステップ 「取引所で購入する」

これからビットコインを始めてみようとお考えの方に、最初のステップとしてまずおすすめなのが「取引所または交換所」で購入することです。 そこで、今回は購入までに必要な予備知識をまとめてみました。
Michiru | 2,375 view
【比較】ビットコイン取引所と販売所、何が違う?

【比較】ビットコイン取引所と販売所、何が違う?

ビットコインを手に入れるためには取引所と販売所を利用する人が多いようですが、その違いは何でしょうか?自分がどちらを利用すればよいのか知っておきましょう。
Kitty | 398 view
ハードウェアウォレットの仕組み

ハードウェアウォレットの仕組み

ハードウェアウォレットを使用する際には、仕組みを理解した上で、正規代理店から購入したものを使いましょう。
しょーじ | 146 view
分かれば納得のビットクラブの仕組み

分かれば納得のビットクラブの仕組み

個人がマイニングで稼ぐのは難しい現代において、代わりに最新鋭のマイニングマシン導入や規模の拡大を行って稼ぎ利益を分配してくれるビットクラブの仕組みを紹介します。
しょーじ | 283 view
仮想通貨のマイニングを理解する上で必要な基本的な仕組みとは?

仮想通貨のマイニングを理解する上で必要な基本的な仕組みとは?

仮想通貨のマイニングを学習していくにあたって必要な言葉が存在します。その中でも特にハッシュ値とナンスという言葉について見ていきたいと思います。
じょにー | 90 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuiki0320 yuiki0320

おすすめの記事

今注目の記事