2016年7月5日 更新

イーサリアムとマイクロソフトの関係性を調べてみよう

今年に入ってからイーサリアムにおいては様々な企業が参入しています。その中でも最も注目すべき流れというのはマイクロソフトついてだと思います。世界中で活躍する企業だけに、今後どういった展開になっていくのか関連している記事を調べてみました。

スポンサー契約は以前から

マイクロソフトがイーサリアム・プラットフォームに関して大手金融機関4社と契約 | フォレックス・マグネイト日本版--Forex Magnates Japan (9506)

Azure プラットフォームにイーサリアム基盤のブロックチェーン・ツールを導入することを最近報告したマイクロソフト。既に大手金融機関4社がこのツールを契約していることを明らかにした。
ロイターの報道によると、マイクロソフトはこのニュースをDevcon1(デブコン1)で発表したという。このDevcon1とは、この11月9日~13日の期間ロンドンで開催されているイーサリアム開発者カンファレンス。マイクロソフトはこのイベントのスポンサーのうちの一社であり、参加企業でもある。
イーサリアムとは? » 仮想通貨取引所 Mr. Ripple ブログ (9508)

マイクロソフトがイーサリアムを導入すると発表したのは自身もスポンサーとなっているイベントでの発表だというのがわかります。確かに本格的にマイクロソフトが参加するきっかけになったのは、この発表からですが、その前からスポンサーになっていたのが想像できるだけに、実際に興味を持っていたのはかなり前からだというのが想像できます。

目的は?

マイクロソフト、ブロックチェーン環境構築ツールをリリース | ビットコインニュースのBTCN -: 今週火曜、マイクロソフトはブルックリンベースのスタートアップConsensYsと協力し、クラウド上に数クリックで構築.. - toshi19650104 のコメント / はてなブックマーク (9511)

マイクロソフトのクラウド基盤であるAzureにおいて、Ethereumのブロックチェーンと機能が簡単につかえるようなインターフェイスを提供することになった。
Azure契約者はオンデマンドでEthereumの機能を利用することができるようになる。これで、Dapps(分散型アプリ)の構築が容易になる。
Etheumにとって、こうした提携は大きなチャンスであり、メジャーになるための有効な作戦だ。
イーサリアムが抱えるマイナーの一極化問題 - CoinPortal (9514)

マイクロソフトも、ただ漠然とイーサリアムにおいて興味を持ったというわけではなく、将来的に自社のシステムをイーサリアムの分散型アプリを使うことで、決済だけではなく他のあらゆることもできる可能性を広げるというのが主な理由なのではないでしょうか。もちろんマイクロソフト内の機能の拡大が広がってくれば、利用している我々の利便性も広がることにもなると思うので、今後に期待する価値は大いにあります。

現段階でできること

Windowsのプラットフォームにイーサリアム追加 - CoinPortal (9517)

今回、マイクロソフトのVisual Studio Platform上にスマートコントラクトを直接記述することができるように、イーサリアムのプログラミング言語であるSolidityが加えられた。このことで開発者たちは、使い慣れた開発環境で分散型アプリケーション(dapps)を開発、テスト、展開することができるようになった。
ただし、今のところConsenSysやMicrosoftは利益を追求してはいないようだ。
マイクロソフトがイーサリアムツールをローンチ | Z-app! (9521)

マイクロソフトがイーサリアムに参入とはいっても、何ができるのかなどに興味を持つ人もいると思います。今の段階ではイーサリアムのプログラミング言語が分かる人を対象にですが、既にできることがあるようです。自分でできるなら、今のうちからテストなどをしておいて本格的に実践導入できるようにしておくというのも良い方法なのかもしれません。

最終的に目指すところ

マイクロソフト、ブロックチェーン開発のスタートアップと提携 | ZUU online (9529)

マイクロソフトでファイナンシャル・サービス用のテクノロジー戦略を担当しているマーリー・グレイ氏は、これを機に独自のプライベート・ブロックチェーン「スマート・コントラクツ」の開発にも乗り出し、20分以内に契約同意が完了するシステムを構成する試みについても明らかにしている。グレイ氏は「顧客がアジュールを利用して新しいサービスを提供する上で、イーサリアムの柔軟性がその可能性を広げてくれる」とグレイ氏は語る。
米マイクロソフトがブロックチェーン開発環境をAzure上で提供 (9530)

マイクロソフトがイーサリアムの導入の背景の裏にあるのは、最終的に独自のブロックチェーンの開発にあるようです。もしこれらが成功していくと、マイクロソフト自身のOSのセキュリティ面の向上などを始めに様々なことにメリットが感じられると思います。特に複数のパソコンを利用している場合は、今よりも格段に使いやすい全自動システムというのが、自分で用意できるようになるはずです。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イーサリアムの値段は何に影響しているのかを考えよう!今後どうなるか考えよう!

イーサリアムの値段は何に影響しているのかを考えよう!今後どうなるか考えよう!

イーサリアムを投資するなら、安い時に投資したいと誰もが思うはずです。ですが、どこまで値段が下がるのかを分からないと、とんでもないことになってしまうかもしれません。今回、値段が影響する要因を調べてみました。
turubo | 34,571 view
【日本政府も】将来性に注目!イーサリアム【日銀も】

【日本政府も】将来性に注目!イーサリアム【日銀も】

ビットコインの次に来る仮想通貨はイーサリアムで決まりと言われていますね。世界中から注目を集めるイーサリアムは、通貨機能に付加できる情報量の多さが評価の理由。世界中のIT企業や日本政府、日銀も認めるイーサリアムの将来性をまとめます。
letyour8 | 9,401 view
【ibmと提携も!】高騰必死のイーサリアムに注目!!

【ibmと提携も!】高騰必死のイーサリアムに注目!!

マイクロソフトとの提携で価格が急騰したイーサリアム。IT業界からの注目度も大きく高まっています。次の提携先はIBMであろうという噂も流れる中、イーサリアムとIBMの提携可能性や、ブロックチェーンの大きな将来性についてまとめます。
letyour8 | 1,107 view
イーサリアムの基礎知識。2018年もう一度学んでみましょう!

イーサリアムの基礎知識。2018年もう一度学んでみましょう!

仮想通貨、暗号貨幣といった概念を世界に先駆けて公開し、経済界に旋風を巻き起こしたビットコインの功績ははなはだ大きいものがありますが、もっとも高く評価すべきポイントはプログラムを全面公開した事でしょう。これによりビットコインのプログラムを参考にしながら、より効率的に儲けを出せる仮想貨幣がいくつも誕生しているからです。 その1つがイーサリアムです。実はビットコイン以外に仮想貨幣は和製も含めて1000種類以上も作られているのですが、経済界で熱い視線を投げかけられているのです。ビットコインとの共通点も多いのですが、特有の特徴もあります。格付けもビットコインに次ぐのですが、その人気ぶりは大変なものでいずれビットコインを追い抜くのではないかとも噂されています。はたしてイーサリアムとはどのような貨幣なのでしょうか。
管理者3 | 124 view
イーサリアムマイニングとビットコインマイニングの違いについて

イーサリアムマイニングとビットコインマイニングの違いについて

仮想通貨の話題としてイーサリアムに注目が集まってきました。しかし、初めてイーサリアムという言葉を聞く人は何のことかわからないと思うので、イーサリアム人ついて説明していきたいと思います。
じょにー | 1,199 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

turubo turubo