2018年2月17日 更新

ビットコインのシステムについてあらためて確認

まだ公表されてからの歴史が浅い事もあって様々なトラブルも予測されるにも関わらず、法的な整備が進んでいない事も事実ですし、実際ビットコインを巡っての各国の判断は様々です。そこで今は様子見という人も含めて多少でも関心がある人に向けて、あらためて暗号貨幣・ビットコインのシステムをのぞいてみる事にします。

ビットコインはバーチャル貨幣で決済が極めてシンプル

 (24688)

ビットコインの認知度はだいぶ上がってきてはいるのですが、まだよくわからないという人に向けて様々な指南書もネット上で公開されているものの、一部には難解でわかりにくいとの指摘が出ているのも事実です。要は暗号で守られた仮装貨幣であり現実社会でのメダルや紙幣といった形をとらないバーチャル貨幣ですから、決済はすべてネット上で行われる事になります。

したがってネット環境にない人にはあまり関係がない事になりますが、これまで決済の多くは電子マネーやカードなどで行う時、常につきまとう問題にサインや登録といった面倒くささ、および手数料などのコストが使う側にも発行する側にも発生していた事、しばしば情報漏洩などのセキュリティ上の問題も生じていた事など、幾多もの問題が発生しておりけして安全ではない点をたびたび指摘されていたのですが、暗号貨幣という新しい仮装貨幣の出現により、それらすべての問題が解決されるというのが、発案者らの主張でした。

確かに決済が極めてシンプルになったおかげでより迅速な取引が可能になりましたし、銀行やカード会社あるいはプロバイダーなど中央集権的な機能も廃除した事も、提供する側にとっても利用する側にとっても大きなメリットを生んでいる事は確かです。より完成度の高い暗号貨幣に期待して導入を検討する企業も増えてきてはいます。

line

暗号貨幣はPeer to Peer型決済網を採用

 (24691)

暗号貨幣・ビットコインを語る場合避けて通れないのがPeer to Peerです。対等を意味するPeer (ピア)同士で通信を行うシステムです。ですから従来利用者は1つのクライアントサーバーとの通信を一対一で行っていたゆえに、他のクライアントとの接触が無く個人情報はもちろん他に誰が利用しているのかを知る事は一切できなかったのですが、新システムによりサーバーを通さずに他のクライアントとも自由気ままに通信できる事になります。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
 (24693)

ただしクライアントサーバーを利用している者通しが通信を行いたい場合はクライアントサーバーを介すれば可能になります。ある意味これでお互いの個人情報保護はされていた事になります。ただしクライアントが膨大に増えていくとそれだけ中央サーバーに負荷がかかりますから登録者に制限がかかる事になります。Peer to Peerはこうした問題はおきにくく際限なくユーザーを増やす事ができます。

少なくとも特定端末を持つ者通しでの通信がいつでもどこでもできる事になります。既存のネットワークの上に構築できますから、従来利用してきたネットワークをわざわざ止める必要もありません。この利点を活用してデータ通信やIP電話、掲示板、テレビやラジオなどのメディア放送、動画配信サービスなどあらゆる分野での応用が進んでいます。暗号貨幣はこのシステムを活用しての決済作業を行っているのです。Peer to Peerに利用できる端末はパソコンや携帯端末、HDDレコーダーなどITにつなげる事ができるものならどのようなものも端末として活用できます。

Peer to Peerで構築されるネットワークはIPアドレスが主に利用されます。動画配信での負荷が大幅に解消された事により、ストレスなく動画配信が行えるようになった功績は大きいものがあります。回線サーバーにかかる経費も大幅削減できるゆえに、従来重たい負担になっていた手数料も格安あるいは無料にできますから、利用者にとっても非利用者にとっても負担が軽くなります。
 (24695)

しかしながらあまりオープンにしてしまうのは、個人情報保護という意味からどうなのだろうという懸念も、当然生まれてきます。ピア間の通信を暗号化する事でセキュリティ問題も解決します。これも賛否両論あるのはむろんです。暗号化して誰がどのようなサービスを利用あるいは提供したかが、わからなくなるシステムを悪用して、コンピューターウイルスなど不正ソフトの拡散につながらないかといった懸念されています。臨機応変に匿名性にしてみたりオープンにしてみたりなど、管理人に判断で運営される事になります。

Peer が携帯端末になるかパソコンになるかで実装システムが変わってくるゆえに、システムを導入しにくいという問題もあります。他多種多様な開発上の問題も残っているゆえに、今後の研究開発に期待するところです。

通貨単価はbitcoin

単価は基本的にbitcoinを利用します。最小単価はsatosiで1億分の1という単価です。マイクロビットコイン、ミリビットコインなどがありBTCあるいはXBTとった表記をします。
アルトコイン訴求

専用メールアドレスで対応

 (24700)

中央に銀行やカード会社などの管理システムを持たない変わりに、専用アドレスを作成して各ユーザーを管理します。各メールアドレスには公開鍵暗号が付与され、取引の際にメールを開ける際にも秘密鍵が必要になります。利用中のオペレーターシステムで管理できるウオレットが銀行の変わりに利用できますから、それぞれのセキュリティ強化が求められる事になります。

ソフトウエアタイプ・専用ハードウエア・ウエブタイプ・ペーパータイプとウオレットにはいくつか種類がありますから、メールアドレスと秘密鍵の管理はそれぞれの環境に応じて選択できますが、セキュリティ管理が徹底しているところを撰ぶのが重要です。
18 件

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3