2018年1月6日 更新

ビットコインゴールドの浸透によって変わるビジネス

もともとひとつの仮想通貨であったビットコインは、数度の分裂騒動によっていくつかの通貨へと枝分かれをし、それぞれが独立した価値をもっています。間もなく誕生が予想されているビットコインゴールドもまたビットコインから分岐した仮想通貨のひとつであり、今後本家のビットコイン以上に広いシェアをあつめるだろうと予想されています。

ビットコインゴールドが枝分かれした背景

 (21017)

通貨の枝分かれは現実レベルで考えるとなかなかイメージしにくいかもしれませんが、仮想通貨の世界においては決してめずらしくはなく、今回の分裂騒動もビットコインキャッシュ誕生の時点から予測していた投資家が多いようです。
新しい仮想通貨となるBTGは従来のBTCとは異なるアルゴリズムを使用しているため初心者でもマイニングが容易となっており、現在中国の独占状態にあるBTCマイニングの勢力図が大きく変わることが見込まれています。

ビットコイン分岐によるビジネスへの影響

 (21020)

ビットコインゴールドの誕生によって、国内外のビジネスにどのような影響が表れるのでしょうか。現在でも、東京都内を中心にビットコイン決済を導入する飲食店が増えており、BTCではすでに、「日常で気軽に使える仮想通貨」としての期待が高まりつつあります。
新しい仮想通貨は当面の間、投資家向けのマイニング用として流通すると見られていますが、通貨としての有用性が広く認められれば、一般的な電子マネーと同等の価値をもつ仮想通貨として飛躍的に普及が進むと考えられます。
通貨分岐に先んじてビット本体のレートが高騰していることを考え合わせると、少なくとも現時点ではこの新しい動きを歓迎するムードが出来上がっているようです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

結局何も変わらない?ビットコインにまつわる悲観的な予測

 (21023)

ビットコインゴールドの誕生は仮想通貨の大きな転換点として世界規模で注目されている一方で、マイニングのプロである投資家の間では「結局何も変わらないのでは?」というある種悲観的な予測が流れています。
日本国内にかぎって見てみると、ビットコインのみならず仮想通貨そのものの認知度が高いとは言えず、その中でBTGが順調に浸透していくとは考えにくい状況にあります。電子マネーがようやく日本全国の飲食店で使えるようになったのが現状ですから、ビットなどの仮想通貨が一般ユーザーにまで普及するのはまだまだ先の未来なのかもしれません。
もちろん、BTCの運営側もただ無計画に通過を分岐させたわけではなく、大手クレジットカード会社との提携を本格化させたり、日本国内でも加盟店を増やしたりと、ビジネス面であらゆる方策を講じています。これらの取り組みが一般ユーザーに支持され、新しい仮想通貨が世界標準になり得るかは、今後のビジネス戦略にかかっていると言えるでしょう。

日本国内で仮想通貨が普及しない本当の理由

 (21026)

世界レベルで見れば、ビットコインはすでにスタンダードといえるほどに普及しつつあります。中東および南米諸国ではビットコインによって公共料金を支払える国も多く、仮想通貨そのものがいかに信頼されているかがわかります。
一方、日本国内に目をむけると、まだまだリアルマネーの影響力が強く、何となく怖くて使えない、という声が大きいのが事実です。BTCがインフラとなっている国の多くは政情が非常に不安定であり、基準通貨から独立したセーフティネットとしてビットが支持されているという背景があります。
その点、国内情勢がきわめて安定し、リアルマネーの価値が強い日本ではあえてBTCを保有するメリットと必然性が感じられないのかもしれません。しかしながら、今後世界標準となっていくのは確実であり、個人レベルでも今のうちから少しずつ買い集めていくことは決して無意味ではないと思われます。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインゴールドを日本に根づかせるためのポイント

 (21029)

取引にかかる消費税が原則非課税となるなど、日本国内でもようやく仮想通貨を本格的に浸透させようという動きが見えつつあります。しかしながら、BTC先進国とよばれる中国などにくらべれば日本の取り組みはまだまだ充分とは言いがたく、プロ投資家のニーズを満たす水準には未だ達していません。
日常的に使える代替通貨として日本に根づかせるためにはまず、国が本腰を入れて規制緩和を進めるしかありません。税法上の優遇措置を整備することでユーザーにとってメリットの大きい通貨であることを認識してもらうのです。
日本で思うように仮想通貨が定着しない背景には、かつて発生したビットコインの不正流用事件があることは否めません。国内最大級のBTCにおいてそうしたセキュリティトラブルが発生したことで、プロの投資家の間にも「ビットコインはあぶない」というイメージが広がり、買い控えにつながっているようです。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イーサリアムマイニングとビットコインマイニングの違いについて

イーサリアムマイニングとビットコインマイニングの違いについて

仮想通貨の話題としてイーサリアムに注目が集まってきました。しかし、初めてイーサリアムという言葉を聞く人は何のことかわからないと思うので、イーサリアム人ついて説明していきたいと思います。
じょにー | 689 view
ビットコインゴールドでかしこく節税!脱税をさけるポイント

ビットコインゴールドでかしこく節税!脱税をさけるポイント

ビットコインをはじめ仮想通貨取引によって一定以上の利益を得た場合、その利益は法律上課税対象となります。つまり、ビットコインゴールドを介して取引を行うと、少なからず納税の義務を負うということです。これは、裏を返せばきちんと利益を申告しなければ脱税と見なされるということですから、取引をはじめる前にあらかじめ税法上の正しい知識を身につけておく必要があります。
管理者3 | 263 view
ビットコインゴールドをウォレットで管理するにはどうすればいいか?

ビットコインゴールドをウォレットで管理するにはどうすればいいか?

今、話題のビットコインが、分裂する可能性があるようです。まだ、全てが定かではないことですが、ビットコインゴールドという新しい仮想通貨についての情報、ウォレットに入れて管理するのはどうしたらいいのか、考えましょう。
管理者3 | 151 view
ビットコインキャッシュとはどういった使い方が出来る仮想通貨なのか。

ビットコインキャッシュとはどういった使い方が出来る仮想通貨なのか。

このビットコインからの分裂によって、ビットコインやほかの仮想通貨にどういう影響が起こるか気になるところではありますが今回はビットコインキャッシュに焦点を当ててみていきたいと思います。
じょにー | 874 view
ビットコインキャッシュが値下がりしてしまう可能性の一つがこれだ

ビットコインキャッシュが値下がりしてしまう可能性の一つがこれだ

ビットコインキャッシュは無事に付与されましたがその後入出金ができない時間も長い取引所もあったことから、値下がりをしたのを見ているままの人も多かったと思いますが、その経過などを見ていきたいと思います。
じょにー | 1,353 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3