2018年5月9日 更新

ビットコイン取引所J-Bitsとコインポータルが提携

国内のビットコイン取引をより快適に出来るJ-Bitsとブロックチェーン情報サイト「コインポータル」が完全提携しました。J-Bitsや提携先のコインポータルとはどのようなサイトか、提携するメリットについても分かりやすく解説していきます。

国内のビットコイン取引に革命を起こすJ-Bitsが誕生

 (9726)

ビットコイン取引をより安全に、快適に、そんな思いで生まれたのが取引所「J-Bits」です。

2016年6月20日にリリースされたJ-Bitsは優れた操作性と高いセキュリティ技術を備えた取引ツール「ビットトレーダー」を提供し、今後の国内の取引の発展に大きく影響してくると考えられます。
金融関連事業を手がけるJトラストは17日、連結子会社のJトラストフィンテック(東京都港区)が20日12時をめどに「ビットコイン」の取引サービスを開始すると発表した。金融サービスとして通用する信頼性と安全性を確保しながら、「J-Bits」のサービス名で事業を展開。1年後には月間200億円規模の取引を達成し、世界トップテン入りを目指す。
この他にも様々なネットメディアに取り上げられ注目されています。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining

J-Bitsと提携したコインポータルとは?

 (9709)

国内のビットコイン取引に新しい風を巻き起こすJ-Bitsと提携したコインポータルとはどのようなものなのでしょうか。
今、ビットコインとその技術基盤であるブロックチェーンは
世界中の金融機関や大企業に注目されています。

Coinportalは、この新しいテクノロジーの正しい理解と運用が
私達の「今よりちょっと豊かな未来」につながると信じて
国内外の最新情報をお届けします。
ブロックチェーンとは仮想通貨の正常な取引に欠かせない分散型のネットワークで、蓄積されたデータを世界中のトレーダーが共有、管理することで不正を防ぐ仕組みとなっています。

J-Bitsとコインポータルの運営元は同じJトラストフィンテック株式会社です。

コインポータルと提携することで得られるメリットとは

 (9710)

ビットコイン取引の押し引きを図る判断材料として専門家による見解や市況ニュースといった投資情報は欠かせません。

コインポータルでは取引に関わる可能性の高いあらゆる情報を取り扱っています。

また基礎知識を学ぶことも可能です。

コインポータルと提携することでこれらの情報を取引ツール1台で瞬時に集めつつ取引に活かすことが出来ます。
三菱UFJ銀、仮想通貨を利用した海外送金の開発へ

三菱東京UFJ銀行が、アメリカの仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)と資本提携して仮想通貨技術を利用した円やドルの海外送金の開発に乗り出すことを明らかにした。

8日には三菱東京UFJ銀行と三菱UFJキャピタルの双方からコインベースへ数億円規模の出資が行われる。資金はコインベースのアジア事業の拡大に向けて利用される。また、仮想通貨を現金化する際に三菱東京UFJ銀行の口座が使用される予定とのことだ。
国内のビットコインに関するニュースは意外にメディアで出回りませんが、コインポータルを定期的にチェックすることで補えます。

海外の情報も瞬時にキャッチ

国内よりもむしろ海外のニュースのほうが取引に大きな影響を与える可能性が高くなっています。

海外の市況ニュースやコラムを見ることで取引とどう関わってくるのか考えられる、経験値を蓄積させることで今後の取引を優位に進めることが出来るでしょう。
Segwitのマージとこれからのステップ

先週の金曜日、英国のEU離脱投票が行われたのと同じタイミングでSegwitが同日中にマージされるとのニュースが出た。Brexitの衝撃の影に隠れてしまったからか価格に顕著な影響を及ぼさすことは無かったように見えるが、4月のプルリクエストに続きビットコインコアへのマージという、ブロックサイズ問題解決への重要な節目の一つを超えることができた。
コインポータルなら海外のニュースでも容易に入手することが可能です。

正確な相場、値動き情報をチェックできる

勿論相場、値動きについても深く掘り下げていますので、売買の判断材料ツールとして用いることも出来ます。
7月4日週の相場

7月10日未明に予定される半減期を目前に控えて、価格が下落している。

7日(木)の13時半に67,000円台から63,000円台へと大幅に下げたのをきっかけに一時は61,514.52円をつけた。8日現在は揺り戻しで64,000円台を推移しているが、現時点で10日の午前2時頃と推定されている半減期まで値動きには注意しておきたい。

コインポータルの今後の取り組み

 (9711)

コインポータルもJ-Bitsと提携することでより多くのトレーダーに情報発信出来るというメリットを得ています。

国内のビットコイン取引の成長に欠かせないコインポータルの今後にも期待です。
Coin Portalを見れば、仮想通貨を取り巻く為替や他の金融商品の情報が一覧できる、そんなメディアを目指していきます。

日本国内で仮想通貨についての正しい理解と公平な環境を醸成していくことを目指し、Coin Portalは情報を配信し続けます。
取引所のJ-Bitsと情報サイトのコインポータルが提携したとのことで、私たち投資家にとっては、仮想通貨に関する様々な情報が得やすくなりますます便利になりますね。
国内のニュースだけでなく、海外のニュースなども最新のものを確認できます。
仮想通貨は世界中の投資家がトレードしている商品ですので、海外のニュースをいち早くキャッチできるのは有利になります。

line

アルトコイン訴求
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハードウェアウォレットのメリット、デメリット

ハードウェアウォレットのメリット、デメリット

仮想通貨を安全に保管できるハードウェアウォレットにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?詳しく紹介します。
しょーじ | 221 view
OZマイニングを利用してマイニングを行うメリット

OZマイニングを利用してマイニングを行うメリット

OZマイニングを利用してマイニングをすることで、機動力の確保、工期の短縮、コスト回収期間の短縮、排熱コントロールと有効活用、不要な設備削減、大幅なコスト削減、効率的な設備機器の開発などのメリットがあります。
しょーじ | 153 view
ザイフのメリット、デメリットまとめました

ザイフのメリット、デメリットまとめました

国内で第3位の取引量の仮想通貨取引所「ザイフ」のメリット、デメリットをまとめました。口座開設する際の参考にしてください。
しょーじ | 77 view
仮想通貨の投資とは異なるマイニングのメリット

仮想通貨の投資とは異なるマイニングのメリット

多くの方々は、マイニングに大きな関心を抱いています。仮想通貨に関する様々な魅力があるからです。例えば、極端に大きなリスクが生じないメリットがあります。それと、投資ほどハードルが高くないメリットもあるのです。
うーた | 145 view
クラウドマイニングとその主たるメリット

クラウドマイニングとその主たるメリット

IT業界では、クラウドという表現が使われる事もあります。いわゆるWEBをフル活用したサービスの総称です。そのクラウドは、マイニングとも大きな関係があるのです。もしもハードルの高さを感じているなら、クラウド型で検討してみるのも一法です。
うーた | 79 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

仮野真根 仮野真根

おすすめの記事

今注目の記事