2017年3月16日 更新

ビットコインに関する研究

ビットコインという仮想通貨はいまや世界中で取引されています。メリットもデメリットもありますが、需要が高くなるほど価格が上がり暴騰する事も珍しくありません。ビットコインは世界中で注目されていて、様々な研究も行われています。

■中国のビットコイン研究

 (15964)

中国ではビットコイン市場が急速に伸びていると言われています。以前は禁止していましたが、今はビットコインの利用者も増え、様々な分野の研究などもすすめられています。特にビットコインのグローバル展開に関する研究が盛んに行われていて、今後も中国でのニーズは増えると予想されています。

中国のビットコイン研究によると、2016年に入り女性の投資家が増えているという結果が出ています。2014年から2015年にかけてはそれほど多くはなく全体の10%ほどでしたが、2016年からは女性投資家が16%に近い数字を記録しています。中国には市場に影響を与える女性投資家が多く、中国全土に分布しているので、ネットの普及に伴いビットコインの投資が増えたと考えられています。中国では今ビットコインが注目されていて、まだまだ男性んぽ割合は多いものの、今後も徐々に市場に影響を与えるクラスの大物女性投資家が増えると考えられています。

■ブロックチェーンに関する研究

 (15963)

ビットコインは、ブロックを繋げてチェーン状につなげていく事から、ブロックチェーンという技術で管理します。仮想通貨であるビットコインは、暗号化して取引をしますが、ブロックチェーンという形状は、便利な反面データを改ざんしやすいという弱点があります。今では世界中で取引されていて、自由な仮想通貨という事から人気も高まりつつありますが、安全性という面では特に改ざんに弱いところは否めません。

少し前に世間を騒がせたビットコインの70%近いシェア率を誇っていたマウントゴックスの事件も、社長自らが不正にデータの改ざんをして、大量のビットコインを横領していました。この一件以来、特に耐データ改ざんについて注目が集まっていて、いろいろなところで研究も行われています。現状ではデータ改ざんをしやすい事から、まだまだ安全性は確立されていない事がわかっています。

データ改ざんに関する研究は盛んに行われていて、ブロックチェーンをデータ改ざんから守る方法なども見つかってきています。ただしこれらはまだ研究段階であり、実現までには少し時間がかかりそうです。

■ブロックサイズの研究

 (15962)

ビットコインはブロックという塊で発掘し、それを繋げてブロックチェーンにしていきます。仮想通貨ですから、ネット上で取引をしますが、スムーズに取引するには、パフォーマンスも重要です。4,000ビットコインを対象にした研究の結果、ノードというビットコインのプログラムの一種があるのですが、さまざまな角度から研究した結果、4,000ビットコインのブロックサイズは、4MBが最適である事がわかっています。ネット上で取引するビットコインはパフォーマンスにより左右されやすいので、最適なパフォーマンスがわかっていれば、スムーズな取引を可能にしてくれます。ただしこれも研究段階のため、環境によって状況は変わってきます。

■bitFlyerによる研究

 (15961)

bitFlyerはビットコインの販売所としてもよく知られていますが、bitFlyerでもビットコインに関するさまざまな研究が行われています。ビットコインの有効活用に関する研究や、取引を監視するツールの研究など、ビットコイン販売所らしい研究が目立ちます。bitFlyerは国内のビットコイン販売所ですが、海外にも取引所や販売所はたくさん存在していて、取引が多い分、犯罪も増えています。これを受け海外では、ビットコインの犯罪を研究する組織もあるといいます。

これはドイツとオーストリア政府が、ビットコイン犯罪を防ぐために、研究組織に対し資金援助をするという国を上げた本格的な研究組織です。ドイツもオーストリアもビットコインの利用が盛んですし、日本の電子マネーのように一般にも普及しています。特にドイツはビットコインの利用者も多いから、犯罪のリスクも高くなっています。ドイツは政府だけでなく、連邦刑事警察局や有名大学、法執行機関なども研究組織を支援しています。予算もドイツが200万ドル、オーストリアが72万ドル程といいますから、その違いも明らかです。
 (15960)

オーストリアはドイツをサポートする形で、研究組織が結成され、オーストリア政府がバックアップしています。研究内容はビットコイン関連の犯罪の性質と、仮想通貨であるビットコインの規制についてです。

ビットコインは24時間365日自由に取引ができ、誰でも利用できます。預金課税なく、管理する人がいないので規制もありません。インフレ対策にもなりますし、長期投資も可能です。需要が増える程価格が上がり、売り買いの時も匿名で利用できるから一件メリットは多いように思えますが、実はリスクも大きいのです。研究が進めばいまよりも安心して利用できるようになるかもしれません。
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインの研究または講義を行っている大学

ビットコインの研究または講義を行っている大学

日本で行われている所を存じませんが、アメリカではビットコインを使った研究や知識を習得できる大学があるみたいなので、調べまとめました。
tktyan | 456 view
ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

新しい形の資金調達方法として、また仮想通貨による投資手段として「ICO」が話題となっています。このICOとはどのようなものなのか、IPO(新規株式上場)との比較も交えて見ていきましょう。
じょにー | 178 view
ICOの可能性とリスクについて調べてみた

ICOの可能性とリスクについて調べてみた

そんなとき、何をさておき必要なのは、お金です。銀行に借りる? 株式を発行して投資家に買ってもらう? そうした従来の手法と違い、今、注目されているのが「ICO」。何かと話題の「仮想通貨」を使った資金集めです。世界では、ことしだけで1000億円を超える資金が集まったとも言われ、国内でも活用例が出始めています。
じょにー | 82 view
暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

暗号通貨市場には、2017年7月現在で約800種類以上のコインが誕生していますが、いくつかのコインはクラウドセールといわれるICO(イニシャル・コイン・オファリング)という手法で資金調達し開発しています。
じょにー | 58 view
なぜ匿名コイン「ジーキャッシュ」が上がると考えるのか+仮想通貨の闇に迫ってみた

なぜ匿名コイン「ジーキャッシュ」が上がると考えるのか+仮想通貨の闇に迫ってみた

コインチェックを見るとジーキャッシュがAlphaBayというサイトで、正式に採用されたことによって価格を順調に上げています。 倫理的な是非はともかく、Zcashはこれからも値上がりを続けると思いますので記事にしました。
じょにー | 213 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-mukumuku E-mukumuku