2018年1月28日 更新

コインチェックのハッキングされたネムの補償について

2018年1月26日にコインチェックがハッキングされ、日本円換算で約580億円ものネムが盗まれましたが、2018年1月27日に日本円で全額返金されるとの補償方針が発表されました。

ハッキング事件のあらまし

 (23111)

2018年1月26日に、コインチェックのホットウォレットを何者かがハッキングし、顧客の預けている資産5億2300万XEMが外部に送金されました。
この金額は日本円換算で約580億円と、2014年のマウントゴックスのハッキング事件の140億円を大きく上回るものとなります。
これを受けてコインチェック側は、ネムの入金制限、売買、出金の停止を行いました。
その後、日本円を含めてすべての通貨の出金を停止、アルトコインの売買停止、クレジットカード・ペイジー・コンビニでの入金停止を行い、現在はビットコインの売買ができるだけの状態になっています。
ハッキングが起きてしまった原因としては、常時ネットワークに接続された環境にあるホットウォレットでの管理及び、複数のアカウントから署名を行わないと資産を移動できないように制限するマルチシグを導入していなかったことと考えられています。
bitclubmining

補償方針が発表

2018年1月27日23:00に、ネム保有者に対する補償方針が発表されました。
国内外含めネムの取り扱いが最も多いザイフの価格を元にして、
売買停止時(1月26日12:09)から1月27日23:00までの出来高の加重平均で算出された88.549円を算出価格として、
88.549円×保有数で日本円でコインチェックウォレットに返金されることになりました。
ハッキング事件から1日半ほどで早急に方針が発表され、無事全員に返ってくることになったのは良かったのではと思います。
返金原資は自己資金からと表明されており、ネムの値下がりで当初のハッキング時の金額よりも下がっていますがそれでも返金額は460億円にも上り、
それだけの原資を用意できることにインターネット上には驚きの声が多く寄せられています。
補償時期や手続きの方法に関しては、現在検討中とのことです。

ネム財団でも解決に向けてウォレットをマーキング中

同時にネム財団の方でも自動追跡プログラムを用意し、犯人のウォレットをマーキングし、追尾をしているとのことです。
これにより、盗まれたネムが取引所等に持ち込まれた場合、それを判別して取引を止めることができるとのことです。
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コインチェックで話題の仮想通貨ネムとはどんな仮想通貨でしょうか?

コインチェックで話題の仮想通貨ネムとはどんな仮想通貨でしょうか?

コインチェックで話題の仮想通貨ネムについて
管理者3 | 39 view
集団提訴されるコインチェック

集団提訴されるコインチェック

コインチェックのネム流出問題に絡んで、被害対策弁護団や被害者団体が結成される動きを見せています。今後このような動きは拡大していくと見られています。
しょーじ | 196 view
なぜコインチェックのネムが狙われたのか?

なぜコインチェックのネムが狙われたのか?

今回の事件では、多くの取引所がある中なぜコインチェックが狙われたのか、多くの仮想通貨がある中なぜネムが狙われたのか、ブロックチェーン推進協会の見解を元に紹介します。
しょーじ | 243 view
コインチェック異例の措置で立ち入り検査へ

コインチェック異例の措置で立ち入り検査へ

コインチェックから日本円換算で580億円分ものネムがハッキングで盗み出された問題で2月13日までの行政処分の報告期限を待たずに2月2日に立ち入り検査を行うことになったのは異例の措置と言えます。
しょーじ | 49 view
コインチェック事件の教訓、仮想通貨はハードウェアウォレットで保管しよう

コインチェック事件の教訓、仮想通貨はハードウェアウォレットで保管しよう

コインチェック事件で仮想通貨を盗まれてしまったことを教訓に今後は仮想通貨は最も安全な保管方法であるハードウェアウォレットで保管することをお勧めします。
しょーじ | 88 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ