2018年2月21日 更新

ビットコインとアルトコインを分ける「POW」「POS」

暗号通貨の中でも、ビットコイン以外のものを総称してアルトコイン(またはオルトコイン)といいます。それぞれどのような通貨で何が違うのか知っておきましょう。また、今後の展望などまとめていますのでチェックしてみてください。

16,669 view お気に入り追加 0

ビットコインとアルトコインの違いは何?

アルトコインとは、Alternative Coinの略で、ビットコイン以外の暗号通貨とされる仮想マネーの総称です。とはいえ根本的な仕組みは、同じですし、全世界で500種類以上もコインが作られ、流通しているともされており、日本発祥のモナーコインもこのアルトコインの仲間とされています。また、機能性コインとも呼ばれるイーサリアムコイン、オーガーコインやネームコインなどがあり、これらはすべてインターネット上の仮想通貨として機能しているものです。ビットコインはマイニングと呼ばれる採掘方式でコインを得る事のできるシステムで、プルーフ・オブ・ワークシステムによって、悪質なハッカーからコインの偽造を防いでおり、アルトコインの多くはこうしたプルーフ・オブ・ワークシステム以外の方式で、運営が行われているわけです。
 (8077)

ビットコインとアルトコインを分ける大きなポイントは、採掘(マイニング)の違いです。

ビットコインの採掘(マイニング)方式は、Proof of Workシステムです。

このビットコインのProof of Workとは異なる、
Proof of Stakeを採用しているのが、多くのアルトコインです。
bitclubmining
Proof of WorkシステムとProof of Stakeシステムはそれぞれビットコインとアルトコインの採掘方式であり、
ネットワークを支えるセキュリティシステムでもあります。

採掘(マイニング)をざっとおさらいすると。

マイニングは、ビットコイン特有の安全システムで、実は取引自体は一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記されているのです。この取引記録とも言える台帳は、ネットワーク上に分散されて保存されており、取引台帳のデータは正常に取引が行われているのか、取引のデータの整合性を取りながら、正確に記録しなければなりません。そこで、正しく取引が行われているかの整合性を計る作業がマイニングであり、世界中の採掘者が常に監視している事に繋がっている為、正しい取引が行えているわけです。このマイニングを行う採掘者たちは、実際に自分のコンピュータを使いながら、特殊なソフトを使いマイニング作業を行っている為に、その報酬としてビットコインが支払われています。
 (8080)

ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。 その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。

そこで、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。 余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。

この報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます。 つまり、通貨の新規発行がこの瞬間に起こるのです。

この新規発行に至る行為は「採掘(マイニング)」と呼ばれています。
通貨としての新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。そのため、発展を信じる人達が、次々と採掘活動(=1つの大きな取引台帳の更新作業)に力を注いでいるのです。
 (8082)

採掘(マイニング)の方法には、「ソロマイニング」と「プールマイニング」があります。
一人で行うのがソロマイニングで複数で行うのがプールマイニングです。

後者を行う場合は、暗号通貨によってマイニングプール(mining pool)が異なるので、
まず扱う通貨に該当するマイニングプールを検索などで探すことをおすすめします。

line

アルトコイン訴求

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

「アルトコイン」とは?

 (8085)

アルトコイン(またはオルトコイン)を直訳すると「代わりのコイン」となります。 正確には、基本的にビットコインと同じような仕組みをもつ他の仮想通貨、といった方が早そうです。

世界中に何百種類も派生していますが、代表的なものは次のようなものになります。

●ライトコイン(Litecoin)/ LTC
●ドージコイン(Dogecoin)/ DOGE
●モナーコイン(Monacoin)/ MONA
モナーコインは、2014年1月にリリースされた初の純国産の仮想通貨です。
日本語で取引できるので利用しやすいですね。

日本発の仮想通貨はほかにも、
2015年にリリースされた「日本の資産を守りたい」というコンセプトの「侍コイン」などがあります。

「POW」「POS」は、それぞれのコインを支えるセキュリティシステム

現在暗号通貨は、ビットコインとそれ以外(アルトコイン)、という分け方がされています。

そのビットコインとアルトコインを分けるシステムが、
「Proof of Work」と「Proof of Stake」です。
 (8089)

●ビットコインの採掘(マイニング)方式は、Proof of Workシステムです。

仕事量に応じて採掘量が増える、という考え方のシステムの為、
採掘に高額の光熱費が掛り、ビットコインの価格が上がっている今、
100万円以上の投資が出来ないと、採算が合わないと言われています。

●このビットコインのProof of Workとは異なる、
 Proof of Stakeを採用しているのが、多くのアルトコインです。

これは仕事量に応じるのではなく、保有数に応じて採掘量が増える、
というシステムです。その為高額の光熱費は必要ありません。

またビットコインが将来失敗するとすると、その原因とされているのが、
Proof of Workの弱点である51%Attackです。

Proof of Stakeはこの51%Attackを、克服したシステムと言われています。
これから採掘を始めようとする場合、
Proof of Workシステムの採掘方式をとるソロマイニングは、
かなりのリスクを伴う覚悟が必要です。

電気代が高い日本においても大きな組織が行うならともかく、
電気代が安い国で大規模に熱心に行われる「プールマイニング」に
個人レベルでどれくらい対抗できるでしょうか。

今の自分に合った仮想通貨の入手方法を賢く考えるのが良いと思います。

ビットコインと新興の仮想通貨の時価総額は?

 (8093)

RippleやLitecoinといった新興の仮想通貨が過去3年間で、16倍増という驚異的な成長率を遂げている。

仮想通貨を含むブロックチェーンで管理される資産のうち、8割近くは依然としてビットコインである。 
現在も時価総額は約6.3億ドル(約6930億円)あり、それ以外の仮想通貨の時価総額約1.6億ドル(約1760億円)の4倍近くに相当する。

3年前には10分の1ほどの時価総額だったことを考えると、その成長率は著しい。

様々な仮想通貨が急成長。 投資家の選択肢が拡大している!

 (8096)

ビットコインのブロックチェーンテクノロジーは様々な分野で利用され、その価値が拡大中です。 

仮想通貨も同様、独自のユニークな通貨が次々と開発されており、
その結果、投資家の関心も色々な仮想通貨に分散して選択肢が広がってきています。

Mt. Gox事件の頃からは予想もつかなかったような進展ですね。
同じ仮想通貨ではありますが、ビットコインとアルトコインには違いがあり、それは前者の最大の利点とされる保安システムの違いと言えるでしょう。前者にはプルーフ・オブ・ワークシステムが採用されており、単にPOWとも呼ばれていますが、後者はPOSシステムとされるプルーフ・オブ・ステーキによって、それぞれのコインを支えるセキュリティシステムがあります。POSシステムは前者のようなマイニング方式では無く、コインを持っている割合によって、ブロックの承認の割合を決めることを基本とするものです。前者のには51%アタックという脆弱性が指摘されており、この51%アタックの危険性がかなり低くなっているシステムと言われています。
ビットコインの時価総額が緩やかな上昇基調となった2015年第4四半期、その他の仮想通貨の時価総額も右肩上がりで上昇を始め、現在も急成長を続けている。

中でも分散型アプリを開発しているEthereum(イーサリアム)、独自の仮想通貨を発行しているRipple、Litecoinなどは様々な大手企業と提携を結ぶことで、ビットコインへの追随の手を緩めない。 
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコイン「プルーフ・オブ・ワーク」のアルゴリズムとは

ビットコイン「プルーフ・オブ・ワーク」のアルゴリズムとは

暗号通貨ビットコインのネットワークを支えているのが、「Proof of Work」(プルーフ・オブ・ワーク)とよばれるシステムです。これは一体どのようなものなのでしょうか。これから始める方は必見です。
Michiru | 4,042 view
ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットコインの承認時間の長さや手数料の高騰のため、2018年2月1日よりビットクラブの支払いがビットコインキャッシュでの支払いに変わります。
しょーじ | 1,958 view
採掘する必要がない!?リップルコインの発行の仕組みとは?

採掘する必要がない!?リップルコインの発行の仕組みとは?

仮想通貨は流通するにつれ、マイニングと呼ばれる採掘作業が行われます。ビットコインの採掘作業に対し、リップルコインの採掘とはどう言った作業に当たるのか、仕組みと発行について調べてみました。
麻衣 | 9,552 view
マイニングから見た仮想通貨アルトコインの必要性

マイニングから見た仮想通貨アルトコインの必要性

現在はビットコインの他にもアルトコインという仮想通貨が存在しています。ビットコインが存在しているにもかかわらずアルトコインは必要なのでしょうか?マイニングと絡めて見ていきたいと思います。
じょにー | 73 view
仮想通貨のマイニングはビットコインよりもアルトコインの方が良いの!?

仮想通貨のマイニングはビットコインよりもアルトコインの方が良いの!?

仮想通貨をマイニングするにあたってビットコインよりもアルトコインでマイニングを行った方が良いという意見を述べる人がいます。本当にビットコインよりアルトコインでマイニングを行う方が良いのでしょうか?
じょにー | 208 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Michiru Michiru