2017年10月5日 更新

暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

暗号通貨市場には、2017年7月現在で約800種類以上のコインが誕生していますが、いくつかのコインはクラウドセールといわれるICO(イニシャル・コイン・オファリング)という手法で資金調達し開発しています。

ICO情報まとめサイトをチェックするべし!

ICO(クラウドセール)を行っている仮想通貨などをリサーチする際に、どういう検索をしたらいいか、というのが気になる人も多いと思いますが、簡単なのがまとめサイト等に上がっている記事をチェックしてそれにアクセスするのが一番手っ取り早いです。
ICOをしているものを、一件一件しらみつぶしに見ていくのも時間があればいいんですが、そもそも時間がもったいないのと、大きなリターンを期待できるICOの情報は潜在的に埋もれてしまって滅多に入ってこないですよね。
日本初のプロジェクトはよく耳にしますが、日本が遅れているから入ってこないだけであって海外では珍しいものではないものもあります。
大きなリターン期待できるプロジェクトに共通するのは、だらだらと調達し続けるのではなく、予定していた資金調達額に達したらしっかりとクラウドセールを打ち切っているところがなんだかんだで伸びていると思います。
もちろん人気があるのは数時間で売り切れ手変えないこともあります。
海外初のプロジェクト、ICO(クラウドセール)情報は予め”自ら情報をとりにいく”これに限ると思います。
Free photo: Write, Plan, Business, Startup - Free Image on Pixabay - 593333 (20507)

日本仮想通貨研究所

ICOの情報を仕入れる際には日本仮想通貨研究所というサイトがおすすめだと思います。
このサイトは日本人が作ったと思われるようなサイトの構成になっていてまず見やすいというのがメリットとして挙げられます。
ICOについてどのようなものなのか、ICOで得られるメリットや、デメリットを細かく記載しているので非常に初めての人でもおすすめです。得ることのできる資金だけではなく、それに伴ったリスクなども記載してくれているのでわかりやすいと思います。
また、ページをスクロールすると今後行われるであろうクラウドセールの情報が時間付きで表示されており、いつ始まるか、いつ終わるかの見やすいレイアウトになっていますよ。
そのページにあるバナーなどの画像をクリックすることで各プロジェクトのHPへリンクすることが出来ますね。
Free photo: Blogging, Blogger, Office, Business - Free Image on Pixabay - 336376 (20508)

Token Market(トークンマーケット)

Token Market(トークンマーケット)は、カレンダー形式で進行中のICOを見ることが出来ますし、もちろんきになったICOページへリンクされてるのですぐに見ることが出来ます。
しかも掲載されているICOの件数が極めて多く、一つ一つを見ていくのが大変なんですが、注目されているものなどは個別にページを用意しているのでそのあたりのフィルター分けが出来ているのも魅力の一部ですね。
ICO概要の各ページでは、クラウドセールがいつ始まりいつ終わるか、仮想通貨のコインの概念も丁寧に記載しており、必要な情報がわかりやすく手に入るようになっていて利用する側もありがたい仕様となっております。
ウェブサイトやブログ、ホワイトペーパー、SNSにもリンク出来ますので、気になったICOを追究するのに非常に便利なサイトだと感じてます。

まとめ

暗号通貨のプレセール、クラウドセール(ICO)情報が分かるサイトをいくつか紹介しましたがいかがでしたでしょうか?参考になったかと思います。
ICOというのは未開発、未上場のコインやトークンを購入できる画期的なプロジェクトではありますが、計画通り通りに上手く行くものもあれば、計画通りいかずに失敗してしまい自分の投資した分をすべて溶かしてしまうという事態が起こってしまいます。
ICOに限ったことではないですが、こういった投資の類は自己責任の類のものになってくるので、自分で信じれるものにだけしっかりと投資していくことが大事だと考えられます。
明らかに怪しい金を集金するだけに行われているプロジェクトも中には存在します。
最低限ホワイトペーパー(仕様書のようなもの)読んでしっかりと判断しましょう。
やはりプレセール、ICOに手を付けるのであれば自分の信じれるものに投資できるようにしっかり情報収集していくことが大事だと思います。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

新しい形の資金調達方法として、また仮想通貨による投資手段として「ICO」が話題となっています。このICOとはどのようなものなのか、IPO(新規株式上場)との比較も交えて見ていきましょう。
じょにー | 158 view
ICOとIPOの違いを分かりやすくまとめて、さらにICOの良さを伝えたい。

ICOとIPOの違いを分かりやすくまとめて、さらにICOの良さを伝えたい。

最近COMSAによって国内でも認知が急速に広まりつつあるICO。仮想通貨の世界ではICO、クラウドセールやプレセールといった先行販売のような企画が催されたりしていますが、それは一体どのようなものなのか、何が行われているのか調べてみました。
じょにー | 38 view
ICOってよくきくけどクラウドセールってきいたことある?

ICOってよくきくけどクラウドセールってきいたことある?

COは暗号通貨経済におけるIPOのようなものである。IPOはこれまでの伝統的な経済における証券取引所上の新規株式公開であるが、ICO(Initial Coin Offering)は企業またはプロジェクトが自らのトークンやコイン(従来の金融市場における株式のようなもの)を発行し資金調達を行うプロセスである。そしてそのトークンが暗号通貨取引所に上場されることである。
じょにー | 66 view
仮想通貨の時によく聞くICOってなんだ?その仕組みや内容を紹介!

仮想通貨の時によく聞くICOってなんだ?その仕組みや内容を紹介!

株のIPOという言葉はよく聞きますが、仮想通貨にも存在します。 情報の速さが物を言う世界なので、知識として持っておきたいですよね! そこで今回は、仮想通貨のICOの、仕組みや内容を紹介します。
じょにー | 60 view
仮想通貨での資金調達がスタートアップにもたらす影響とはいったい何??そもそもICOってなに?

仮想通貨での資金調達がスタートアップにもたらす影響とはいったい何??そもそもICOってなに?

ICOによりわずか3時間で約170億円の資金調達…。昨今このような信じられないニュースが世間を騒がせています。 ところで、ICOとはいったいどういうもので、どうしてこんなことが可能になるのか?その仕組みについて知らない方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、世界中のスタートアップ企業が注目するICOについてわかりやすく解説していきます。
じょにー | 32 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー