2018年2月21日 更新

注目の仮想通貨リップルコイン、今後の動向は?

最近話題になっている仮想通貨のリップルコイン(XRP)。これから価格が上がって行くと言われていますが、それはなぜなのでしょうか。投資先として考えた場合にリップルコインは有望なのか、またリスクはないのか等、リップルコインの今後について解説していきます

ペンを持ち考えるスーツ姿の男性|ぱくたそフリー写真素材 (19545)

グーグルもリップル社に注目

リップルコインとは、実はビットコインのようなコインの名前ではなく、アメリカのリップル社(Ripple Inc.)が発行する電子決済サービスで、その決済に使用する通貨である「XRP」のことを指しています。

リップルコイン自体には多くの仮想通貨と異なって資産価値はないため、たとえばレストランへの支払いをリップルコインで決済するといったような利用は不可能です。
そのかわりインターネットを利用した国際決済はわずか5、6秒と10分程度を要するビットコインよりも遥かに速く、手数料は0.001円以下とほとんど無料に近いことかメリットです。

各国の金融機関からの関心も高く、さらにあのグーグルもグーグル・ベンチャーズを通じてリップル社に投資を行っています。どのようにグーグルがリップル社に関わっていくのかは不明ですが、インターネット上の取引でリップルコインを利用したサービスをグーグルが拡大していく可能性はあります。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitclubmining

リップルコインの今後の動き

リップルコインは、それこそ日々刻々と価格が変動していますが、2017年3月末には1XRP=1.05円程度だったのが2017年5月22日現在では1XRP=37円と35倍!と驚異的な値上がりを示しています。
これは2017年3月30日にバンクオブアメリカやメリルリンチ、日本の三菱東京UFJ銀行といった世界の大手6銀行が次世代の国際送金サービスにリップルコインを採用するというニュースが流れたことが影響していると言われています。

また、それ以前に2016年6月にニューヨーク州において「BitLicense」という仮想通貨のライセンスを取得済みです。
これは機関投資家を対象にしたデジタル資産としては初の認定となり、着実に国際送金の主流となるべく着々と準備を進めていることがわかります。

またリップルコインはドルやユーロといった各国の法定通貨と連動していないため、国家リスクに強く「有事の際のリップルコイン」という、金のように人類共通の安全な資産の一つとして評価されるようになるかもしれません。

特に中国のように出回っている紙幣に多くの偽札が混じっていて法定通貨への信用度が低い場合には爆発的に拡大する可能性を秘めています。

line

アルトコイン訴求

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

リップルコインの将来的なリスクは?

大幅な値上げ基調にあるリップルコインですが、資産活用のための投資先という点については懸念事項ももちろんあります。基本的にリップルコインはブリッジ通貨として、通貨間の決済を速やかにローコストで行うためのものであり、リップル社としては個人がリップルコインを所有することについて関心度は二の次といったところです。

リップル社はリップルコインの価格を1XRP=1ドル(あるいはそれ以上)を目標に価値を上げて行くよう取り組んでいますが、それは世界中の銀行でリップルのシステムを利用して国際送金を行っていくためにはそれぐらい価値が上がらないと利用が難しいためです。

管理会社というものが存在しないビットコインと異なり、リップル社の方針次第では、例えば個人への購入をやめてしまうことも可能なのです。

また、リップルのシステムになんらかの不具合や脆弱性が発見されてしまえば、ブリッジ通貨としての評価も下がってしまうというリスクも存在します。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitclubmining
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインとリップルコインの違いとは

ビットコインとリップルコインの違いとは

ビットコインとリップルコインの違いをまとめてみました
管理者3 | 277 view
リップルコインの今後の展開についての予測。2018年はどの様になるだろうか!

リップルコインの今後の展開についての予測。2018年はどの様になるだろうか!

2017年リップルコインは価格を凄くあげました!2018年はどのようになるのでしょうか。
管理者3 | 505 view
採掘する必要がない!?リップルコインの発行の仕組みとは?

採掘する必要がない!?リップルコインの発行の仕組みとは?

仮想通貨は流通するにつれ、マイニングと呼ばれる採掘作業が行われます。ビットコインの採掘作業に対し、リップルコインの採掘とはどう言った作業に当たるのか、仕組みと発行について調べてみました。
麻衣 | 9,620 view
ビットコインキャッシュの今後について割と真剣に考えてみた

ビットコインキャッシュの今後について割と真剣に考えてみた

最近ビットコインキャッシュはBCCで統一されるようになってきましたがまだまだ普及しているとは言えない状況です。 そういったビットコインキャッシュをより分かりやすく知ってもらえたらいいと思います。
じょにー | 81 view
注目の仮想通貨「リップルコイン(XRP)」の最新情報!

注目の仮想通貨「リップルコイン(XRP)」の最新情報!

次世代型の決済手段として話題の「仮想通貨」の中でも、ビットコイン、イーサリアムと並んで注目度の高い「リップルコイン(XRP)」。勢いを見せている現在の動向、最新情報をお届けします。
ねず | 3,662 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

元塚和秀 元塚和秀