2017年12月26日 更新

coincheck(コインチェック)とビットトレード、ビットコインを利用するなら?

ビットコインでのやり取りをするにあたってとても重要になるのが取引所選びです。手数料や取り扱いコインの違い、操作性といった要素から自分に合うものを選ぶことが取引で成功を収めるためには重要です。そこで、ここではcoincheckとビットトレードの特徴を紹介していきます。

coincheckの特徴

 (21088)

coincheckはコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。もともとはレジュプレス株式会社として運営していたのですが、2014年から仮想通貨取引所事業を始めて今の業態になっています。国内の仮想通貨取引所の中では最多である13種類の主要仮想通貨を取り扱っており、販売所としての取り扱いなのが特徴です。販売所では仮想通貨に対して価格の指定ができないのですが、初心者でも提示された価格に対し数量を決めて簡単に購入ができます。

チャートを見ながら本格的な取引をしたいという人にはcoincheckのような取引はあまり向いているとはいえません。しかし、初心者で仮想通貨を保有してみたいという人やリスクの少ない投資をしたい人、決済での利用をメインとしたいという人にはとてもおすすめです。最近ではビットコインでの決済ができる場面が増えています。そのため口座開設をしているととても便利ですし利益がでることもあるのです。

コインチェック申し込みは下記から
https://coincheck.com/?c=-Rkj2JeQZzU

ビットトレードの特徴

 (21091)

ビットトレードは2017年9月に金融庁に仮想通貨交換業者として登録をされた仮想通貨取引所です。操作性が高くて人気の仮想通貨の取り扱いがあるということで注目を集めています。まだまだ新しい取引所であるために知名度も低く、信頼性に欠けると感じる人も少なくありません。しかし、手数料を抑えて取引ができるという点で利益を上げやすいということで利用者を伸ばしています。

チャートの操作性はとても高く、LINEチャートの切り替えができたりテクニカル分析ができたりととても便利です。これはある程度の取引経験がある人ならばその操作性が高いことと分析で役立つことが理解できるのですが、初心者ではあまりこのメリットは感じられないことも少なくありません。ただ、チャートをいろいろな形で見ながら取引を進めていくと売買のタイミングが見えてきますから初心者で本格的に取引の勉強をしていきたいと思っている人にはとても有効なツールです。
 (21093)

どちらも手続きは簡単

 (21095)

ビットトレードもcoincheckもどちらも口座開設はとても簡単です。インターネットで作業ができますし、特にcoincheckはフェイスブックを利用すれば2クリックで作業が終了します。そのため登録をした初日から最速で10分ほどでビットコインを購入して取引を始めることができます。

それに対してビットトレードの場合には本人確認の審査があり、身分証明書類の提出が必要です。ただ、身分書類の提出もスマホやタブレット、パソコンを使って書類の写真を撮影して提出するだけですからあまり手間はかかりません。審査に1日ほどかかり、翌日には本人か確認完了の書類が発送されます。書類を受け取ったら本人確認が終了し取引ができるようになるので、インターネットでの申し込みから本格的な取引までは少なくとも3日はかかることを理解しておくことが必要です。

コインチェック申し込みは下記から
https://coincheck.com/?c=-Rkj2JeQZzU

取引所と販売所の違いを理解しておく

 (21098)

次に、二つの違いとして取引所のあり方があります。coincheckは販売所であり、ビットトレードは取引所です。取引所は買いたい人と売りたい人とが集まる場ですが、販売所はビットコインを提供する場でしかないのです。これはどちらが良いというわけではありません。大事なのは自分が行いたい取引がどちらであるかを理解しておくことが重要なのです。

取引所のメリットは需要と供給が合えば取引が成立するため利益を得やすいというところがあります。逆に取引が成立しなければ全く売買ができないということを理解しておかなければなりません。それに対して販売所は常に自分の売買を指定量で行えます。しかし、販売所は取引所よりも割高なケースがあることを理解しておかなければなりません。

値段重視であれば取引所、数量やスピード重視であれば販売所のほうが取引はスムーズに行えます。そのためチャートを見ながら売買をするという時間がなかなか取れない人であれば販売所を選ぶべきですし、本格的な取引を行いたいとかすこしでも利益の出る方法を取りたいと考える人ならば取引所のほうが有効です。

ただし、当たり前のことですが取引所の価格も販売所の価格も変動します。そのため、場面によっては販売所の価格が取引所の価格を上回り販売所を利用したほうが利益の上がるような場面もあるのです。そのため、理想としてはどちらにも口座を開設し状況判断をしながら運用をしていくことがもっとも利益を上げることにはつながります。実際に口座を開設して取引画面を見てからのほうがイメージもつかみやすいですし自分に合っている方も選べます。しかし、そのような両方を開設することは面倒という人やどちらも見る時間がないという人は自分のライフスタイルを考えて合っている方を選ぶことが望ましいです。

コインチェック申し込みは下記から
https://coincheck.com/?c=-Rkj2JeQZzU
13 件

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3