2018年2月3日 更新

マイニングプール「ナイスハッシュ」がハッキングで76億円盗まれる

2017年12月6日にマイニングプール「ナイスハッシュ」がハッキングの被害に遭い、資金の全てである76億円もの金額を失いました。倒産を危ぶまれましたが国際投資家のグループから資金調達することにより、無事復活しています。

ナイスハッシュで76億円ものハッキング被害

2017年12月6日にマイニングプールサイト「ナイスハッシュ」がメンテナンス状態となってつながらなくなりました。その後12月7日公式の発表で、ハッキング被害によりビットコインが盗まれた旨の発表がありました。
ナイスハッシュのウォレットから、謎のビットコインアドレスに対して約76億円分が送金されたとのことです。
一般的には仮想通貨取引所など、顧客から仮想通貨を預かる会社は、セキュリティ上、インターネットから切り離されたコールドウォレットに保管する場合はほとんどです。基本的にハッキングは、インターネット経由で行われるため、こうすることでハッキングを防ぐことが可能です。
一方ナイスハッシュは、マイニングプールという性質上、そういうことができず、そういうところをハッカーに狙われたものと思われます。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

倒産を危ぶまれましたが、無事復活

ハッキングでビットコインが盗み出され、倒産してしまった取引所マウントゴックス事件の記憶もあり、
ナイスハッシュは倒産してしまうのではと思った人も多かったと思います。

2017年12月20日には「NiceHash is BACK!!」との表示とともにサイトが復旧し、
国際投資家のグループから資金調達して、無くなってしまったユーザーの残高復旧の資金に目処が立った、残高の払い出しに関しては2018年1月31日にアナウンスされるとの発表がありました。
何と驚くことにハッキングにより盗まれた資金は、ナイスハッシュが持っていた資金の全てだったとのことです。
既に資金を確保できているのにも関わらず、払い出しまでに1ヶ月以上かかることに対しては、法的な書類をすべて正しく処理するためだとのことです。
ナイスハッシュのサイトにログインすると、全てのユーザーの残高が0になっており、それとは別に過去の残高のタブがあり、ハッキング以前の残高も確認可能です。

このように無事復活し残高も払い出されることが明確になったことは多くのユーザーの信頼につながり、引き続き使っていこうというユーザーが多くを占めています。
bitclubmining
 (23034)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ナイスハッシュで効率の良い仮想通貨を自動でマイニング

ナイスハッシュで効率の良い仮想通貨を自動でマイニング

その時点で最も採掘効率の良い仮想通貨を自動で選択してくれるマイニングツール「ナイスハッシュマイナー」の導入方法を紹介します。
しょーじ | 600 view
ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットコインの承認時間の長さや手数料の高騰のため、2018年2月1日よりビットクラブの支払いがビットコインキャッシュでの支払いに変わります。
しょーじ | 2,395 view
バイトコインのマイニングは一般のPCで簡単にできる

バイトコインのマイニングは一般のPCで簡単にできる

バイトコインは、CPUでのマイニングに対応しているため、一般のPCでマイニングすることが可能です。ここでは、ウォレットのインストール、マイニングツールのインストールや操作方法、報酬の出金方法まで一連の流れをご紹介します。
しょーじ | 90 view
仮想通貨の保管には取引所ではなく、ハードウェアウォレットを利用するべき

仮想通貨の保管には取引所ではなく、ハードウェアウォレットを利用するべき

仮想通貨を取引所に預けっぱなしにするのはハッキングのリスクもあり危険ですので、長期保管する際には、面倒でもハードウェアウォレットに入れるようにしましょう。
しょーじ | 26 view
なぜマイニングはできるだけ慎重に選ぶべきなのか

なぜマイニングはできるだけ慎重に選ぶべきなのか

マイニングは、慎重に選ぶ事が求められます。慎重に選ぶと言っても、主に2つの観点があるのです。まずマイニングに関する仮想通貨などは、それなりに慎重に選ぶべきです。またクラウドマイニングでしたら、業者を慎重に選ぶべきです。
うーた | 197 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ