2017年11月25日 更新

仮想通貨のマイニングの仕組みと、そのメリットについて

仮想通貨は、その通貨を流通させるためにマイニングといわれる作業があり、そこで発生した仮想通貨が世に出回ります。それらの仕組みについて書きます。

仮想通貨の仕組みについて

仮想通貨の量は、マイニングによって増えていきます。マイニングとは「採掘」作業を表します。例えば、ビットコインで考えてみます。世界中で行われているビットコインの取引はすべて取引記録に記録されています。その記録をする際には、計算処理が必要となります。この計算が膨大な量となります。この大変な計算を個人が協力して行うことで、しっかりと計算できた場合に報酬が支払われます。この場合の報酬はビットコインです。つまり、報酬が支払われば支払われるほど、ビットコインは増えていくということです。というと、パソコンの処理能力を提供すれば、報酬がたくさんもらえるのではないか、と皆さん考えがちです。なぜならば、ビットコインは大量に採掘されると、その量が減る仕組みもあります。これは半減期ルールと呼ばれています。また、採掘自体も電気代などのコストがかかります。そのため、しっかり計画することが大切です。

マイナーとビットコインブロックチェーンについて

Free photo: Cd Cover, Head, City, Skyscraper - Free Image on Pixabay - 2969102 (21571)

マイナーとは、マイニングを行う個人や団体のことを呼びます。ビットコインのマイニングの実際は、ブロックチェーンを書き換えることになります。書き換えは、高い計算能力が必要です。なぜならば、2000桁ともいわれる英数字の因数分解が必要となるからです。これは、かなりの解読能力が必要となってきます。そして、それをいち早く計算できたマイナーに対して報酬が支払われます。また、この計算の際にはパソコンをフル稼働する必要があり、多額の電気代がかかると言われています。そして、この計算処理は、1日に144回必要とされるので、マイナー達は1日で144回競い合っています。こういった状況を見て、マイニングに参加する人はたくさんいますが、多額の経費をかけて失敗している人たちがいることも事実です。中には、45000台以上のパソコンを準備してマイニングを行っている施設もあります。そうすると、設備費用もかなりかかります。

マイニングに適した環境について

仮想通貨のマイニングが最も盛んなのは、中国と言われており、世界の半分以上のシェアを占めているともいわれています。そして、気温も低く、電気代が安いこともあり、かなり有利となっています。環境的な差がこれだけあるので、マイニングを行う際は慎重に実行する必要があります。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットコインの承認時間の長さや手数料の高騰のため、2018年2月1日よりビットクラブの支払いがビットコインキャッシュでの支払いに変わります。
しょーじ | 1,037 view
分かれば納得のビットクラブの仕組み

分かれば納得のビットクラブの仕組み

個人がマイニングで稼ぐのは難しい現代において、代わりに最新鋭のマイニングマシン導入や規模の拡大を行って稼ぎ利益を分配してくれるビットクラブの仕組みを紹介します。
しょーじ | 169 view
仮想通貨のマイニングを理解する上で必要な基本的な仕組みとは?

仮想通貨のマイニングを理解する上で必要な基本的な仕組みとは?

仮想通貨のマイニングを学習していくにあたって必要な言葉が存在します。その中でも特にハッシュ値とナンスという言葉について見ていきたいと思います。
じょにー | 60 view
仮想通貨におけるマイニング報酬の仕組みとは!?

仮想通貨におけるマイニング報酬の仕組みとは!?

仮想通貨において報酬(収入)を得ようとするとマイニングが必要になる。しかし、初めて聞く人にとっては難しいと思うので、仮想通貨と報酬とマイニングの関係性について見ていきたいと思います。
じょにー | 61 view
仮想通貨におけるマイニングの意味と仕組みを見てみる

仮想通貨におけるマイニングの意味と仕組みを見てみる

仮想通貨という言葉が最近聞かれるようになりました。しかし、仮想通貨はどのようなものなのか、またマイニングとは一体なんなのかを解説していきたいと思います。
じょにー | 38 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー