2017年3月31日 更新

ビットコインはAmazonで使える!?便利な使用方法!

現在日本国内では「ビットコイン」の使用できる店舗は増えてきてはいますが、まだまだ普及が追いついていません。ですが、海外のユーザーも多く利用しているショッピングサイト「Amazon」では「ビットコイン」を使ってショピングをすることができます。そこで「Amazon」での「ビットコイン」の便利な使用方法を紹介します!

Amazonでショッピングを楽しむ

携帯で買い物をしている人のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (18800)

「Amazon」で「ビットコイン」を使用するには、ギフト券を使って支払いをするのが主な決済方法になっています。
また海外対応のサイトでは直接「ビットコイン」を使って決済することができます。
他のユーザーが代わりに支払いをしてくれて、割引額のみを払って商品を買うことができるお得にショッピングが利用できるサービスも過去に注目を浴びています。
スムーズに買い物を進めるなら事前に「ビットコイン」にてギフト券を購入しておくと便利です。

Amazonのギフト券を購入する

持っている「ウォレット」にログインすると、持っている「ビットコイン」を使用することができる機能があります。登録している「ウォレット」によって使用できるサービスは異なりますが「Amazon」が対応している場合は、一覧から「Amazonギフト券」をタップすることで簡単に持っている「ビットコイン」で、ギフト券を購入することができます。
ギフト券はコードとして発行されるので、お買い物の際にコードを入力することで購入した分の金額が差し引かれるようになっています。相手に贈る場合は「ギフトコード」を相手に教えることで送ることが出来るようになっています。
「Amazon」のギフトカードを購入する際の、手数料は特にかからないようです。
ですが「ビットコイン」を使用して購入するのでその時の相場によって価格が変動するので注意が必要です。

・レートの確認を忘れずに

ギフト券を購入する際にレートを確認していないと、現金で購入するより返って損をしてしまうこともあります。「ビットコイン」を売買するときと同じように、レートの確認を行ってから購入しましょう。またレートが低い時にたくさん買っておくのもおすすめです。

Amazonショッピングカートとリンクしているサービスも

「ビットコイン」を使用して購入できる専用のサイトから、注文をした場合そのサイトから「Amazon」に注文をしてくれるというサービスがあります。
こういったサイトを利用した場合は、持っている「ビットコイン」をギフト券に変えずに直接購入することができるので便利です。ですが直接「Amazon」よりショッピングをしたい場合は、少し手間に感じるかもしれません。今後リンクしているサービスも増えてくるかもしれません。
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

新しい形の資金調達方法として、また仮想通貨による投資手段として「ICO」が話題となっています。このICOとはどのようなものなのか、IPO(新規株式上場)との比較も交えて見ていきましょう。
じょにー | 151 view
ICOの可能性とリスクについて調べてみた

ICOの可能性とリスクについて調べてみた

そんなとき、何をさておき必要なのは、お金です。銀行に借りる? 株式を発行して投資家に買ってもらう? そうした従来の手法と違い、今、注目されているのが「ICO」。何かと話題の「仮想通貨」を使った資金集めです。世界では、ことしだけで1000億円を超える資金が集まったとも言われ、国内でも活用例が出始めています。
じょにー | 69 view
暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

暗号通貨市場には、2017年7月現在で約800種類以上のコインが誕生していますが、いくつかのコインはクラウドセールといわれるICO(イニシャル・コイン・オファリング)という手法で資金調達し開発しています。
じょにー | 50 view
なぜ匿名コイン「ジーキャッシュ」が上がると考えるのか+仮想通貨の闇に迫ってみた

なぜ匿名コイン「ジーキャッシュ」が上がると考えるのか+仮想通貨の闇に迫ってみた

コインチェックを見るとジーキャッシュがAlphaBayというサイトで、正式に採用されたことによって価格を順調に上げています。 倫理的な是非はともかく、Zcashはこれからも値上がりを続けると思いますので記事にしました。
じょにー | 196 view
仮想通貨応用の道を広げるジーキャッシュとは?

仮想通貨応用の道を広げるジーキャッシュとは?

Bitcoin(ビットコイン)をはじめとする、仮想通貨の認知度がここ数年で一気に高まっている。2017年には改正資金決済法が施行され、仮想通貨についても法律で規定されることになった。その結果、仮想通貨の取引所は法的根拠を持つ一方で、規制の対象にも組み入れられた。
じょにー | 72 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

悠斗 悠斗