2017年10月5日 更新

ICOとIPOの違いを分かりやすくまとめて、さらにICOの良さを伝えたい。

最近COMSAによって国内でも認知が急速に広まりつつあるICO。仮想通貨の世界ではICO、クラウドセールやプレセールといった先行販売のような企画が催されたりしていますが、それは一体どのようなものなのか、何が行われているのか調べてみました。

仮想通貨のICOとは?

Free photo: Mining, Ethereum, Market, Digital - Free Image on Pixabay - 2648005 (20505)

株の世界では、企業が投資家に公開前の株式を売り出すIPOというものがあります。
つまりは上場するので資金を調達するときに投資家から資金を調達するのに使われます。
または新規公開株や新規上場株式という制度が存在します。
このIPO株は、公募価格(IPO時の購入価格)よりも高い初値(公開後に初めてついた価格)になることが多く、IPOで購入した株を公開後すぐに売却する、いわゆる初値売りという定石戦略があることをご存知の方も多いかもしれません。
ただしIPOに参加するには株を売買する証券取引所を通して行い、さらに抽選を通らないと購入する権利がもらえないので、もどかしいところがあります。
またIPO自体にも制限されることも多く、個人投資家レベルだと中々参入障壁が高いのがデメリットであると言えます。

新鋭の仮想通貨ICO

Free illustration: Bitcoin, Coins, Gold, Money - Free Image on Pixabay - 2697333 (20506)

株のIPOと少し意味合いが異なるかもしれませんが、仮想通貨の世界でもICO(Initial Coin Offering)といって、仮想通貨取引所で公開される前のトークン(仮想通貨)を販売することで
開発者がその開発費用を調達する手段が存在します。
ICOはほかにもプレセールやクラウドセールなどと以前は呼ばれていましたが、これの意味するのは簡単に言えば、発表早期の段階で購入していもらえばもらうほど利益やメリットを多く設定していたということになります。
(※例えばCOMSAではベンチャーキャピタル向けの注目ICOはプレセール、通常のICOとはセールそのものが分けられています)
多くの場合でそのトークンは仮想通貨取引所へ公開されます。
その後出資者は開発企業への出資の対価として貰えたトークンを売りに出すことで、それがよい物であれば売却時に買い手がつけば高い差額の報酬を得ることが可能です。
海外のICOでは販売期間や販売発行数が決まっていることが多く、取引所公開後の利益を多く得ることが出来るプレミアムを作り出す要因にもなっています。

IPOと少し異なるICO

今は取引所でも多く販売されているイーサリアムやLiskでも開発段階ではプレセールが行われていました。
その結果は、イーサリアムは公募価格の10~15倍、Liskは5~8倍の値段がつけられていました。
他にもICOを開催した多くの仮想通貨で取引所公開後の初値がつくまでに大きな価格上昇を見せています。
さすがに現在ではこれほどの上昇は考えにくいのですが、きちんと投資に値する材料が整っていればIPOと同じく、仮想通貨ICOはとても手堅い案件だったのです。
公開されたその後、利確をもくろんだ投資家からイーサリアムは大量に売却されたので、一時期100円程度にまで単価をさげられてしまいました。
そういえば最近のICOでは初値売りという概念がなくなってきたのかそのものの単語をあまり耳にすることがなくなってきたように思えます。
立ち上がった後の売り抜けがあってもそれを余裕で挽回する要素があれば投資家が再投資を行い、利益を出したのちまた売る、安くなったら買うといった右肩上がりで値段が上がって価値が上がるためです。
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

仮想通貨の時によく聞くICOってなんだ?その仕組みや内容を紹介!

仮想通貨の時によく聞くICOってなんだ?その仕組みや内容を紹介!

株のIPOという言葉はよく聞きますが、仮想通貨にも存在します。 情報の速さが物を言う世界なので、知識として持っておきたいですよね! そこで今回は、仮想通貨のICOの、仕組みや内容を紹介します。
じょにー | 60 view
暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

暗号通貨のICO情報が分かるサイトはどういうものなのかを解説!

暗号通貨市場には、2017年7月現在で約800種類以上のコインが誕生していますが、いくつかのコインはクラウドセールといわれるICO(イニシャル・コイン・オファリング)という手法で資金調達し開発しています。
じょにー | 52 view
ICOの時に情報を仕入れておき上場後の投資が狙い目?クラウドセールのイロハ

ICOの時に情報を仕入れておき上場後の投資が狙い目?クラウドセールのイロハ

仮想通貨取引所で取引が開始する前の仮想通貨の販売、つまりICO(Initial Coin Offering)では、上場直後に大きく値上がりする可能性のある仮想通貨を、上場前に購入することで割安に手に入れることができます。仮想通貨市場全体が成長時期にあるため、短期的な値上がりを見越して世界中の人がICOに参加しています。
じょにー | 48 view
ICOってよくきくけどクラウドセールってきいたことある?

ICOってよくきくけどクラウドセールってきいたことある?

COは暗号通貨経済におけるIPOのようなものである。IPOはこれまでの伝統的な経済における証券取引所上の新規株式公開であるが、ICO(Initial Coin Offering)は企業またはプロジェクトが自らのトークンやコイン(従来の金融市場における株式のようなもの)を発行し資金調達を行うプロセスである。そしてそのトークンが暗号通貨取引所に上場されることである。
じょにー | 66 view
わずか数分で1億円調達も可能! 「ICO」成功の5つのポイント

わずか数分で1億円調達も可能! 「ICO」成功の5つのポイント

5月に本格稼働したばかりのスタートアップ企業がなぜ、構想段階のサービスのICOで、必要な資金の調達に成功できたのだろうか。その出来た理由とICOの可能性を探ってみた。
じょにー | 88 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー