2017年10月5日 更新

スタートアップ企業がICOを行うメリットについて

ICOの場合、商品や特典などで投資家に還元できない、公益性の高いプロジェクトなどでも資金調達が可能となります。 また、商品そのものを対価として渡すわけではないため、確実に有益なプロジェクトだとしても商品としては欲しくないという投資家からの投資機会を増やすことができます。

ICOはスタートアップにとって多くのメリットがあります。

まず、資金調達にかかる費用が安いことがあげられます。
どのツールやプランを使うかにもよりますが、ICOを行うにあたって、手数料がとても安く済むことが多く、近年注目されています。
この点は、初期のお金がほとんどないスタートアップにとっては心強いメリットでしょう。
次に、会社の株式を投資家を含めた第三者へ渡す必要がないという点があげられます。
基本的に上場をすると、資金を得られる代わりに誰からかわからない買収の恐れや、株主構成比によっては会社の意思決定の自由度が下がる恐れも考えられます。
ですが、ICOでは株式を外部に渡す必要がありません。
投資家にとっては、投資した企業の株に代わるトークンの値段が上がれば上がるほど自らの利益になるため、企業の宣伝などを熱心にすることになるでしょう。
これらは資金の獲得のひとつの方法だけではなく、マーケティングの面での観点からもみるべきものがあります。
そしてスピード感を持った早い資金の獲得が可能だということにほかなりません。
素早い資金の獲得が可能となるため、つまり市場の流れに乗った鮮度の高い企画をすぐに立ちあげることもできるようになるのがICOのメリットです。

海外でのICOの現状

Free photo: Shanghai Bund Night - Free Image on Pixabay - 1213148 (20397)

海外におけるICOによる資金の獲得やメリットを与えるのは非常に注目されていて、海外では数十億を稼ぐビックプロジェクトがいくつも生まれています。
例えば、ウェブブラウザのFirefoxやメールのthunderbirdを開発しているMozillaの前CEOのBrendan Eich氏がたICOで新規の会社を立ち上げた際は数時間で数十億をかっさらっていくなど、実績を残している人にも非常にやりがいのある企画となっています。

他にもイーサリアムでつくられた分散型のモバイルメッセージングプラットフォーム「Status」は、3時間あまりでで2~300億円を調達して、この界隈の人たちも衝撃を受けておりました。

また最近ですと、アメリカのゴールドマン・サックスが草創期のスタートアップベンチャーの資金調達をどのように行っているかを調査したそうです。それによると、2017年6月〜7月において、今まではベンチャーキャピタルから回収していたのがICOからの調達に切り替わってきているということです。
また、2017年4月の時点ではまだ100億円ほどだったICOによる資金調達が、5月までに250億円以上と2倍以上増えており、6月には600億円ほどにまでふえているということでした。

ICOでの資金調達は世界的なトレンドになってきていて注目度も高く、今後も大型調達のニュースが次々と聞こえてくるのではないでしょうか。

日本国内でのICOは?

Free photo: Search Engine, Google, Men, Staff - Free Image on Pixabay - 2610773 (20398)

実は日本では、世界で一番早く仮想通貨の法が成立しており、仮想通貨の取り扱い業者は内閣総理大臣の許可の登録を受けた仮想通貨交換業者でないと事業をすることはできません。

いろんな問題や前例がなく不安になることもある仮想通貨ですが、日本で事業を行っている取引所などはある程度安全だと言えるのではないでしょうか。

また、今後金融庁から好んされた仮想通貨が発表される予定で、金融庁に許可されないと今後国内の取引所で売り買いが不可能になるといわれています。
また、それにより仮想通貨の貨幣価値も大きく変わってくると予想されます。

これを受け、仮想通貨取引所の「Zaif」を運営しているテックビューロ社では、仮想通貨法を法的な根拠として2017年10月2日にICO事業を開始することを発表。大変な話題を呼んでいます。
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ICOってよくきくけどクラウドセールってきいたことある?

ICOってよくきくけどクラウドセールってきいたことある?

COは暗号通貨経済におけるIPOのようなものである。IPOはこれまでの伝統的な経済における証券取引所上の新規株式公開であるが、ICO(Initial Coin Offering)は企業またはプロジェクトが自らのトークンやコイン(従来の金融市場における株式のようなもの)を発行し資金調達を行うプロセスである。そしてそのトークンが暗号通貨取引所に上場されることである。
じょにー | 66 view
わずか数分で1億円調達も可能! 「ICO」成功の5つのポイント

わずか数分で1億円調達も可能! 「ICO」成功の5つのポイント

5月に本格稼働したばかりのスタートアップ企業がなぜ、構想段階のサービスのICOで、必要な資金の調達に成功できたのだろうか。その出来た理由とICOの可能性を探ってみた。
じょにー | 88 view
話題の”ICO”とは一体何か

話題の”ICO”とは一体何か

仮想通貨を利用した資金調達の方法として、ICOに将来性はあるものの、IPOに比べると開示される情報も乏しく、制度としては未成熟と言わざるをえません。 また、資金調達側には非常に魅力ある仕組みですが、投資家にとって、現在のような期待感だけでトークンの価格が上昇するバブル的な様相が長く続くとは思えません。
じょにー | 59 view
ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

新しい形の資金調達方法として、また仮想通貨による投資手段として「ICO」が話題となっています。このICOとはどのようなものなのか、IPO(新規株式上場)との比較も交えて見ていきましょう。
じょにー | 158 view
仮想通貨の時によく聞くICOってなんだ?その仕組みや内容を紹介!

仮想通貨の時によく聞くICOってなんだ?その仕組みや内容を紹介!

株のIPOという言葉はよく聞きますが、仮想通貨にも存在します。 情報の速さが物を言う世界なので、知識として持っておきたいですよね! そこで今回は、仮想通貨のICOの、仕組みや内容を紹介します。
じょにー | 60 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー