2018年4月30日 更新

ICOの可能性とリスクについて少し勉強してみた

ICOを利用して投資をしようとしている人も受けようとしている人も考えなければならないのはリスクヘッジだと思います。 投資を行う異常必ずというものはないので、リスクを限りなく減らす努力をしましょう。

新しいコインが売られている

ICOとはInitial Coin Offeringの略です。
で、そのICOですが、簡単に言えばまだ見ぬ新しい仮想通貨を買うことが出来るといえばわかりやすいでしょうか。
例えば、「新しい飲食店を始めたいな」 そんな発想をした会社が必要なお金を集めようと、web上で、コイン(=通貨の概念がないので「トークン」とも呼ばれます)を発行して売り出します。
「トークンを持っている人は、いつでも1割割り引きます!」 株主優待のイメージを持ってもらえたらわかりやすいかと思います。

そして、「この飲食店は人気が出るんじゃないか」 「割り引きを受けられるなら買ってもいいかな…」 そう思った人が、トークンを購入する=投資をします。

インターネット上の資金調達という点でクラウドファンディングとも似ています。
ですがICOでは、現金のやり取りは行われません。トークンを買うときに支払うのは、イーサリアムやビットコインといった、現金ではなく仮想通貨になります。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining
Free illustration: Bitcoin, Economy, Currency, Finance - Free Image on Pixabay - 1995333 (20380)

ベンチャー成功率の6%にICOを当てはめて戦略を考える

ちなみにベンチャー企業が生き残る確率はおおよそ6%前後と言われてます。
これをICOの世界に当てはめると、”94%の確率でトークンのホールドは失敗をする”とも言い替えることができるのです。
ここから考えられる戦略は2つあります。
1つ目は、話題性の高いICOに参加して、2~10倍などある程度値上がりしたら売り抜いて資金を調達。
その資金で他のICOに参加して、また高値で売り抜けを繰り返していく方法がある意味一番手堅いです。
その後最終的にはビットコインやイーサリアムに換えて利確した方が吉と出やすいんじゃないかと思います。
トークンマーケットなんかでも話題性をチェックできます。

2つ目はベンチャー成功率の統計の6%に賭ける方法。
6%が成功するなら、ICOに16件参加して成功するのは1件は利確できる計算になります。
ICOプロジェクトがあたればトークンの値上がりが100倍以上は利益が出ると判断するなら、80件のICOに10万円ずつ出資すれば合計800万円。
そのうち1件が大成功してトークンが100倍以上値上がりしたらトータルでプラス、損はしないという計算。
この計算でいくと、沢山のICOに参加するほど儲かる可能性は高いですが、資金が必要になってきます。

ただし、ICOは2017年現在、法的なルールがほとんど整えられていないので、主催ハードルが高くないのを考えると、成功率は6%なんてものにすら届かないかもしれません。

ICOが増えると投資も分散されるゆえ、値上がり確率も低くなる

Free photo: Thinking, Thinking Work, Man, Face - Free Image on Pixabay - 272677 (20379)

これだけICOにでてくるものがおおくなるとどうなっていくのか。

まず資金が分散して調達できる金が少なくなります。
ユーザーからの関心が散りやすくなって、参加したICOで得た仮想通貨があまり値上がりしないということもあります。
当然、ICOをしてトークンだけは配布した後に、プロジェクトを進行しない、という悪事も多くなるでしょう。

仮想通貨の取引所にしても、安心できるものでなければ扱うことはありません。
ICOに参加した銘柄が取引所へとあがらずにそのまま未上場で息をし続けるというケースも起こりうると思います。
ICOでは新しく上場してくるトークンを買うことができますが、全てのICOが成功するわけではないため、購入の際には色々と注意が必要です。
また、一時的に値上がりしてもまた下がってしまうこともあるので、ある程度利益を確定したら一旦売って次へというように次々乗り換えていくのが稼ぎやすい方法ではないかと思います。

line

アルトコイン訴求
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーン技術がもたらす革命は、今や医療分野にも到来しようとしている。現在、患者の医療情報を保管する電子健康記録(EHR)と電子カルテ(EMR)のデータは、互換性がない上に不完全な場合がほとんどだ。
管理者3 | 131 view
PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン、以下PARKGENE)は、世界初のブロックチェーン上の駐車サービスです。
管理者3 | 210 view
KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

ブロックチェーンベースのユーザー認証プラットフォームKYС.LEGAL(ケーワイシー・リー ガル、以下KYC.LEGAL)が、提供する認証サービスの第二ステージをローンチする体勢を 整えた。
管理者3 | 119 view
トップ・アドバイザーがKYC.Legal(ケーワイシー・リーガル)チーム に参加

トップ・アドバイザーがKYC.Legal(ケーワイシー・リーガル)チーム に参加

KYC.Legal社は、Know Your Customer(KYC、顧客の身元確認のこと)のニーズを満たす、ブ ロックチェーン技術をベースとした、迅速で信頼性の高い個人識別システムを開発している。
管理者3 | 91 view
ICOによって資金調達をしている背景

ICOによって資金調達をしている背景

ベンチャー系の会社が最近資金調達をICOを通じて行っているという話を聞きました。 そもそもICOって何という人やメリットがわからないという人もいると思うのでそのあたりを考えてみたいと思います。
じょにー | 190 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー