2017年10月27日 更新

一般的なパソコンでも可能なモネロのマイニング

匿名性が売りの仮想通貨「モネロ」をマイニングしてみましょう。モネロはCryptoNightという採掘アルゴリズムを採用しているため、CPUを使用して一般的なパソコンでマイニングすることが可能です。

モネロとは?

モネロは仮想通貨の一種で、匿名性を売りにしています。
エスペラント語で、「コイン」「硬貨」という意味から名づけられました。
時価総額は2017年10月の時点では、1500億円ほどで、10位になっています。
ビットコインのソースコードを元にした仮想通貨は多数ありますが、モネロはビットコインのソースコードを元にせず、
匿名性に特化したCryptoNightアルゴリズムを採用しているバイトコインという仮想通貨のソースコードを元に開発されています。
モネロのアドレスは閲覧用と送金用の2つの秘密鍵から構成されており、ビットコインの27~34文字に比べると非常に長い95文字になっています。
送金の際にはワンタイムアドレスを生成して送金を行い、
取引履歴にはワンタイムアドレスが残りますので、外部から取引内容を追うことができない仕組みになっています。
それにより高い匿名性を誇っています。
また、ブロックサイズの制限が無く、ビットコインのようなスケーラビリティの問題が起こりません。
そのため、ビットコインでは取引に10分ほどかかりますが、モネロでは2分ほどで取引が完了します。
 (20625)

CPUを使用して一般的なパソコンでのマイニングが可能

時価総額1位のビットコインでは、世界中で多くの人がマイニングをしているため、マイニングの難易度が大幅に上昇してしまい、個人が一般のパソコンでマイニングするのは不可能に近く、大規模にASICという専用の機器を使ってマイニングするしかなくなっています。一方で、モネロは、まだ難易度が高くなく、CryptoNightという採掘アルゴリズムを採用しているため、CPUを搭載した一般のパソコンでマイニングすることが可能です
モネロをマイニングをするためには、まずMinerGateというサイトに登録し、マイニングツールをダウンロードしてパソコン上で実行しておくだけと簡単にできます。
MinerGateには、Linux用のマイニングツールも用意されているので、VPSのようなレンタルサーバーにインストールしてマイニングすることも可能です。
実際に自宅のパソコンでマイニングした人のブログによると、1ヶ月で0.04XMR(約440円)マイニングできたとのことでした。
5 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サラリーマンの副業としてのマイニング

サラリーマンの副業としてのマイニング

会社勤めをしている方々は、しばしば収入に関する不満感を抱いています。何とかそれを増やそうと望んでいる方々も多いですが、その解決策として、マイニングが浮上する事があります。それを副業として検討しているなら、赤字対策は必要です。
うーた | 60 view
マイニングの専用マシンとパソコンの購入コスト

マイニングの専用マシンとパソコンの購入コスト

仮想通貨のマイニングを行う手段は、複数あります。パソコンで、その作業を行う事も可能ではあります。しかし処理能力の問題もありますから、専用マシンが検討される事も多いです。導入コストの問題もありますし、まずはパソコンで試してみるのがおすすめです。
うーた | 55 view
クラウドのマイニングとその元本割れのリスク

クラウドのマイニングとその元本割れのリスク

マイニングには、クラウドというタイプがあります。マイニングを行っている専門の業者に、投資をしていく手段です。それには色々なメリットがありますが、元本割れには注意が必要です。しかし、それは自力のマイニングにも同じ事が言えます。
うーた | 22 view
仮想通貨のマイニングに関する機器とその性能

仮想通貨のマイニングに関する機器とその性能

仮想通貨のマイニングは、処理能力に左右される一面があります。能力が高いのが望ましい訳ですが、マイニングで使用する機器などは、1つのポイントになります。高性能なマシンなら能力も高いですが、コストも高めになる点は注意が必要です。
うーた | 55 view
本当に仮想通貨のマイニングは稼げないのか

本当に仮想通貨のマイニングは稼げないのか

マイニングに関しては、たまに誤解が生じている事があります。電気代の分は、決して元が取れないと解釈されている事もあるのです。確かに少し前などは、そのような状況も多くありました。しかし最近では、マイニングは十分に元が取れる傾向があります。
うーた | 110 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ