2018年1月6日 更新

PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン、以下PARKGENE)は、世界初のブロックチェーン上の駐車サービスです。

PARKGENE(パークジーン、以下PARKGENE)は、世界初のブロックチェーン上の駐車サービスです。
私たちは皆、家やホテル、ホステル等の宿泊施設の短期リースまたは賃貸情報を提供するオンライ ン市場を知っている。 AirbnbやHomeAwayなどの企業により、賃貸人は宿泊施設の選択肢が突 然大幅に広がり、ホストは新たな副収入源を見つけた。ホームタウンではない都市では、少ない 隣人、便利さ、そして所属感によって、ホームステイの快適さが得られる。
そして、その快適さは、 ホテルに滞在する多くの人に好まれる。もしこの方法で宿泊施設を改善することができるのであ れば、駐車場はどうだろうか?
駐車場は、世界中の何百万人もの人々にとって頭痛の種だ。コンピュータやスマートフォンを使っ て駐車場を事前に借りることができたらどうだろうか?長い時間検索をせずに駐車場を確保でき るとしたらどうだろうか?目的地で最も安い駐車場を選ぶことができ、コストの計算に頭を悩ま せる必要もなくなる。このアイデアは決して新しいものではない。今まで、取引および課税の問題、 スケーラビリティの欠如、そしてマーケティング費用の高さが問題となってきた。 PARKGENEプロジェクトは、ブロックチェーン技術によりこれらの問題を解消し、1,000億ドル の駐車産業を解放し、革命を起こすことができると考えている。そのビジョンは、ブロックチェー ンベースのP2Pアプリケーションを通じて、運転手を駐車場の所有者の架け橋となることだ。

「駐車場業界には大きな未開拓の可能性があると私たちは信じています」とPARKGENEのCFO、 Nikolas Skarlatos(ニコラス・スカルラトス)氏は述べている。 彼は続けて、「今日の駐車サー ビスの大部分は、駐車スペースを長期間購入する必要があり、短期間しか駐車場を必要としない ドライバーにはほとんど代わりの選択肢がありません。ブロックチェーン技術とスマートコントラ クトを利用することにより、効果的にこのニッチを埋めることができ、ドライバーにより良い駐 車体験を提供することができます」と述べた。 PARKGENEプラットフォームを使用して、ドライバーは適切な駐車スペースを見つけ、予約でき る。その予約はPARKGENEスマートコントラクトを開始する。このアプリは、駐車料金の全額を GENEトークンあるいはフィアット通貨かBTC、ETHで支払うことができ、運転手の暗号通貨ウォ レットから保管所に転送する。それが正常に完了すると、当事者は、スマートコントラクトを、 Ethereum(イーサリアム)ブロックチェーンネットワーク上で入力して確認し、締結する。駐車 場所有者は、運転手が駐車スペースをチェックアウトすると、デポジットからGENEトークンのス マートコントラクトの最低80%を受け取る。契約の15%はPARKGENEの費用をカバーするため に使用され、5%は駐車場所有者と運転手にレビューや評価を通じてエコシステムをサポートする 場合に支払われる。プラットフォームのユーザーは、いつでもGENEトークンをフィアット通貨ま たは他の暗号通貨に変換することができる。
GENEトークン GENEトークンは、駐車料金を支払うための支払い手段として使用される。運転手はGENEトーク ンを使用して駐車場の所有者に支払い、所有者はGENEトークンを使用して、PARKGENE(P2P 駐車場)、PARKGURU(プロフェッショナルガレージ、市営駐車場)等のサービスと製品の支払 いが可能。
また、 PARKGENEプラットフォームやGENEトークンを用いて作られるサービスへも 同トークンでお支払いができる。 GENEトークンには有効期限がなく、PARKGENEウェブサイト /アプリで駐車場予約のためにそれを使用したり、他人へ販売することもできる。

PARKGENEは、ICOを実施し、世界的なマーケティングキャンペーンを実施するために必要なリ ソースを集めるために、ICOソリューションのリーディングサプライヤであるICOBoxと協力して います。トークンの販売は今年の冬、1月15日から2月19日まで行われ、購入依頼を受け取る順 で行われます。ユーザーには、3億5,000万のトークンが提供されるほか、販売の初期段階でトー クンを購入したいと望む人々にはボーナストークンの発行を含むインセンティブプログラムが提 供されます。ボーナスの額は、購入金額によっても異なります。
詳細については、

https://parkgene.ioを参照してください。
2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーン技術がもたらす革命は、今や医療分野にも到来しようとしている。現在、患者の医療情報を保管する電子健康記録(EHR)と電子カルテ(EMR)のデータは、互換性がない上に不完全な場合がほとんどだ。
管理者3 | 146 view
KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

ブロックチェーンベースのユーザー認証プラットフォームKYС.LEGAL(ケーワイシー・リー ガル、以下KYC.LEGAL)が、提供する認証サービスの第二ステージをローンチする体勢を 整えた。
管理者3 | 128 view
トップ・アドバイザーがKYC.Legal(ケーワイシー・リーガル)チーム に参加

トップ・アドバイザーがKYC.Legal(ケーワイシー・リーガル)チーム に参加

KYC.Legal社は、Know Your Customer(KYC、顧客の身元確認のこと)のニーズを満たす、ブ ロックチェーン技術をベースとした、迅速で信頼性の高い個人識別システムを開発している。
管理者3 | 99 view
ICOの可能性とリスクについて少し勉強してみた

ICOの可能性とリスクについて少し勉強してみた

ICOを利用して投資をしようとしている人も受けようとしている人も考えなければならないのはリスクヘッジだと思います。 投資を行う異常必ずというものはないので、リスクを限りなく減らす努力をしましょう。
じょにー | 624 view
ICOによって資金調達をしている背景

ICOによって資金調達をしている背景

ベンチャー系の会社が最近資金調達をICOを通じて行っているという話を聞きました。 そもそもICOって何という人やメリットがわからないという人もいると思うのでそのあたりを考えてみたいと思います。
じょにー | 204 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3

おすすめの記事

今注目の記事