2018年1月9日 更新

ビットコイン!Zaif ザイフとGMOコインbyGMOを比較

ビットコインは取引所で購入したり売ったりすることができます。販売所というところもありますが、販売所は管理者との取引になるため手数料込みの価格となっています。取引所は買いたい人と売りたい人という、ユーザー同士の取引になるので原則手数料はかかりません。

Zaif(ザイフ)とGMOコイン

 (21184)

ビットコインは2009年に誕生した仮想通貨です。仮想ですから紙幣や硬貨は存在しませんし、取引所というのもネット上にあるだけで、店舗があるわけではありません。すべてデータで取引します。取引所によって使い方が変わりますし、利用しやすいところとそうでないところがあります。どんな特徴やメリットがあるかは、使う人によっても変わります。

ビットコインは2017年8月にビットコインキャッシュ、10月にビットコインゴールド、11月にSegwit2xと分裂があります。すべて仮想通貨でビットコインから分裂する形となりますが、種類によって使い方が変わってきます。今後も期待度が大きいと言われている、ビットコイン取引所、ZザイフとGMOコインbyGMOを比較してみましょう。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ザイフとは?

 (21187)

Zaifは国内でも有名な取引所です。最大のポイントは手数料がマイナス0.01%というところです。0%でもお得に感じますが、マイナス0.01%の手数料はボーナスとして利用者に付与されます。ボーナス付与には本人確認が必要ですが、本人確認が済んでいれば利用できる範囲も広がりユーザーにもメリットは増えます。

登録はメールアドレスだけで仮登録ができます。確認メールを受信したら記載されているURLに飛び基本情報を入力します。本人確認まで完了すると手数料がボーナスとして付与されますし、コインの積立などもできるようになります。登録から利用まで手数料は一切かかりません。

ビットコインはすべてネット上での取引となるため、セキュリティ面の不安があります。Zaifはセキュリティ面でも万全の体制を整えているので安心して利用できます。Zaifの公式アプリを利用すれば、Zaif Exchangeというビットコイン取引所の利用が可能となります。ビットコインとトークンの送受信や取引ができる便利なアプリです。HDウォレット対応で秘密鍵はアプリが自動で暗号化し保存してくれます。
 (21189)

Zaifには他にも便利なツールがあり、今後もアップデートされていきます。ビットコインは常に相場が変動しているのでそれをいち早く知るための高機能チャートは便利です。売買の希望価格が出ると知らせてくれる通知機能、外部プログラムからビットコイン取引を確認できるAPIなどもあります。セキュリティ面では二段階認証を利用するので安心感があります。円を証拠金にしてビットコインなどの仮想通貨を借りる信用取引も可能です。これらはすべてZaifでツールとして利用できます。

ビットコインを初めて利用する場合、仕組みが理解できていないと取引画面を見てもよくわからないと不安になってしまいます。Zaifでは初めての人も安心して取引できるよう、簡単売買というシステムがあります。専用ページが用意されているので、そこから売買ができます。希望する数量を入れると自動で計算してくれるからとても便利です。簡単売買には1回の売買上限50万円相当、1日の上限5,000万円までという制限はありますが、取引相手を待つ必要がないから急ぎで売買したい人にもおすすめです。

GMOコインbyGMOとは?

 (21195)

Z.comコインbyGMOは、GMOグループが運営しています。GMOインターネットグループのサービスがビットコイン取引所でも活用されています。ビットコインの取引は、GMOコインで行います。

一般的な取引所とGMOコインの違いは、提示されている価格で取引ができることです。一般的な取引所には取引する人に有利な価格があるのに、最終的には不利な価格で取引されることが多くなり、知らない間に損をしてしまいます。また、金額が大きすぎると取引が成立しないといいうケースもあります。これでは想定していた価格とズレが生じたり、取引自体が成立しなかったりという残念な結果となってしまいます。

その点GMOコインでは、提示された価格での取引になるので知らない間に損をすることはありません。金額が500円でも100万円であっても、提示価格で取引が成立します。円即時入金・出金、円出金、ビットコイン引き出しも手数料はかかりません。想定通りの金額で取引ができます。Z.comコインbyGMOにも専用アプリがあるから、アプリを利用すればパソコン以外にもスマホでの操作が可能となります。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ZaifとZ.comコインbyGMO利用するならどっち?

 (21192)

ZaifとZ.comコインbyGMOは、どちらにもメリットがあります。これからビットコインを始めるなら、操作が簡単なZaifがおすすめです。手数料がマイナス0.01%とお得だから余計な費用をできるだけかけたくない人にもおすすめです。

Z.comコインbyGMOは提示価格で取引ができるから、自分の希望する価格での取引がしたい人におすすめです。セキュリティなども万全ですし、サポート体制も整っているから初心者から上級者まで幅広く利用できるのがポイントです。
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコイン・Zaif(ザイフ)とbitFlyer(ビットフライヤー)を比較

ビットコイン・Zaif(ザイフ)とbitFlyer(ビットフライヤー)を比較

ビットコインの取引所として有名な、Zaif(ザイフ)とbitFlyer(ビットフライヤー)どちらの取引所も同じと想うかもしれませんが、それぞれに特徴が有りますので、きちんと理解をした上で活用すると良いでしょう。
管理者3 | 267 view
ビットコイン取引!BITPoint(ビットポイント)とGMOコインbyGMOを比較

ビットコイン取引!BITPoint(ビットポイント)とGMOコインbyGMOを比較

ビットコインは仮想通貨という特性上、紙幣や通貨が存在しません。全てデータとして管理され、ネット上にある取引所での売買を行います。ビットコインは円やドルのように国により通貨が異なることはなく、全世界共通です。利便性も高く投資などにも利用できることから、世界中で取引されています。
管理者3 | 106 view
bitbank.cc(ビットバンク)とみんなのビットコインを比較

bitbank.cc(ビットバンク)とみんなのビットコインを比較

ビットコインは取引所で売買するのが一般的です。売りたい人と買いたい人が直接交渉しながら取引をするので、希望額によってはすぐに取引できない場合もありますが、原則手数料がかからないのがポイントです。世界中で取引が行われていますが、日本国内にも取引所があるので初心者でも気軽に参加できます。数ある取引所の中から、bitbank.ccビットバンクとみんなのビットコインを比較してみましょう。
管理者3 | 67 view
ビットコイン取引ができるFisco(フィスコ)とKraken(クラーケン)を比べてみよう

ビットコイン取引ができるFisco(フィスコ)とKraken(クラーケン)を比べてみよう

ビットコインを使った取引は、仮想通貨取引所を利用する必要があります。国内でも利用できる取引所は増えており、取引所による特徴の違いもあります。今回は、人気のFisco(フィスコ)とKrakenクラーケン の特徴やセキリュティについて比べてみましょう。
管理者3 | 72 view
AMLビットコイン、新シンボルでICOの第3フェーズをローンチ

AMLビットコイン、新シンボルでICOの第3フェーズをローンチ

反マネーロンダリングとKYCプロトコルをコードに統合した世界で唯一の特許出願中の電子通貨、AMLビットコイン(英表記:AML BitCoin)を創立したNAC財団 LLC(有限責任会社)にとって、慌ただしい新年の始まりであった。
管理者3 | 48 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3