2018年4月2日 更新

手数料が格安の分散型マイクロタスクマーケットプレイス「ストーム」

ストームマーケットは、分散型マイクロタスクマーケットプレイスで、手数料は1%程度と従来の集中型のマイクロタスクマーケットプレイスと比較して大幅に安く、187ヶ国において合計25万人以上のアクティブユーザーに利用されています。

ストームマーケットとは?

ストームマーケットは、数分でできる簡単な仕事を人に振ったり、請け負ったりできる分散型マイクロタスクマーケットプレイスです。
日本だとランサーズやクラウドワークス、海外でもFiverr、Upworkのような集中型のマイクロタスクマーケットプレイスがありますが、これらのサイトでは取引額の20%程度が手数料として取られてしまいます。
一方、ストームマーケットの場合は、仮想通貨「ストーム」を使用することで、手数料が取引額の1%とイーサリアムガスコストのみで取引でき大幅に手数料が安くなります。
 (25966)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining

ゲーミフィケーションの仕組みにより効率的に

タスクのやり取りをゲーム感覚で行えるゲーミフィケーションが組み込まれており、ゲームをするような感じで楽しみながら効率的に作業をして稼ぐことが可能です。
ゲーミフィケーションとは、ゲームの要素をゲームとは別の分野で応用することで、ユーザーのモチベーションアップにつながります。
ストームマーケットの場合は、ランクがディスカバリーフェーズ、オンボーディングフェーズ、ハビットビルディングフェーズ、マスタリーフェーズの4段階になっていて、作業者がゲーム感覚でランクアップしていくようになっています。
ストームマーケットを利用するにはストームプレイというアプリケーションをインストールして利用します。ストームプレイは187ヶ国で利用されており、ダウンロード数は150万を超えています。月間アクティブユーザー数は25万人以上にもなります。
作業者は、作業が完了すると、ストームトークンで報酬を受け取れます。

line

バイナンスにも上場

2018年3月12日には、バイナンスに上場しました。
STORM/BTC、STORM/ETH、STORM/BNBの通貨ペアがあります。
他には、バンコールネットワーク、コインレール、ヒットビーティシー、コインネストなどで取引できますが、バイナンスの取引ボリュームが圧倒的に多いです。
Ledger Nano S(レジャーナノエス)
アルトコイン訴求
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

誰でもどんな環境においても稼げる仕組みを作り出す「ストーム」

誰でもどんな環境においても稼げる仕組みを作り出す「ストーム」

ストームは、誰でも、いつでも、どこでも、どんなデバイスを使っていたとしても簡単な作業をして稼ぐことができるマイクロジョブ向けのプラットフォームです。ビットレックスのCEO、ジンガの創業メンバー、イーサリアムの創業メンバーなど錚々たるチームメンバーで構成されています。
しょーじ | 54 view
支払いに使うと最大5%の報酬が受け取れる仮想通貨「メタル」

支払いに使うと最大5%の報酬が受け取れる仮想通貨「メタル」

メタルは支払いに特化したプラットフォームで、ペイパルのようなインターフェースで少額の支払いを手軽に行え、支払金額の最大5%の報酬がもらえます。
しょーじ | 35 view
支払いに特化しており、電話番号で送金できるプラットフォーム「メタル」

支払いに特化しており、電話番号で送金できるプラットフォーム「メタル」

メタルは、支払いに特化したプラットフォームで、イーサリアムのブロックチェーンを活用して作られています。あらゆる仮想通貨のブリッジとなることを目的にしています。 電話番号を使って短時間で送金できる仕組みになっています。
しょーじ | 40 view
債権債務の管理や、貸し借りの記録に特化したブロックメイソン

債権債務の管理や、貸し借りの記録に特化したブロックメイソン

ブロックメイソンは、イーサリアムのブロックチェーン技術を活用し、債権債務の管理や、貸し借りの記録に特化したプロトコルです。 それを利用することにより、誰が誰に対していつの時点でどれだけの負債を負っているかを記録可能で、個人間でのお金の貸し借りに活用できる見込みです。
しょーじ | 41 view
第三世代の仮想通貨と呼ばれているアイオンの将来性

第三世代の仮想通貨と呼ばれているアイオンの将来性

アイオンは第一世代のビットコイン、第二世代のイーサリアムなどと比較し、第三世代と呼ばれています。第三世代では、異なる仮想通貨のブロックチェーンをつなぎ、相互に通信できます。
しょーじ | 436 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ