2018年1月25日 更新

CannaSOS(カンナエスオーエス)は、ブロックチェーンソリューションで医療用大麻の問題解決を目指す

 (23051)

カナダの連邦政府が大麻の販売と使用を合法化する準備をしている一方で、世界中の医療従事者は、製品の宣伝、銀行取引、クレジットカード決済などのごくシンプルなビジネス活動の際にも、まだまだ問題に直面している。

さまざまな管轄の規制が不均一であるため、POS(Point-Of-Sale)取引は引き続き業界にとって未開のままだ。カナダに拠点を置くCannaSOSは、2月末まで行われるPerksCoin(PCT)ICOを通じてこれらの障害に終止符を打とうとしている。

同社の共同設立者であるDaniel Cheineは、ブロックチェーン技術のセキュリティは、今日の医療用大麻取引が直面している現実的な問題を解決すると主張している。「今ブラジルにいて、ウルグアイにいる男と仕事をしていると想像してみて下さい。その人はあなたを騙し、あなたのお金を受け取っているのに、あなたに製品を渡さないということが起こり得ます。

しかし、セキュアセールでは、サプライヤに金額を支払い、サプライヤがあなたに製品を送るまで、PerksCoin Transaction Platform(以下PCT、パークスコイン取引プラットフォーム)は代金を保持します。2日間で、製品の受領を確認した後、 暗号通貨はそのサプライヤに送られます。そうでない場合は、パッケージを返して、あなたの暗号通貨(または現金通貨)を元に戻します」と彼は述べた。

CannaSOSのPCTはまた、企業決済を可能にし、医療用大麻業界の企業による広告を容易にするための支払い手段として、また、オンライン店舗での支払い手段として使用できる。そして、取引手数料を払う必要はない。 「ボラティリティーの少ないビットコインと考えてみて下さい。PayPalにおける消費者保護のようなセキュアセールサービスを提供し、トランザクション処理は数秒しかかからず、すべての主要な暗号通貨とフィアット通貨が利用できるユニバーサルウォレットと、盗難の際にリカバリーが可能なウォレットを兼ね備えています 」とDaniel Cheineは語った。

医療用大麻に焦点を当てたCannaSOSプラットフォームは、世界中の専門家、医師、診療所、研究者、愛好家を結ぶ世界一のピアツーピア大麻資源とソーシャルスペースを目指して、2014年に発足した。 CannaSOSは1,020のビジネスページを持ち、317,000を超える登録済み購入者を有し、年間250万人が定期的にサイトにアクセスしている。プラットフォームは十分に確立されており、ユーザー間で共有する高品質のコンテンツを制作する加入者に報酬を与えるロイヤルティプログラムの一部として既にPerksCoinsを使用している。しかし、創業者たちは、トークンの公開販売を行うことは、CannaSOSプラットフォーム外での外部利用を促進することを可能にするとすぐに認識した。
同社は最終的に医療用大麻業界以外の組織と戦略的パートナーシップを構築することを目指しているが、Daniel Cheineは大きな野心を抱いている。
「今後5年間でPerksCoinがトップ10の暗号通貨になることを確信しています」。もちろん、その目標を達成できるかは、CannaSOSが大規模な顧客基盤を持つ企業といくつ戦略的パートナーシップを築くことができるかに依存する。 Cheineはその目標は達成可能であると考えている。 「パートナーの1つは、2020年までにPOSを使用して20万の店舗を持つ予定であり、これは約1億人のユーザーとなります。つまり、PerksCoinユーザーが1億人に達する可能性があるということです」と彼は述べた。また、彼は、パートナー企業がPerksCoinを自社の顧客に報酬として提供し、PCTの使用をさらに拡大できると指摘した。 Cheineは、PCTの人気が非常に高くなると考えている。レストラン、ガソリンスタンド、カフェ、大規模な小売店などでも使用される可能性があるためだ。

昨年11月にPCT ICOがスタートし、現在までに1640万トークン超を売り上げ、現在同社は20,616,116.26ドルと評価されている。 同社は、SaaS ICOソリューションの有力プロバイダーであるICOBoxの支援、アドバイスを受けている。ICOBoxの共同設立者であるNick Evdokimovは、「CannaSOSは、ブロックチェーン技術と暗号通貨が、業界が直面する固有の障害をどのように解決できるかを認識しており、顧客やコミュニティのエクスペリアンスを向上させる優れたプロジェクトを開発している」と述べた。

PerksCoinトークンの販売は2018年2月28日まで続き、PCTは$ 0.80の価格で提供されている。 2月19日までならウェブサイトから15%割引で入手できる。詳細については、

http://www.cannasos.com/crowdsale-ico

のCannaSOS クラウドセールサイトを参照。
3 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

トークン保持者、ICOプロジェクトの要請ラッシュに応える

トークン保持者、ICOプロジェクトの要請ラッシュに応える

最近ICOBoxが彼らのトークンの保持者に5つの異なるICOSプロジェクトについてチャンスを提供したところ、トークン保持者からの反響は圧倒的なものであった。限定数量トークンが各プロジェクトについてそれぞれ提供され、その内のいくつかは募集枠を上回る申込みがあった。
管理者3 | 35 view
暗号通貨の成長により各ICOがトークン価格を見直しへ

暗号通貨の成長により各ICOがトークン価格を見直しへ

継続的成長の期間のあとETHとBTC価格は最近大きく変動し、ビットコイン価格は2017年12月17日、19,783ドルという最高値を付けその後14,129ドルへと大晦日に下落し、本稿時点で10,654ドルである(参照元:コインデスクBitCoin価格指数)。2017年の持続的な暗号通貨の成長のおがげで、2018年1月の調整より前、多数のICOが市場を勘案してトークン価格を引き下げる必要を感じていた。
管理者3 | 137 view
史上初の分散型インフルエンサーマーケティングエコシステムのICOに先立ちICOBoxと SocialMedia.Marketが協業

史上初の分散型インフルエンサーマーケティングエコシステムのICOに先立ちICOBoxと SocialMedia.Marketが協業

ブロックチェーンベースのインフルエンサーマーケティングプラットフォーム「SocialMedia.Market」がつい先日、SaaSソリューション提供元大手ICOBoxと契約を結んだ。
管理者3 | 78 view
DarentaがICOをローンチ、中国の個人カーレンタル市場シェアの5 割以上を目指す

DarentaがICOをローンチ、中国の個人カーレンタル市場シェアの5 割以上を目指す

国際的な自家用車レンタル(カーシェアリング)向け分散型ITプラットフォームDarenta は、12月31日にProducTokens (PROD)のパブリックセールを開始する。
管理者3 | 107 view
リプトの専門家デイビッド・ドレイク、グローバルテレコム業界にブロックチェーンをもたらすため Bubbletone(バブルトーン)に参画

リプトの専門家デイビッド・ドレイク、グローバルテレコム業界にブロックチェーンをもたらすため Bubbletone(バブルトーン)に参画

世界初のテレコム向けブロックチェーンのBubbletone(バブルトーン)は、著名投資家でクラウドファンディングのパイオニアであるLDJ Capitalの会長、デイビッド・ドレイクが本テレコムプラットフォームにアドバイザーとして参画すると今週発表した。
管理者3 | 93 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3