2018年3月11日 更新

またまたハードフォーク!?ビットコインプライベートとは?

ハードフォークが頻繁に行わているビットコインですが、2018年2月28日にはジークラシックとの共同ハードフォークで匿名性が特徴のビットコインプライベートが誕生しました。

2018年2月28日に共同ハードフォークによって誕生

ビットコインプライベートは2018年2月28日にビットコインとジークラシックの2つのコインから共同ハードフォークによって生まれたコインです。
ジークラシックの匿名性をビットコインのブロックチェーンに組み合わせて、匿名性の高いビットコイン
というコンセプトで作られています。シンボルはBTCPです。
ジークラシックは、2016年11月にジーキャッシュからハードフォークされて生まれました。ジークラシックとジーキャッシュはマイニング報酬が違う程度で機能的な差はほとんどありません。
 (25615)

匿名性が特徴

ジークラシックと同じ匿名技術「zk-snarks」が引き継がれています。これはゼロ知識証明とも呼ばれており、相手には情報の内容を公開せずとも情報自体は知っているということを証明できる技術で、それにより、
取引があったことだけはブロックチェーン上に残りますが、送信者、受信者、金額などの取引内容は匿名化されています。
ブロックサイズはビットコインの2倍の2MBになっており、ブロック間隔は2.5分となっています。そしてブロック毎に難易度の調整が行われます。ビットコインは最近取引量が増加するものの処理が追い付いていないスケーラビリティ問題が発生していましたが、それを解決できるものと期待されています。
マイニングアルゴリズムは、EQUIHASHという方式が用いられており、GPUでマイニングを行います。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining

1:1の比率で分配される

ビットコインの保有者と、ジークラシックの保有者にそれぞれ1:1の比率で分配されます。事前に関係者のみマイニングするプレマイニングや、開発者への事前の報酬を付与するなどの仕組みは導入されておらず、公平な分配方式になっています。300万ZCLと1670万BTCに対して分配されますので、ハードフォーク後には、1970万BTCPが流通することになります。

line

対応ウォレット

ジークラシックの公式サイトでは、ELECTRUM、FULL-NODE WALLET、COINOMI、PAPERの4つのウォレットに対応しているしておりこれらのウォレットにビットコインやジークラシックを入れておくとビットコインプライベートがもらえます。
Ledger Nano S(レジャーナノエス)
アルトコイン訴求
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコイン分裂で生まれたビットコインキャッシュを紐解いて考えていく

ビットコイン分裂で生まれたビットコインキャッシュを紐解いて考えていく

ビットコインのフォークが行われることで資産がどのように増えるのか、そのごどういうことがおこるのか。そういったことがあまり知られてないこともあるので知っておくべきポイントをまとめます。
じょにー | 102 view
分裂騒動でおこったビットコインとビットコインキャッシュの違いを知る

分裂騒動でおこったビットコインとビットコインキャッシュの違いを知る

ビットコインホルダーからしたらこの分裂問題は気になっていたところだと思いますが、持っていない人にとっても投資と考える場合重要なファクターになるので知っておくべきだと思ったのでまとめています。
じょにー | 91 view
仮想通貨の分裂の時に重要なキーワードになる「フォーク」とは何か。

仮想通貨の分裂の時に重要なキーワードになる「フォーク」とは何か。

色々と話題の仮想通貨のフォークですが知らないと損をするケースもあります。 分裂の際はそれで資産が増えることもあるので注意してみるのをお勧めします。
じょにー | 415 view
ビットコインゴールド(BTG)は海外取引所HitBTCで受け取る方がいいかもしれない件

ビットコインゴールド(BTG)は海外取引所HitBTCで受け取る方がいいかもしれない件

皆さんは新しいビットコインゴールドをどこで受け取りますか? いつも使っているところで模試受けてたら損をするのかもしれませんので早めに確認しておきましょう。
じょにー | 59 view
ビットコインキャッシュで話題になったハードフォークって何?

ビットコインキャッシュで話題になったハードフォークって何?

2017年8月1日、ビットコインがビットコインとビットコインキャッシュという2つの仮想通貨に分かれた際に行われたハードフォーク及びその対義語のソフトフォークの概念及び実際に行うとどうなるのかについて説明します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ