2018年1月12日 更新

世界で話題の仮想通貨「ビットコイン」!どのような危険が付いている?

現在世界で話題の仮想通貨である「ビットコイン」ですが、世界の金融を変えるといわれる背景には、どのような危険が付いているのか気になりませんか?便利なものには危険はつきものです。被害者にならないために知識を深めておきましょう。

仮想通貨とはどういうもの?

現在話題の仮想通貨「ビットコイン」はご存知ですか?世界の金融を変えるとも言われるほどの影響力を持った仮想通貨が誕生しました。しかし、その背景には大きな危険が隠されており、多大な被害を被ってしまう方も増えてきてしまうやもしれません。そうならないために、今から知識を深め、絶対に被害者の一人になってしまわないようにしましょう。
ビットコイントレードはなぜFXより危険で、魅力的なのか | BTCN|ビットコインニュース (1569)

インターネット上で流通している電子マネー。通貨の単位はBTC。紙幣・硬貨は発行されていないため、「仮想通貨」「デジタル通貨」などとも呼ばれる。流通を管理する事業主体や国家もなく、中央銀行のようなものも存在しない。米ドルや円など現実通貨との交換は、ウェブ上の「取引所」を通して行われるが、決済は金融機関を通さないため、諸経費や手数料などが発生しない。そのため、小口の売買やP2P(個人同士)の取り引き、とりわけ国境を越えた送金・決済に利用されている。
仮想通貨はネットで流通している通貨のことであり、電子マネーとは別物となっております。しかし、仮想通貨とは実際に紙幣として存在しない通貨のことも意味しているので、ビットコインや電子マネーといったものもすべて含めて呼ばれていることもあるのです。

実際には前者と後者には大きな違いがあり、混乱してしまう要因の一つなのですが、前者のことを仮想通貨としてお話を続けると、これは国や中央銀行のようなものを持たないで、ウェブ上の取引所を通して取引を行うものとなっているのです。

これだけ聞くと無法地帯のようなイメージを持たれる方もいますが、コンピュータネットワーク上に分散して保存される仕組みになっており、不安定な通貨とはなっていないのです。
ranking gate (1573)

危険な落とし穴

それでも落とし穴はあります。通貨としての価値が保証されているものではないので、通貨価値が下落してしまい大損してしまったとしても保証は一切ないのです。

株式の場合急激な下落があるとストップ安といったリミッターが付いているのですが、そのようなものはついていないのでものすごい速度で一瞬で下落してしまうことがあります。それが魅力ではあるのですが、リスクと一体なので注意してください。

そのため、気軽に「確実にもうかります!」と言われても簡単に頷いてはいけません。儲かる時もあれば失敗する時もあるものなので、絶対はあり得ないのです。
発行者や管理者が存在せず、通貨としての価値は保証されていないことが注意点です。
現状では、日銀や金融庁の監督も及んでいません!
だから、自己責任で使用しなくてはならないものなのです。
もし、通貨価値がなくなり、取引ができなくなっても誰も、保証してくれないので、泣き寝入りするしかないのです。
なぜなら、交換レートの動きが激しいからです。一時は1BTC=1000ドルを超えたのですが、500ドル前後まで落ち込んでいることだってあるのです!

便利だからっと言って日常で使うのは危険ですよね!
保有するビットコインがいきなり無価値になったら!!という不安も残ります。
円をたくさん交換して、使おうという気にまではならないです。

皆さんも使うのであればこの点を注意してくださいね!
一見、便利で使えそうですが、このような落とし穴があったのですね!安易な気持ちで使用してしまうと、取り返しのつかないことになってしまいます。現在では、マイナンバーなども導入されてきており、より理解の大切さが分かってくるようになりました。内容を理解している方が被害を受けることはほぼないといっても過言ではありません。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

流動性リスクがある?

流動性は世界で広まっているのは事実ですが、まだまだ高いとは言えません。そのため、流動性リスクも多少ははらんでおります。それでもビットコインが流通していたころに比べるとはるかにマシにはなっているのです。

流動性リスクが高いとまともにトレードを行うことができなくなってしまうので、売りたいのに売れないとか購入したいのに購入できないといった不便さが出てしまうこともあります。

そのような場合は販売所を使うことでリスク分散もできるものではあるのですが、販売所のほうが割高になることが多いので、覚えておいたほうが良いリスクと言えるでしょう。
流動性はお世辞にも高いとは言えません。時価総額は5,000億円程度で、国内株式銘柄の時価総額ランキングに当てはめるとちょうど240位くらい。
そのため、トレードする場合、買いたいところで買えない、売りたいところで売れないという状況が多発し、不便を感じることがあるかもしれません。また、急な値動きがあった場合には流動性が枯渇し、損が拡大することがあるのもリスクのひとつです。
ビットコイントレードはFXより危険!? | 仮想通貨24 (1580)

取引所リスクとは?

取引所リスクも忘れてはいけません。むしろ日本人ならこのリスクについて知っている人のほうが多いと言えるでしょう。日本で広めたマウントゴックス騒動では「ハッキングをして盗まれた」とされており、預けていたものが消失しました。

この事件の真相は保管していたビットコインを管理者が持ち逃げしたとされ、逮捕という形で一応の終息になりましたが、それでも消えたものは戻ってきません。そのため、取引所が本当に信用できるところなのかをよく理解しておく必要があります。
歴史が浅く、インフラや規制が構築されていないために未熟な部分が多くあることも留意しなければなりません。最も重要な部分は、「資産の分別管理」です。伝統的な証券会社やFX会社は、会社が破綻したとしても顧客の資産をすべて返還できるよう、徹底して資産を区分して保護するよう金融商品取引法により規制されています。
取引所の多くは直接ユーザーから預かり、一時的にサーバー上に保管しているところが殆どであるため、資産がハッキングの対象になることも多くあります。取引所毎にコールドウォレットなど最大限のセキュリティ対策を施していることが殆どですが、それでも完璧ではなく、少なからずの不安が残ります。
取引所が破綻した場合も、規制が完備されていないため預けていたビットコインが返還される保証がないことも明らかなリスクだと言えます。もしかしたら、「ハッキングを受けて盗まれてしまった」と言いながらも、実は、秘密裏に保管していたビットコインを管理者が持ち逃げしてしまうこともあり得るかもしれません。
取引所が本当に信頼できるセキュリティレベルを保っているのか、健全な状態で運営されているかどうかを充分に吟味した上で、使うか使わないかを選択する必要があるでしょう。
仮想通貨ビジネスセミナー (1584)

正体不明の仮想通貨

規制されている国が多いのはなぜか? 最大の理由は、国が管理していないのに、おカネの役割を果たすからだ。おカネは日本銀行のような中央銀行が発行し管理する。もし企業が勝手に発行したら、倒産しました=紙幣は紙クズ、となる可能性が高い。そこで国の中央銀行が責任を持って管理しているのだ。逆にいえば、国が管理していないビットコインはヤミ通貨に過ぎない。
1. 金額や物品・サービスの数量の記録
2. 事前に対価(料金)を支払う
3. 金額や物品・サービスの数量がわかるID番号を発行
4. ID番号を提示すれば、商品が手に入る
と、厳しい規定がある。これは商品券やカタログギフトも同様で、おカネに代わる権利を作るためには、発行者が申請/登録しなければならない。しかもプリペイドカードと名乗るなら、1.の通り「何円分」かの明記が必要なのに対し、ビットコインは相場によって変動するので500円分買っても、いくら分使えるのかはっきりしない。

この時点で「プリペイド」と名乗る資格すらないのだ。
仮想通貨ビジネスセミナー (1588)

ビットコインが正体不明の仮想通貨と言われる理由のは、やはり目に見ることのできないお金であるためというのが大きく感じられるでしょう。しかしながら、それは少し間違っています。単に目に見えないからと考えるのであれば電子マネーなども同じではないでしょうか?単純なものではなく、非常に複雑なものであるから、と考えるのが正でしょう。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインは実は危険!?盗まれ被害は膨大な額へ・・・?

ビットコインは実は危険!?盗まれ被害は膨大な額へ・・・?

ビットコインというのは、仮想通貨であり、手に持って使うようなお金ではありません。しかし、その便利さがゆえに注目を集め始めています。しかし、その裏には大きな危険が隠されており、盗まれ被害によって膨大な額を盗まれたという事例もあるのです。
j.pipipi_luv | 9,074 view
「ビットコイン」には危険があった!?どんな危険が隠されている?

「ビットコイン」には危険があった!?どんな危険が隠されている?

仮想通貨である「ビットコイン」とは、まだ世界に浸透しきっていないため、不完全なものであることに間違いはありません。ということは、その中身を理解していないがために、大きな被害を受けてしまう方というのも増えてくるでしょう。その一人にならないようにどのような危険があるのか知っておきましょう。
j.pipipi_luv | 31,795 view
ビットコインを使いたい!仮想通貨としてのメリットは何がある?

ビットコインを使いたい!仮想通貨としてのメリットは何がある?

ビットコインをいざ使うとしても、どのようなメリットがあるのかを知らなければ使う甲斐がなく、時間の無駄になってしまうことは目に見えて分かりますね。それでは、そのメリットをご紹介しましょう。これを知ればあなたもビットコインをもっと知りたくなるはずです。
j.pipipi_luv | 525 view
ビットコインの魅力を徹底解析!便利さと長所がココ!

ビットコインの魅力を徹底解析!便利さと長所がココ!

現在話題のビットコインにはいくつかの長所があるために、非常に便利に活用できる魅力があります。その魅力から世界的に注目を浴び始めてきており、世界の金融に影響を与えることにもなってくると予測されます。それでは、その魅力をご紹介します。
j.pipipi_luv | 494 view
ビットコインはなぜ怖い?利用前に知りたいデメリットとは?

ビットコインはなぜ怖い?利用前に知りたいデメリットとは?

ビットコインを利用するにはまず、どのようなデメリットがあるのかを知った上で利用しましょう。デメリットを知っているか知っていないかだけでも、上手く使用できますし、詐欺などの被害にあったりすることもなくなるのです。
j.pipipi_luv | 9,838 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

j.pipipi_luv j.pipipi_luv