2018年2月17日 更新

仮想通貨オーガとは、そもそもどんな仮想通貨なの?オーガをしりましょう

Augurというのは、イーサリアムから分裂したものです。以前ビットコインも分裂していくつかの新しい仮想通貨を作りましたが、Augurも分裂によって誕生しました。

オーガ(Augur)とは?

 (24334)

続々と新しい仮想通貨が誕生していますが、Augurは仮想通貨の中でも少し変わっています。オーガAugurには占い師という意味があるのですが、このネーミングもAugurの特徴を知れば納得できます。

そもそもAugurというのは、イーサリアムから分裂したものです。以前ビットコインも分裂していくつかの新しい仮想通貨を作りましたが、Augurも分裂によって誕生しました。しかし分散型プロトコルというところが他の仮想通貨との違いです。他の仮想通貨にも名称と思われているものがシステムの名前だったということがあります。実はAugurというのはプラットフォーム上での名前で、通貨名はReputation、通貨単位がREPとなっています。

仮想通貨の多くは発行数に上限が設けられています。有名なビットコインでは上限が2,100万枚ですが、Augurは1,100万枚です。どちらもまだ上限に達するのはだいぶ先のことですが、数が少ない方が将来的な価値は上がると予想できます。Augurは2016年10月に誕生したばかりで、まだ日は仮想通貨の歴史は浅いながら、仮想通貨の時価総額は世界で38位にランクインしています。
 (24336)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

line

オーガ(Augur)の特徴について

 (24338)

Augurは誰でもイベント(賭け)を企画して市場を作ることができます。この場合は予測市場となりますが、参加も誰でも自由にできるのがポイントです。イベントの結果が見事的中すると、イベントに参加した人で予想が当たった人には配当金が出るという仕組みになっています。Augurは仮想通貨ですが、参加する人が楽しめるのが最大の特徴です。

Augurは誰でもイベントを企画して予想市場がつくれます。市場には誰でも自由に参加でき、その結果によって配当金がもらえるという今までにない斬新な仮想通貨なのです。さらに驚くのは、この一連の流れをブックメーカーが自動で行うというところです。

本来イベント(賭け)を行うには、イベントを取り仕切る胴元と呼ばれる人がいます。Augurの場合はブックメーカーが胴元代わりをこなすので、胴元なしでイベントが行えます。REPを支払うことで誰でもブックメーカーになれるのもすごいところです。ブックメーカーになっても管理は全て自動で行われるので、ブックメーカーであっても参加者が支払ったREPを自由にすることはできません。

つまり仮想通貨を使い、ブックメーカーが胴元代わりとなり、誰でも自由に参加できるイベント(賭け)を楽しめるのがAugurなのです。イベントに参加するにはREPを所有していることが条件です。イベントに参加した人にはレポーターが定期的にイベントの結果を判定します。

自由度が高くセキュリティもしっかりしていますが、さらにイベントで不正がなかったかをレポーターが年に6回チェックするという念入りな管理をしています。もしも何らかの不正が発覚した場合は、所有しているREPの一部を没収されます。没収されたREPは、不正をしていない利用者に分配されることになっています。レポーターになった人には、報酬としてREPが支払われます。

オーガ(Augur)の違法性はないの?

 (24341)

イベントと呼んでいますが、実際にはREPを使った賭けごとのようなものです。日本では賭博は禁止されていますので、いくら仮想通貨でもイベントが賭博行為となる以上、違法性が気になるという人は少なくないでしょう。Augurは世界中で利用されていますので、ルールも国によって異なります。Augurのサービスを利用する以上賭博行為となりますが、現在日本では仮想通貨を利用したサービスについては取り締まる法律が存在していません。

Augurでは不正が発覚するとREPの一部を没収される、というペナルティがあります。イベントも公平性があり管理体制もしっかりしているので、今のところ大きいトラブルや問題は起きていませんが、市場を広げる場合は賭博行為としての何らかの対処や規制がされる可能性はあるかもしれません。現段階では取り締まる法律がないので、違法とはみなされません。
アルトコイン訴求

オーガ(Augur)の入手方法

 (24344)

Augurのレートは2018年2月初旬で4,090円前後です。Augurは取引所で購入するか、レポーターになって報酬をもらうかで入手できます。ただしレポーターは誰でもなれるわけではなく、供託金を支払わないといけません。Augurの仕組みをよく理解していて、供託金を支払えるならレポーターになってREPを入手することができますが、あまり現実的な方法とは言えません。

個人がREPを入手するには、REPを扱っている取引所で購入するのが確実です。もしくは販売所で購入するという方法もあります。販売所は売ることを目的としていますので、REPを扱っているならいつでも購入できます。取引所は売りたい人と買いたい人がいて、双方の希望価格が一致すれば取引できますが、希望価格が一致しないと取引成立とはなりません。

これを考えると販売所の方が確実ですが、販売は手数料を含む価格となるので少し高めです。取引では個人の取引では手数料はかからないものの、すぐに取引相手が見つかるかどうかわからないのがデメリットです。
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イーサリアムの共同創業者もジョインしている未来予測プラットフォームオーガーのICO

イーサリアムの共同創業者もジョインしている未来予測プラットフォームオーガーのICO

オーガーは、イーサリアムのスマートコントラクトプロジェクトの1つで、ユーザーが予測市場へ参加するためのプラットフォームシステムを提供し、イーサリアムの共同創業者の一人であるVitalik Buterin氏もアドバイザーを務めています。
しょーじ | 95 view
【未来予測市場】オーガーのICO【ギャンブル】

【未来予測市場】オーガーのICO【ギャンブル】

オーガーで掛け金として使われる仮想通貨REPのICOについて紹介します。オーガーは分散型未来予測市場で、オンラインブックメーカーのようなものです。REPは国内の取引所ではcoincheckで購入可能です。
ときお | 253 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3

おすすめの記事

今注目の記事