2018年2月21日 更新

仮想通貨イーサリアムの関連銘柄には将来性がある!?

イーサリアムは仮想通貨の中でもビットコインに次ぐ取引量を誇っています。 そんな将来性の高いイーサリアムの関連銘柄の今後はどうなっていくのでしょうか? 仮想通貨とはそもそも何なのか、イーサリアムについてなど紹介します。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、一般的にはオンラインサービスで経済活動を行う事が出来る貨幣価値の事を言います。従来はオンラインゲームなどでの使用が主となっておりましたが、ビットコインの登場でその流れが一気に変わったと言えます。
Free stock photo: Stock, Iphone, Business, Mobile - Free Image on Pixabay - 624712 (10236)

仮想通貨とは、ネット上で取引がされている通貨のことです。
現物があるわけではありませんね。
そんな仮想通貨は、ビットコインが出来てから、市場に大きな変化をもたらしています。

イーサリアムについて

暗号通貨とも仮想通貨とも呼ばれるビットコインですが、イーサリアムも同じ仲間で、イーサリアムコインとも呼ばれています。イーサリアムコインの仕組みは、ほとんど同じものですが、ブロックチェーンの仕組みの中に、スマートコントラクトという契約事項を付加している仕組みを取り入れています。これは通常の紙による契約証書と同じく、貸し借りの契約や定期的な支払い契約を、データによって付与しているもので、この仕組みを利用して行く事で、銀行のような貸し付け業務なども、実際に可能となる活気的なシステムと言われているものです。またこのイーサリアムによる契約は、チューリング可能な言語により記述する事ができるもので、第三者機関などの中央機関無しに契約を自動執行できるものです。
Free stock photo: Internet Search Engine, Laptop - Free Image on Pixabay - 1519471 (10237)

仕組みはほとんど同じ。しかし、ただ同じというだけでは後発の仮想通貨が普及するはずはない。イーサリアムにはビットコインのブロックチェーンの仕組みに更にスマートコントラクト(契約)を付加している。これは例えば仮想通貨の貸し借りの契約、定期的な支払い契約などと考えてもらえば解かり易い。非中央集権的仕組みでありながら銀行のような貸し付け業務なども可能となる活気的な仕組みと言われている。

イーサリアムの2016年2月時点での時価総額はおよそ2億ドル(約240億円)日本株と比べた場合、時価総額ランキングは1400位以降。はごろもフーズ(2831)やイーレックス(9517)などと同程度と言える。後発の仮想通貨の中では仕組みがしっかりとしており、成長著しいと注目を集めている。

line

アルトコイン訴求

Ledger Nano S(レジャーナノエス)
仮想通貨の中にイーサリアムと言う物があります。
仕組みはビットコインと似ていますが、スマートコントラクトという機能が付いていますので、契約時の約束事を強制的に守る仕組みとなっています。
イーサリアムの時価総額は、日本の大手企業に並ぶ価値がありますね。

イーサリアムへの投資

Free illustration: Money, Dollars, Success, Business - Free Image on Pixabay - 1428590 (10238)

Demirors氏はイーサリアムのスクリプト言語の容易さによって開発者が増えるであろうイーサリアムコミュニティが将来的にはビットコインを超える日が来ると予見しているが、当然ながらイノベータ―達が様々なアプローチでこの課題に取り組むことから、未来は予言しきれないとしている。
全体的にみてイーサリアムへの投資はポジティブであるとStephens氏は語りつつも、まだベンチャーキャピタル自体は同業界への分析を始めたばかりの段階であるとした上で、「まだ早いと言える。これまで10数社を見てきているが、ごく少数が投資の対象に成り得ると考えている。」と答えた。「しかし、今後それは変わってくるだろう。」とStephens氏は語っている。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitclubmining

イーサリアムの関連銘柄

イーサリアムは第二位の取引量を誇っており、その関連会社に対する投資家達の視線も熱くなってきてはいますが、ビットコインを超える価値を見いだせないでいるのが現状と言えそうですね。
投資に関してはこれからという事になりそうです。
イーサリアムの関連銘柄は、既にいくつもの銘柄があり、大手コンサルであるデロイト社がブロックチェーン技術を活用して、銀行を構築するプロジェクトを進めている事がわかったのです。デロイト社は、uPortやBalanc3の技術を用いる事をすでに発表しており、ニューヨークに本拠を置くイーサリアム基盤のブロックチェーンプラットフォームを提供するConsenSysと提携する事で、金融関連企業30社と取り組むものとされています。イーサリアム社の提携先であるConsenSysは、金融機関や企業を主なクライアントとしている会社で、イーサリアムを中心とした様々なブロックチェーン基盤システムを開発する企業なのです。ConsenSysは、既にマイクロソフトと提携し、グローバル展開するなど精力的な活動を行っています。
Free illustration: Dollar Exchange Rate, World Economy - Free Image on Pixabay - 544949 (10239)

大手コンサルのデロイトが、ブロックチェーン技術を活用した銀行を構築するプロジェクトを進めていることが明らかになった。ニューヨークに本拠を置くイーサリアム(Ethereum)基盤のブロックチェーンプラットフォームを提供するConsenSysと提携し、金融関連企業30社と取り組む予定だ。
イーサリアムはこれから普及が期待される仮想通貨です。
積極的に利用しようとする、会社は主に金融関連銘柄となりそうです。

マイクロソフト

実際に、イーサリアム(Ethereum)の仕組みを活用する有名企業が出てきている。

2015年11月Microsoftは、「Ethereum Blockchain as a Service(EBaaS)」を発表した。

Windows Azure上で展開するブロックチェーン開発環境で、ブロックチェーン技術に興味を持っいる金融関連企業をターゲットとしている。ビットコイン(Bitcoin)のブロックチェーン技術ではなく、イーサリアム(Ethereum)を選んだ理由として、柔軟性と拡張性を挙げている。
マイクロソフトはすでにイーサリアムを利用し始めており、金融関連会社へターゲットを絞って開発を進めているようですよ。

イーサリアムの将来性

イーサリアムの将来の見通しは明るいもので、マイクロソフト社は既にイーサリアムを利用し始めており、金融関連会社へターゲットを絞って開発を進めており、順調に行けばイーサリアム基盤のブロックチェーンプラットフォームが、全世界に広まりを見せる可能性も否定できません。また大手企業の動向も見逃す事が出来ず、IBMといった大手企業がイーサリアムと提携することが期待されていますので、ますますこれらの勢力が拡大していく可能性があるのです。ブロックチェーンによるセキュリティの高さも実証されており、各国の政府や規制機関はブロックへの理解を高めつつあり、金融業界もブロックチェーンの利用を継続中ですので、ますますこのシステムの重要度も増していく事になるでしょう。
プライベートとセミプライベート(あるいはコンソーシアム)のブロックチェーンが共存する形で頭角を現し、イーサリアムのパブリック・ネットワークとともにビジネス・ソリューションの主流となり得るだろう。

各国の政府や規制機関はブロックへの理解を高め、金融業界もブロックチェーンの利用を継続するほか、IBMといった大手企業がイーサリアムと提携することが期待される
ビットコインに続くもしくは追い抜くかもしれないのがイーサリアムですね。
各国の政府が理解を示すのも時間の問題かもしれません。
大手企業との提携もどんどん進んでいくことが期待されています。

今のうちにイーサリアムの関連銘柄を購入しておくのは、良い選択しかもしれませんね。
イーサリアムがもっと有名になっていくことに期待をしたいところです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitclubmining
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イーサリアムの値段は何に影響しているのかを考えよう!今後どうなるか考えよう!

イーサリアムの値段は何に影響しているのかを考えよう!今後どうなるか考えよう!

イーサリアムを投資するなら、安い時に投資したいと誰もが思うはずです。ですが、どこまで値段が下がるのかを分からないと、とんでもないことになってしまうかもしれません。今回、値段が影響する要因を調べてみました。
turubo | 44,436 view
今年はイーサリアムの年になりそうな予感?2018年の予想

今年はイーサリアムの年になりそうな予感?2018年の予想

昨年はビットコインが大きなブレークをしましたが、今年はイーサリアムが大きなブレークを成し遂げそうな気配となっています。
管理者3 | 858 view
イーサリアムの基礎知識。2018年もう一度学んでみましょう!

イーサリアムの基礎知識。2018年もう一度学んでみましょう!

仮想通貨、暗号貨幣といった概念を世界に先駆けて公開し、経済界に旋風を巻き起こしたビットコインの功績ははなはだ大きいものがありますが、もっとも高く評価すべきポイントはプログラムを全面公開した事でしょう。これによりビットコインのプログラムを参考にしながら、より効率的に儲けを出せる仮想貨幣がいくつも誕生しているからです。 その1つがイーサリアムです。実はビットコイン以外に仮想貨幣は和製も含めて1000種類以上も作られているのですが、経済界で熱い視線を投げかけられているのです。ビットコインとの共通点も多いのですが、特有の特徴もあります。格付けもビットコインに次ぐのですが、その人気ぶりは大変なものでいずれビットコインを追い抜くのではないかとも噂されています。はたしてイーサリアムとはどのような貨幣なのでしょうか。
管理者3 | 327 view
イーサリアムマイニングとビットコインマイニングの違いについて

イーサリアムマイニングとビットコインマイニングの違いについて

仮想通貨の話題としてイーサリアムに注目が集まってきました。しかし、初めてイーサリアムという言葉を聞く人は何のことかわからないと思うので、イーサリアム人ついて説明していきたいと思います。
じょにー | 1,491 view
ビットコイン取引所!bitbank trade(ビットバンクトレード)とQUOINEX(コインエクスチェンジ)

ビットコイン取引所!bitbank trade(ビットバンクトレード)とQUOINEX(コインエクスチェンジ)

bitbank trade(ビットバンクトレードとQUOINEXコインエクスチェンジ)は、どちらも注目度の高い取引所です。ビットコインの場合、どの取引所を利用するかによって、利用しやすさや手数料の有無などそれぞれに変わってきます。ビットコイン取引の経験や、知識の有無などによっても向き不向きがありますので、自分にとって利用しやすい取引所を見つけることが大切です。bitbank tradeとQUOINEXは、それぞれに特徴がありますので両者を比較して、自分にとって最適と思える方を選んでください。
管理者3 | 133 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

anzu anzu