2016年7月19日 更新

仮想通貨イーサリアムの関連銘柄には将来性がある!?

イーサリアムは仮想通貨の中でもビットコインに次ぐ取引量を誇っています。 そんな将来性の高いイーサリアムの関連銘柄の今後はどうなっていくのでしょうか? 仮想通貨とはそもそも何なのか、イーサリアムについてなど紹介します。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、一般的にはオンラインサービスで経済活動を行う事が出来る貨幣価値の事を言います。従来はオンラインゲームなどでの使用が主となっておりましたが、ビットコインの登場でその流れが一気に変わったと言えます。
Free stock photo: Stock, Iphone, Business, Mobile - Free Image on Pixabay - 624712 (10236)

仮想通貨とは、ネット上で取引がされている通貨のことです。
現物があるわけではありませんね。
そんな仮想通貨は、ビットコインが出来てから、市場に大きな変化をもたらしています。

イーサリアムについて

Free stock photo: Internet Search Engine, Laptop - Free Image on Pixabay - 1519471 (10237)

仕組みはほとんどビットコインと同じ。しかし、ただ同じというだけでは後発の仮想通貨が普及するはずはない。イーサリアムにはビットコインのブロックチェーンの仕組みに更にスマートコントラクト(契約)を付加している。これは例えば仮想通貨の貸し借りの契約、定期的な支払い契約などと考えてもらえば解かり易い。非中央集権的仕組みでありながら銀行のような貸し付け業務なども可能となる活気的な仕組みと言われている。

イーサリアムの2016年2月時点での時価総額はおよそ2億ドル(約240億円)日本株と比べた場合、時価総額ランキングは1400位以降。はごろもフーズ(2831)やイーレックス(9517)などと同程度と言える。後発の仮想通貨の中では仕組みがしっかりとしており、成長著しいと注目を集めている。
仮想通貨の中にイーサリアムと言う物があります。
仕組みはビットコインと似ていますが、スマートコントラクトという機能が付いていますので、契約時の約束事を強制的に守る仕組みとなっています。
イーサリアムの時価総額は、日本の大手企業に並ぶ価値がありますね。

イーサリアムへの投資

Free illustration: Money, Dollars, Success, Business - Free Image on Pixabay - 1428590 (10238)

Demirors氏はイーサリアムのスクリプト言語の容易さによって開発者が増えるであろうイーサリアムコミュニティが将来的にはビットコインを超える日が来ると予見しているが、当然ながらイノベータ―達が様々なアプローチでこの課題に取り組むことから、未来は予言しきれないとしている。
全体的にみてイーサリアムへの投資はポジティブであるとStephens氏は語りつつも、まだベンチャーキャピタル自体は同業界への分析を始めたばかりの段階であるとした上で、「まだ早いと言える。これまで10数社を見てきているが、ごく少数が投資の対象に成り得ると考えている。」と答えた。「しかし、今後それは変わってくるだろう。」とStephens氏は語っている。
イーサリアムはビットコインに次ぐ取引量を誇っており、その関連会社に対する投資家達の視線も熱くなってきてはいますが、ビットコインを超える価値を見いだせないでいるのが現状と言えそうですね。
投資に関してはこれからという事になりそうです。

イーサリアムの関連銘柄

Free illustration: Dollar Exchange Rate, World Economy - Free Image on Pixabay - 544949 (10239)

大手コンサルのデロイトが、ブロックチェーン技術を活用した銀行を構築するプロジェクトを進めていることが明らかになった。ニューヨークに本拠を置くイーサリアム(Ethereum)基盤のブロックチェーンプラットフォームを提供するConsenSysと提携し、金融関連企業30社と取り組む予定だ。
イーサリアムはこれから普及が期待される仮想通貨です。
積極的に利用しようとする、会社は主に金融関連銘柄となりそうです。

マイクロソフト

実際に、イーサリアム(Ethereum)の仕組みを活用する有名企業が出てきている。

2015年11月Microsoftは、「Ethereum Blockchain as a Service(EBaaS)」を発表した。

Windows Azure上で展開するブロックチェーン開発環境で、ブロックチェーン技術に興味を持っいる金融関連企業をターゲットとしている。ビットコイン(Bitcoin)のブロックチェーン技術ではなく、イーサリアム(Ethereum)を選んだ理由として、柔軟性と拡張性を挙げている。
マイクロソフトはすでにイーサリアムを利用し始めており、金融関連会社へターゲットを絞って開発を進めているようですよ。

イーサリアムの将来性

プライベートとセミプライベート(あるいはコンソーシアム)のブロックチェーンが共存する形で頭角を現し、イーサリアムのパブリック・ネットワークとともにビジネス・ソリューションの主流となり得るだろう。

各国の政府や規制機関はブロックへの理解を高め、金融業界もブロックチェーンの利用を継続するほか、IBMといった大手企業がイーサリアムと提携することが期待される
ビットコインに続くもしくはビットコインを追い抜くかもしれないのがイーサリアムですね。
各国の政府が理解を示すのも時間の問題かもしれません。
大手企業との提携もどんどん進んでいくことが期待されています。

今のうちにイーサリアムの関連銘柄を購入しておくのは、良い選択しかもしれませんね。
イーサリアムがもっと有名になっていくことに期待をしたいところです。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【日本政府も】将来性に注目!イーサリアム【日銀も】

【日本政府も】将来性に注目!イーサリアム【日銀も】

ビットコインの次に来る仮想通貨はイーサリアムで決まりと言われていますね。世界中から注目を集めるイーサリアムは、通貨機能に付加できる情報量の多さが評価の理由。世界中のIT企業や日本政府、日銀も認めるイーサリアムの将来性をまとめます。
letyour8 | 2,123 view
ブロックチェーンがイーサリアムにもたらす影響とは?

ブロックチェーンがイーサリアムにもたらす影響とは?

ブロックチェーンは仮想通貨の代名詞といわれるほどの代表的な技術として最近では知られるようになりました。またイーサリアムも仮想通貨の世界では第二位の地位を築いています。そしてイーサリアムが高い地位を築けたのはブロックチェーンに由来しています。
turubo | 251 view
【未来が変わる】イーサリアムのスマートコントラクト

【未来が変わる】イーサリアムのスマートコントラクト

今の社会システムを大きく変えるほどの、革新的な技術が含まれていると考えられている「イーサリアム」。その技術のポイントはスマートコントラクトにあります。まだまだ馴染みのないスマートコントラクトの将来性と、可能性についてまとめます。
letyour8 | 414 view
イーサリアムの時価総額から仮想通貨の未来を考える!

イーサリアムの時価総額から仮想通貨の未来を考える!

最近の仮想通貨ブームというのは凄まじいものがあります。その中で最も勢いをつけているイーサリアムという仮想通貨がどういう点で人気の要因になっているのかを時価総額の観点から読み取れる記事をいくつかまとめてみました。是非参考にしてください。
turubo | 299 view
【イーサリアム】って何?!ビットコインと関係あるの?

【イーサリアム】って何?!ビットコインと関係あるの?

ホリエモンさんの発言がきっかけで最近「イーサリアム」という言葉を耳にするようになりました。「イーサリアム」とは何でしょう?世の中のどれくらいの方が理解されているのでしょうか。今回は「イーサリアム」とは何か、ビットコインとの関係についてまとめます。
momoko | 625 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

anzu anzu