2018年1月1日 更新

ビットコインゴールドをウォレットで管理するにはどうすればいいか?

今、話題のビットコインが、分裂する可能性があるようです。まだ、全てが定かではないことですが、ビットコインゴールドという新しい仮想通貨についての情報、ウォレットに入れて管理するのはどうしたらいいのか、考えましょう。

ビットコインゴールとは

 (20913)

ビットコインはインターネット上に生まれた仮想通貨です。BTGは仮想通貨の根源であるブロックチェーンという分散型コンピューターネットワークで、このビットコインが分裂したものです。

その目的はビットコイン鉱業を分散化することで世界中の無数の人々が、評判の良い技術力の高い企業によって広く製造販売される家庭用のハードウェアを使って、採掘に参加する機会を提供するといったことでしょう。

ただ、まだ知られていないことも多々ありますので、情報公開をもう少し待ちましょう。
 (20915)

ウォレットに入れるにはどうすればいいか?

 (20917)

ウォレットに入れるためには、どうしたらよいでしょうか。

それには、ビットコインゴールドを入手しなければならないでしょう。入手するには条件があります。その条件ですが、ハードフォーク(仮想通貨のルールを新たにすること)が行われる際に、ビットコインゴールドの取引を発表している取引き所かハードウォレットでビットコインを保有しているということです。

ここで、現在、公になっているビットコインゴールドの取引所を記載致します。HitBTC、BitStar、Beatcoin、Yobitです。また、BTC対応を公にしているウォレットはGuardaになります。現在、最もよく知られている取引所はHitBTCでしょうですから、最も楽にビットコインゴールドを手に入れるにはHitBTCへの入金が良い様です。ウォレットからBTGを取り出すとなるとかなり専門的な知識が必要ですから、入金取引所に対応してもらうのがいいと一番良い方法でしょう。

HitBTCに口座開設は、インターネットでできます。10分ほどで出来るようですから、ビットコインゴールド入手のために作っておくと良いでしょう。

日本のビットコインゴールドへの対応と近々、来る取引所からのお知らせ

日本の取引所では、日本仮想通貨事業者協会(JCBA)が以下のようなコメントを出していますので、ご紹介いたします。

「ビットコインゴールドの取り扱いについては、各取引所の判断にまかせる。」

つまり、個人の判断にゆだねるということでしょう。ですから、興味のある方、ビットコイン保有者の方は、個人的にかく取引所からのお知らせを気にしていないといけません。今回のこのような日本仮想通貨事業者協会(JCBA)の方針は金融庁からも異論は出なかったようです。

ビットコインキャッシュの時と同じでその受け取り方は、メール等で取引所から、お知らせが送信されるでしょうから、それを待ちましょう。それも近いうちのはずです。しかし、取引所によっては取り扱わないと言う場合もあるかもしれません。先ほど、HitBTCの口座開設をお勧めいたしましたが、1社だけでは心配という人は複数、アカウントを作っておくと安心でしょう。

近々、ビットコインの高騰が起こる?

 (20920)

10/25にハードフォークのビットコインゴールドですが、その後も入手できます。他の暗号方式と同じように、交換機で購入、ご自身のコンピューターハードウェアで掘り起こすということもできるようです。また、商品、サービスを通して利益も得られるでしょう。

どうも、ビットインゴールド配布前後でビットコインの高騰という現象が起きるかもしれないと言われています。その理由として考えられるのは、ビットコインゴールド配布のために一時的ですが、ビットコインを買うと言う動きが集中する可能性があること、ビットコインゴールド誕生ということで、誕生したばかりのビットコインゴールドを売り、ビットコインを買い戻すという動きが活発になる可能性があることです。このような流れは、前にあったビットコインキャッシュでも確認されたものですから、ビットコインゴールド誕生においても、同じようなことが起こるという予測が出来ます。

こういった流れをしっかりと理解しておくと良いでしょう。その上でビットコインやビットコインゴールドの売り買いをすることをお勧めいたします。損をしないようにお気をつけ下さい。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

高まる期待

 (20921)

前回のビットコインキャッシュのハードフォークが成功したこともあり、今回のビットコインゴールドへの期待は世間で高まっているようです。

前回はハードフォークの時に持っていたビットコインと同じ数のビットコインキャッシュの配布が行われましたので、得して資産を増やしたと言う人も多かったでしょう。今回も、同じような現象になる可能性が高いようですから、期待に胸を膨らませているユーザーも多いかもしれません。

様々な情報を入手して、賢く資産を増やしましょう。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

使いやすいユーザーインターフェースのウォレットアプリ「Jaxx」

使いやすいユーザーインターフェースのウォレットアプリ「Jaxx」

Jaxxは、51種類もの仮想通貨に対応していて、ユーザーインターフェースが分かりやすいモバイルウォレットアプリです。バックアップも簡単なので、端末が壊れたり紛失してしまっても安心です。
しょーじ | 40 view
マルチシグネチャ対応のウォレットアプリ「Copay」

マルチシグネチャ対応のウォレットアプリ「Copay」

BitPay社が提供しているウォレットアプリ「Copay」は、秘密鍵を端末内に保管、二段階認証に対応、オープンソースによる開発と、セキュリティ的に万全で安心して利用することが可能です。日本語に対応しており、使いやすいインターフェースです。
しょーじ | 60 view
国産のイーサリアム向けウォレットアプリ「HBWallet」

国産のイーサリアム向けウォレットアプリ「HBWallet」

日本のbacoor株式会社が開発しているイーサリアム向けのウォレットアプリ「HBWallet」を紹介します。ユーザーインターフェースはシンプルで分かりやすく、2018年3月には10万ダウンロードを達成しています。
しょーじ | 145 view
コインチェック事件で分かった、ウォレット管理の大切さ

コインチェック事件で分かった、ウォレット管理の大切さ

取引所はハッカーから見ると格好の獲物ですので、取引所に仮想通貨をそのまま置いておくのは非常に危険です。そのため、自分で管理できるウォレットを用意してそこに仮想通貨を入れておきましょう。
しょーじ | 93 view
ビットクラブから自分のウォレットに移動するには

ビットクラブから自分のウォレットに移動するには

セキュリティ的には、ビットコインは自分のウォレットに移動しておくのが最も安全です。そこでウォレットへの移動手順をご紹介します。
しょーじ | 222 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3