2017年12月2日 更新

ICOBox社の顧客が、ICOで総額2億ドルを調達

SaaS​ ​ ICOソリューションの有力プロバイダーであるICOBox社は、2017年の初めに設立さ れてから最初の5ヶ月間で、同社の顧客がICOで2億ドル以上を調達するのを支援した

 (22038)

SaaS​ ​ ICOソリューションの有力プロバイダーであるICOBox社は、2017年の初めに設立さ れてから最初の5ヶ月間で、同社の顧客がICOで2億ドル以上を調達するのを支援した。さら に多くのICOが現在進行中のため、最終的な合計はさらに高くなる見込み。

ICOテクノロジーの出現により、企業の支援者を見つけるプロセスは大幅に簡素化され合理 化されたが、依然として相当なリソースが必要だ。この問題に対処するため、ICOBoxは最 近、有望ながら資金が不足しているスタートアップのICOコストをカバーする目的で、自分 たちのICOを実施した。これらのスタートアップは、ICOBoxによって開発されたツールを 使用してICOを実施し、引き換えに、特定数の新たなトークンを取得することができる。

現在までに、ICOBoxは30社以上の企業を支援してきた。これまでのICOで1番の結果を出し たのは、大麻産業にブロックチェーン技術を適用するParagon社だ。​ ​ 9月のICO開始以来、 同社は1トークン当たり1ドルで7,000万トークン以上を販売した。最終的な金額はまだ公表 されていないが、同社の財務実績は注目に値する。

自分たちのICOを通じて、ICOBox社は4,000万ドル相当のICOSトークンを販売。これは、 同社のプロジェクトの中で2番目に良い結果となる。尚、第3位は、1,300万ドル以上を集め たMicromoney社だ。彼らは、ブロックチェーン技術を駆使して与信審査をわずか15分で完 了させ、世界中の銀行口座を持たない人々を助けている。

現在、ICOBoxの顧客6社のICOが進行中。これらのICOの内、一部の売上はすでに2,000万 ドルを超えている。たとえば、独自のブロックチェーンを使用してスマートコントラクトや アプリを作成することができる、超高速・安価・安全なツールを提供するUniversa社は、 ICOの最初の3時間でこの金額に到達。同社は現在、2,200万ドル相当のトークンを販売済で ある。

成功を収めている他のICOの中には、ルクセンブルクに拠点を置く暗号銀行Cyber​ ​ Trust社が ある。同社は非公開販売期間中にほぼ1900万ドルを集めた。彼らのICOは継続中で、機関投 資家をはじめとして、高いトークン需要があり、大きな成功を収めることが予測されてい る。

ICOBoxの別の顧客、Crypterium社は、個人と企業の両方に、実世界と暗号世界の橋渡しを するサービスを提供する企業で、販売初日に750万ドルのトークンを販売した。同社のICO は2018年1月13日まで行われる。

ICOBoxの顧客が、ICOを通じて調達する資金の平均は、現在1900万ドルである。

ICOBoxの創業者であるMike​ ​ Raitsyn氏は次のように述べている。 「ICOBoxが生まれてから5ヶ月で、私たちは有望なスタートアップからシリアスな国際企業 へと進化しました。現在84人の従業員が、3大陸の3つのオフィスで働いています。​ ​ 過去1ヶ 月間に、私たちは2つの新しいサービス、諮問委員会とIRを導入しました。私たちのPR・ マーケティングサービスも大ヒットしています。私たちには、ICOを正しく実行するノウハ ウがあります。つまり、合法的かつ効率的で、成功するICOの方法です」

TechCrunch社の共同創業者であり、ICOBox社の顧問でもあるKeith​ ​ Teare氏は、同社につ いて、次のような前向きな発言をしている。 「私は最初から、ICOBox社が重要で、タイムリーなアイデアを持っていると思っていた が、彼らの出している結果は私の予想を遥かに超えるものだった。彼らの顧客の多くは、全 く新しい商品とサービスを市場に持ち込み、私たちの目の前で、私たちの住む世界を変えて いる」

ICOBox社は、リーガル、テクノロジー、マーケティングソリューションを含む幅広い範囲 のパッケージサービスを適正価格で顧客に提供する、世界有数のICOプロバイダーである
2 件

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3