2018年4月12日 更新

企業にとってネムによる決済を導入するメリットとは

ネムの利用方法を考えよう

ネムによる仮想通貨決済を今すぐに導入すべき企業とは?

 (24056)

仮想通貨決済というと、1回あたりの取引額の多い家電量販店や居酒屋、エステサロンなどにかぎられるとイメージしがちかもしれませんが、日本国内でも仮想通貨カード決済が一般的になり、カフェなどでもカードが使える店舗が増えてきました。取引が少額なカフェが仮想通貨決済に踏み切る背景には、ポイントとの連動があります。

決済でたまったポイントと商品を連動させることによりリピーターを獲得しやすくなり、安定した利益が見込めます。顧客にとっても買い物するだけで便利なポイントがたまっていくのですから、双方にメリットのある関係と言えますね。同様のシステムは美容院でも一般化しており、決済によって付加されたポイントをシャンプーなどのアクセサリーに換えられるなどの特典を用意しているところもあります。代行業者に委託すれば煩雑な事務手続きなどをすべて一任することができるため、小規模の店舗でも提携しているところが増えてきています。

仮想通貨決済導入にあたってまず重要になるのがコンセプトです。どんな種類の仮想通貨を扱うのか、仮想通貨決済によって顧客にどのようなメリットを還元するのか、メインターゲットの年齢層をどのように設定するのかなど、コンセプトにはさまざまな要素がふくまれます。最近では小規模なカフェでも仮想通貨決済を導入し、ポイント還元によってリピーター獲得につなげているケースも多く、代行業者の役割が今後ますます大きくなっていくだろうと予測されます。

line

 (24058)

開業資金の節約にも役立つ!仮想通貨決済導入のポイント

 (24060)

意外に思われるかもしれませんが、仮想通貨決済の導入も開業資金の節約につながります。仮想通貨決済に対応していなければ店舗に常時多額の現金を置くことになり、セキュリティ保護のためのコストをかけなければなりません。

たとえば、夜間警備のために専門スタッフをひとり雇えば、それだけで毎月相当なコストがかさんでしまいます。仮想通貨決済を導入すれば大口の顧客は仮想通貨によって支払いを行いますから、店舗に現金をあまり保管しておく必要がなくなります。データ管理もすべてコンピュータ上で行えますから、セキュリティコストもそれほどかかりません。さらに、決済代行業者に業務を委託すれば毎月の事務手続きをスタッフが担当する必要がなくなりますので、その分業務の効率化につながります。代行業者と契約する際は事前に情報をあつめ、信頼できる業者を選びましょう。

一般に、どのような業種でも開業資金の5割以上の自己資金を確保しておくことが重要だとされています。これは開業後の運転資金確保という意味合いもありますが、金融機関の融資審査を通りやすくするという意味があり、特に、政府系金融機関などは審査基準が厳しいと言われています。自己資金の節約には居抜き物件やセルフビルドが有効であり、開業後の事務をスムーズにするためには仮想通貨決済の導入にも大きな意味があります。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨決済導入だけじゃダメ!一歩進んだ企業戦略

 (24063)

仮想通貨が世界的にブームだからといって、ただたんに仮想通貨決済を導入しただけでは長期的な企業戦略には結びつきません。仮想通貨決済と同様に企業にとって重要になってくるのがオムニチャネルという発想です。オムニチャネルの利点は、顧客を流動的に捉えながらウェブから実店舗に顧客の誘導が簡単になることです。

オンラインとオフラインをつなぐビジネスの発想は、顧客獲得のうえで重要な役割を果たし、これからの企業戦略の中核を担っていくだろうと予測されています。オムニチャネルはそれ単体で成り立つ概念ではありません。オムニチャネルを根底からささえるテクノロジーとして、ビッグデータが挙げられます。顧客ひとりひとりの名前や性別、年齢などの基本情報はこれまで、ビジネスにおいてはあまり重要視されてきませんでした。
 (24065)

しかし、個人情報保護の重要性がさけばれる現代社会においては、むしろ個々人のプライバシーがそれだけで価値をもつ時代に突入しつつあります。こうした、従来のビジネスモデルでは活用されてこなかった個人情報の断片をかき集めて大きな情報の集合体にしようというのがビッグデータの発想であり、集積したデータをいかにして有効に使うかがオムニチャネルの分水嶺なのです。仮想通貨決済にも対応していれば顧客の購買意欲をさらに高めることができ、代行業者と契約すれば事務処理の簡便化やデータ管理の安全性の面で大きなメリットがあります。

身近な暮らしの中でも、オムニチャネルはすでに実践されています。たとえば、都心にいくつも店舗を構える有名美容室では、ウェブサイトに登録した会員向けにクーポンを配布し、そのクーポンを実際の店舗で提示することにより一定の還元が受けられる仕組みをととのえています。これはまさに、クーポンというアイテムによってオンラインとオフラインがつながったわかりやすい例であり、企業マーケティングの参考にすべき発想と言えます。
bitclubmining
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインを補完する次世代型仮想通貨・ネムとは?

ビットコインを補完する次世代型仮想通貨・ネムとは?

コインチェックにより有名になったネムとはどういう通貨なのか
管理者3 | 118 view
コインチェックで話題の仮想通貨ネムとはどんな仮想通貨でしょうか?

コインチェックで話題の仮想通貨ネムとはどんな仮想通貨でしょうか?

コインチェックで話題の仮想通貨ネムについて
管理者3 | 116 view
なぜコインチェックのネムが狙われたのか?

なぜコインチェックのネムが狙われたのか?

今回の事件では、多くの取引所がある中なぜコインチェックが狙われたのか、多くの仮想通貨がある中なぜネムが狙われたのか、ブロックチェーン推進協会の見解を元に紹介します。
しょーじ | 424 view
ビットコインはお店でも使える?決済の方法や仕組みをチェック

ビットコインはお店でも使える?決済の方法や仕組みをチェック

ビットコインは仮想通貨ですが、オンラインショッピングだけでなく実店舗においても既に導入されています。日本国内にも対象のお店があるようですね。しかし、その決済はどのようにして行われるのでしょうか?支払い方やお店側の受け取り方を見てみました。
馬場 | 221 view
Paypalでビットコイン決済が可能に!高まる仮想通貨普及の可能性

Paypalでビットコイン決済が可能に!高まる仮想通貨普及の可能性

世界203か国に2億人近いユーザーを持つ、オンライン決済サービスPaypalが、決済手段として導入しました。これにより、ビットコインの価値がより一層担保され、また仮想通貨の一般認知度も上昇したといえるでしょう。
ねず | 823 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3