2018年2月13日 更新

イーサリアムの基礎知識。2018年もう一度学んでみましょう!

仮想通貨、暗号貨幣といった概念を世界に先駆けて公開し、経済界に旋風を巻き起こしたビットコインの功績ははなはだ大きいものがありますが、もっとも高く評価すべきポイントはプログラムを全面公開した事でしょう。これによりビットコインのプログラムを参考にしながら、より効率的に儲けを出せる仮想貨幣がいくつも誕生しているからです。 その1つがイーサリアムです。実はビットコイン以外に仮想貨幣は和製も含めて1000種類以上も作られているのですが、経済界で熱い視線を投げかけられているのです。ビットコインとの共通点も多いのですが、特有の特徴もあります。格付けもビットコインに次ぐのですが、その人気ぶりは大変なものでいずれビットコインを追い抜くのではないかとも噂されています。はたしてイーサリアムとはどのような貨幣なのでしょうか。

特徴

 (24728)

ビットコインの後に開発された仮想貨幣で、ビットコインと共通した特徴をいくつか持っていますが、さらにビットコインの難点をカバーする特徴も備えています。まだ公式発表されたのがビットコインに遅れる事5年ですから、システムが充分に整備されているとは言い難く、発行上限も決まっていません。ですから市場では今どんどん発行され続けている状態です。

ピーアツウピーア方式で中央銀行を持たずに管理され、ブロックチェーンで構築されていく点はビットコインと同じですが、まもなく新システムであるキャスパーが公式発表されるはずですから、それ以降は新システムによる構築がされていく事になります。最も特徴的なのはブロックチェーンが数秒間に1個という猛スピードで連結されていく点で、これによりスピーディな資金の循環がされていく事になります。

line

 (24730)

ビットコインの検証時間が10分だった事を考えると、送金者にとってはこれほど便利でありがたいものはないはずです。その分検証作業の精査性が問題になりますが、イーサリアムの場合は個人情報以外の取引情報や送金情報に加えて、さらに詳細にわたる記録がされますから、その分計算の手間が省けます。このようにビットコインのシステムを参考に開発されている事は、明白なのですが研究されつくされたより精度の高いものになっています。
アルトコイン訴求

特異なシステム

 (24733)

イーサリアムというのはシステム名であり、実際に活用される貨幣単価はEther(イーサ)です。これは説明する上で重要なキーポイントになるのがスマート・コントラクトです。ビットコイン同様送金情報や取引情報をネットワーク上の基本台帳であるノードに記録されていき、それらをブロックにまとめて適合性を膨大な計算により検証した後に、ブロック連結していきます。この時に提供される情報がより詳細にわたるものとなるゆえに、検証にかかる時間を大幅に短縮できます。

そうして検証に成功してブロック連結できると、報酬としてマイナーおよび協力者に新規発行されたイーサが提供されます。すでに検証が終了しているブロックは本来書き換えなどできないはずですが、公開されている情報に群がる悪意あるマイナーも実際いるのです。検証のじゃまをして不正に連結するやからも出現します。ビットコインではより実績の厚いブロックに連結して信憑性に欠くブロックは捨て置かれたのですが、この点も大幅変更されています。
 (24735)

信憑性に欠くと判断されたブロックを再利用しながらブロックチェーンを構築していくシステムを採用しています。そうして作業の無駄を省きつつセキュリティ強化もはかりつつ、数秒というスピーディな運用を現実のものとしました。むろんブロックの再利用で見事チェーンを構築したマイナーにも報酬が提供されます。

世界中の投資家が仮想通過の売買をしているのですから、マイニングは何度も行えます。実際に十数秒ごとにマイニングが早く完了したマイナーが次々とマイニングを実施する事になります。新規発行によって貨幣がネット上に流通していくのですが、その時にシステムを利用して簡易的な仮想貨幣も発行されていきます。

イーサリアムの検証がより簡単な計算でできる事から、他にどの貨幣よりもスムーズに簡易貨幣が作られています。この時に利用されるのがブロックチェーンのシステムです。ブロックチェーンのシステムは多彩な可能性を秘めています。

イーサリアム・プロジェクト

 (24738)

ビットコインは先進国というよりはむしろ後進国での普及が進んでいます。特に世界から経済制裁を受けているような国や、難民が増加している国などでは法廷貨幣よりもビットコインのような仮想貨幣の方がむしろ活用されています。仮想貨幣は国ごとの単価に依存しておらず、どこにいても利用できるb便宜さがあるからです。

しかしながら仮想貨幣はどうやってそれらの国で活用されているかといいますと、現実的にイーサリアムのデータを記録したクーポンという形で活用されています。紙に記録した紙幣のような形よりも匿名性が強化されており、より低コストで準備できるという考えです。したがって難民が携帯端末を持っていなくても店舗へ行くだけで必要な生活物資を受け取れる事になります。投資としてを活用したい場合は専用取引上がありますから、そこで購入ができます。

ビットコインの時にも携帯端末を持たなくても、紙に暗号とメールアドレスを記録したものなどあらゆる形で、世界中で活用されていますが仮想貨幣は世界中の特に難民救済という活動の中で重要な役割を確立しつつあります。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イーサリアムの値段は何に影響しているのかを考えよう!今後どうなるか考えよう!

イーサリアムの値段は何に影響しているのかを考えよう!今後どうなるか考えよう!

イーサリアムを投資するなら、安い時に投資したいと誰もが思うはずです。ですが、どこまで値段が下がるのかを分からないと、とんでもないことになってしまうかもしれません。今回、値段が影響する要因を調べてみました。
turubo | 34,587 view
イーサリアムマイニングとビットコインマイニングの違いについて

イーサリアムマイニングとビットコインマイニングの違いについて

仮想通貨の話題としてイーサリアムに注目が集まってきました。しかし、初めてイーサリアムという言葉を聞く人は何のことかわからないと思うので、イーサリアム人ついて説明していきたいと思います。
じょにー | 1,199 view
ビットコイン取引所!bitbank trade(ビットバンクトレード)とQUOINEX(コインエクスチェンジ)

ビットコイン取引所!bitbank trade(ビットバンクトレード)とQUOINEX(コインエクスチェンジ)

bitbank trade(ビットバンクトレードとQUOINEXコインエクスチェンジ)は、どちらも注目度の高い取引所です。ビットコインの場合、どの取引所を利用するかによって、利用しやすさや手数料の有無などそれぞれに変わってきます。ビットコイン取引の経験や、知識の有無などによっても向き不向きがありますので、自分にとって利用しやすい取引所を見つけることが大切です。bitbank tradeとQUOINEXは、それぞれに特徴がありますので両者を比較して、自分にとって最適と思える方を選んでください。
管理者3 | 95 view
【気になる未来】イーサリアムはビットコインを超えるのか?

【気になる未来】イーサリアムはビットコインを超えるのか?

イーサリアムをご存知ですか? ビットコインを知っていれば、イーサリアムの利便性にも感銘を受けるでしょう。 仮想通貨の勢いは、今後も拡大していくことが予想されます。 今回は、注目されるイーサリアムがビットコインを超えられるかをご紹介します。
ゆうか | 2,261 view
数百種類ある仮想通貨の中からどれを購入するべきか

数百種類ある仮想通貨の中からどれを購入するべきか

仮想通貨を購入したいけれど種類が多すぎてどれを購入すればいいのか分からない、そんな方に今人気の高い仮想通貨から今後価格上昇が期待できる将来性の高い仮想通貨まで、それぞれの特徴を交えつつ紹介しています。また仮想通貨購入の際の注意点、購入先を決めるコツについても触れています。
仮野真根 | 1,856 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3