2018年1月30日 更新

他の仮想通貨と比べたビットコインの特徴

国による統制がなく、手数料は格安もしくは無料のビットコイン。取引量も増えていますが、他にも仮想通貨は存在します。選ぶにあたっての注意点と、よりよい仮想通貨を見極める方法をみてみましょう

たくさんある仮想通過

仮想通貨の代表格といえばビットコイン。
しかし世界には他にもたくさんの仮想通貨があり、独自の仮想通貨を作ることも可能です。
みなさんが「仮想通貨」と言われて想像するのはおそらく「Bitcoin」だと思うのですが、Bitcoin 以外にも仮想通貨が多く存在します。少しリストアップしてみると、
Ripple
Litecoin
altcoin
Colored Coins
Namecoin
Monacoin
Dogecoin
Nxt
WorldCoin
Peercoin
Mastercoin
など。現在、仮想通貨の種類はなんと200以上にのぼっています。
Ripple は Google や a16z など名だたるファンドから出資を受けており、Litecoin は2013年時点で流通総価値が10億ドルを超えていると言われています。

代表的な仮想通貨

主な仮想通貨と特徴

主な仮想通貨と特徴

下記の他、ピアコイン、ドージコインもあります。
リップル(Ripple)
リップルはGoogleが出資したネット決済手段で、単位はXPRという表記になります。ビットコインよりもマーケットは小さいですが、Googleという大きな後ろ盾を持っている決済手段ゆえ、比較的安心して購入しておくことができるかもしれません。

ライトコイン(Litecoin)
ライトコインは仮想通貨の2番手…という存在でしたが、最近ではややリップルに市場規模では超えられてしまった感がありますね。決済スピードが早いため、店頭決済にも向いていると言われています。

モナーコイン(MonaCoin)
モナーコイン、もしくはモナコインは日本発の仮想通貨。2014年1月より本格的な流通が開始したようです。
最近取引量も延びて注目されているのはリップルでしょう。
どの仮想通貨が使いやすく、将来性があるのかを見極めることが大切です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitclubmining

リップルとの違い

 (7232)

最近では、ビットコインに並び、Googleが出資したリップルも話題になっているようですが、別物です。簡単にその違いを説明すると、リップルは「仮想通貨の送金システム」と言えます。
リップルを使うと、送金する側はビットコインをはじめとするあらゆる仮想通貨で送金することができて、受け取る側は仮想通貨に限らず、円やドルで受け取ることも可能です。つまり、リップルは「(仮想)通貨を橋渡しする存在」と言えるのです。
リップルは他の仮想通貨や法定通貨とも結びついているのです。

他の仮想通貨との違い

◯他の仮想通貨に比べると遅い
確かに従来の銀行システムよりは早いです。特に国際送金は何日もかかるところを1時間以内に抑えるなど、革新的なスピードを誇ります。
しかし、後に登場したBitcoin2.0と呼ばれる「アルトコイン」に比べると劇的に遅いです。例えば、BitShares(アルトコインの一種)なら数秒で送金が完了します。
ビットコインの1確認が10分かかるところを、BitSharesは数秒単位にまで下げました。
「何日→1時間→数秒」
登場後、人類はあっという間にトランザクション速度を底上げしてしまいました。
ですから、ビットコインの速度は「中」くらいなのです。

◯アドレスは長くて人間には間違いやすい
を送ったり受け取るときにはアドレスが必要になります。
このアドレス、めちゃくちゃ長い上に人間には読めない組み合わせの文字列なので、「コピペ」、または「カメラQRコードで読み取り」で正確に読み取らないと間違える可能性があります。
間違えて違うアドレスに送ったら最後、取り戻すことはできません。(チャージバック不可なので)
「コピペ」や「QR読み取り」を理解するところから始めないといけない、ITリテラシーに乏しい方にとってはかなり厳しい戦いになるでしょう。
BitSharesなどのアルトコインでは受け取り用のアドレスを「人間の読める文字」として設定できるので、そういう意味では、アドレスは決してユーザーフレンドリーとは言えないでしょう。
後発の仮想通貨が問題点を改善する形で登場しているので、
これは当然のことと言えるでしょう。

リップルに替える

ビットコインは投機の影響を受けやすく、レートが乱高下して不安定な状態になることもあります。リスクを避けるために、リップルに替えておく方法もあります。
リップルは、よくハブ通貨と言われます。
その理由は、ウォレット内であらゆる通貨で入出金を行う事が可能だからです。
それは、ユーロ、ドル、円などの法定通貨だけでなく、ビットコインなどの暗号通貨にも対応しています。
ただし、送金コストがかかることに注意しましょう。
送金コストは、条件によって変化します。

ビットコインは現在は暗号通貨の中でも主流ですが、
リップルなどの他の暗号通貨と比較するとデメリットもあります。
お互いをよく比較し、特徴をよく理解した上で活用しましょう。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitclubmining
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ウォレット3選】リスクの保管はウォレットで安全に

【ウォレット3選】リスクの保管はウォレットで安全に

リスクの保管には、デスクトップウォレットの「リスクナノ」、モバイルウォレットの「リスクウォレット」、ペーパーウォレットの「リスクペーパーウォレット」などがあります。ハードウェアウォレットの対応はありません。それぞれ一長一短ありますので、自分に合ったものを使いましょう。
しょーじ | 35 view
使いやすいユーザーインターフェースのウォレットアプリ「Jaxx」

使いやすいユーザーインターフェースのウォレットアプリ「Jaxx」

Jaxxは、51種類もの仮想通貨に対応していて、ユーザーインターフェースが分かりやすいモバイルウォレットアプリです。バックアップも簡単なので、端末が壊れたり紛失してしまっても安心です。
しょーじ | 62 view
マルチシグネチャ対応のウォレットアプリ「Copay」

マルチシグネチャ対応のウォレットアプリ「Copay」

BitPay社が提供しているウォレットアプリ「Copay」は、秘密鍵を端末内に保管、二段階認証に対応、オープンソースによる開発と、セキュリティ的に万全で安心して利用することが可能です。日本語に対応しており、使いやすいインターフェースです。
しょーじ | 77 view
国産のイーサリアム向けウォレットアプリ「HBWallet」

国産のイーサリアム向けウォレットアプリ「HBWallet」

日本のbacoor株式会社が開発しているイーサリアム向けのウォレットアプリ「HBWallet」を紹介します。ユーザーインターフェースはシンプルで分かりやすく、2018年3月には10万ダウンロードを達成しています。
しょーじ | 176 view
コインチェック事件で分かった、ウォレット管理の大切さ

コインチェック事件で分かった、ウォレット管理の大切さ

取引所はハッカーから見ると格好の獲物ですので、取引所に仮想通貨をそのまま置いておくのは非常に危険です。そのため、自分で管理できるウォレットを用意してそこに仮想通貨を入れておきましょう。
しょーじ | 116 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

息吹肇 息吹肇

おすすめの記事

今注目の記事