2016年7月5日 更新

世界でもかなり大きいビットコイン取引所!Krakenとは

国内のビットコイン取引所をメインに活動している人には、あまりなじみのないかもしれませんが、アメリカの取引上にKrakenというのがあります。実は日本国内でも利用できるようになったのをご存知ですか。これからの波に乗れるようにしっかりとチェックしましょう。

名実ともに世界一のビットコイン取引所

急速に広がるビットコイン。そんなビットコインの”海外”取引・販売サイトを紹介! | Boxilが運営するBtoBクラウドサービス・資料紹介メディア ボクシルマガジン! (9598)

Krakenビットコインという取引所は2011年7月28日サンフランシスコにて会社が設立されています。世界中でメジャーなビットコイン取引企業の一社に選ばれ、世界初となるビットコイン通貨のコードXBTを採用した取引所として知られています。2014年にはユーロ取引において取引額が最多となり今日へと至っております。以前よりも取扱手数料を安くしていること、英語のみだけでなく、日本語でのサービスも充実しているため、こちらの取引所の名前が日本人の間にも知られるようになっていて、日本人のユーザーが最近増えている取引所で、注目度が高まっているようです。
取引所一覧 – 仮想通貨通信 (9597)

これほどまでに大きいビットコイン取引所が日本にオープンしてきたということは、それだけ日本においてもビットコインの需要というのが高まっているのではないでしょうか。特に日本国内の取引の中では、欧州圏の流れがつかみにくいといわれています。ですがKrakenであればユーロの流通量から予想ができるかもしれません。

日本人向けの専用ビットコイン取引所

Kraken | ビットコイン取引所 - プロフェッショナルな投資家のためのビットコイン取引所 (9573)

ビットコイン取引所大手の米Kraken(クラケン)が2014年10月30日をめどに国内でサービスを開始することが本誌取材で明らかになった。日本語による取り引きが可能で、円とビットコイン間での取り引きが可能になる。サービス開始に合わせ、日本語でのサポート業務も開始する。クラケンにとっては英語以外の初の言語対応となり、欧州に続き日本市場の開拓を進める。
クラケンは2011年創業で、2013年9月に取引所を開設した。現在、185カ国に約10万人の利用者を抱えている。
ビットコインの入手方法・換金方法 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース (9579)

今までにも世界展開はしてきたようですが、今回初の英語以外の言語でのサービス提供ということで、日本による力の入れようがうかがえます。金融市場としては、世界でも指折りの大きさを占めている東京市場だけにKrakenの本気度がうかがえます。

かなり手軽に利用できる。

米ビットコイン取引所のKraken(クラケン)が日本進出! | IFA無料案内所 (9582)

米大手ビットコイン取引所「Kraken(クラケン)」が、31日から日本向けサービスを開始すると発表しました。
日本語の取引サイトを設けて、円、ドル、ユーロ、ポンドの4通貨をビットコインのほか「ライトコイン」など他の仮想通貨と交換することができるそうです。
取引手数料は0.1~0.35%で取引量に応じて安くなるとのことです。
楽天グループ、DELL、エクスペディア、PayPalが、ビットコインでの決済導入を予定していて、今後かなり普及していく可能性はありますね。
他にGoogleやアマゾンも導入を検討しているという噂があります。
BTCNウィークリーニュース 2016/03/28 ~ FRB/コメルツ銀/オーストラリア政府/Rootstock | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース (9586)

1回辺りの取引が10000円と考えると手数料は僅か10円から35円の間になります。手数料の観点から言うとかなりお得な取引ができる取引所なのではないでしょうか。また人によってはドルやユーロなどの外国通貨の運用先を探している場合にも有効な取引場所となると思います。日本国内にいながら世界を股にかける取引が可能になります。

対策も万全

ビットコイン取引所のKraken(クラーケン)の評価と特徴 (9592)

ビットコイン(KrakenではXBTを単位としています)だけでなく、それ以外にいくつかの仮想通貨/暗号通貨も取り扱っています。
2014年2月に破たんしたマウントゴックスの支援会社になり、被害者救済を進めています
会員種別(認証レベル0~4)によって利用できるサービスが違ってきます。上位になるほど本人確認資料が多く必要になり、1日/1ヶ月の入出金限度額が増えます。入出金限度額は一般通貨かデジタル通貨によっても制限されています。
ビットコイン取引所のKraken(クラーケン)の評価と特徴 (9593)

自分の利用に合わせて認証レベルを調整しておけば、限度額の調整にもつながりそうです。どうしても慣れないうちには発注ミスなども考えられるだけに、こういったサービス内容もうれしいのではないでしょうか。またマウントゴックス経由からビットコイン取引所を探していた人にも何か力になってくれるかもしれません。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコイン取引所LocalBitcoins.comとは

ビットコイン取引所LocalBitcoins.comとは

LocalBitcoins.comというところをご存知ですか?ビットコイン取引所という形で理解している人も多いと思いますが、実は日本のビットコイン取引所の形態とは、違うところがあるんです。慣れてくると国内の取引所よりも良いという人もいるみたいです。
turubo | 565 view
最近人気のビットコイン取引所Quoineってどんなところ

最近人気のビットコイン取引所Quoineってどんなところ

最近では色々なビットコイン取引所がオープンしています。海外の大きなビットコイン取引所も日本に本格的に産有しています。その中でも最も人気で勢いのあるビットコイン取引所はQuoineといわれています。どんな所か人気の秘密が気になりませんか?
turubo | 1,507 view
ビットコイン取引所Quoineでは信用取引も出来ますよ!

ビットコイン取引所Quoineでは信用取引も出来ますよ!

日本にも数多くのビットコイン所が出来てきていますよね。 その中にQuoineというビットコイン取引所があります。 信用取引もできてしまうビットコイン取引所です。 Quoineについて、そしてQuoineの事業について紹介します。
anzu | 200 view
ビットコイン取引所Btcchinaとはどういった組織?

ビットコイン取引所Btcchinaとはどういった組織?

ビットコイン取引所は世界中にありますよね。 その中でbtcchinaとはどういった組織になっているのでしょうか? btcchinaについて、その規模や影響力など、取引所として世界にどれだけの力を持っているのでしょうか?
anzu | 237 view
ビットコイン取引所「Mt.Gox」ってどんなところ?

ビットコイン取引所「Mt.Gox」ってどんなところ?

ビットコイン取引所 Mt.Gox の事件が話題になりました。これの事件において取り上げられたのが、ビットコインで、コインはビットコイン取引所 Mt.Gox とビットコインの関係、そして事件の原因、ビットコインの今後を考えていきたいと思います。
nekomimimanaka | 1,012 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

turubo turubo