2016年7月4日 更新

話題のビットコイン取引所Quoineがいよいよ日本上陸!

Quoineというのはシンガポールにあったビットコイン取引所なのですが、このたび日本へも進出することになったようです。かなり信用性が高いビットコイン取引所だけに、注目している方も多いと思いますので、関連性のある記事をいくつかまとめてみました。

資金も人材もじゅぶん用意

ビットコイン取引所QUOINEが本社を日本に移し15Mドルを調達、金融サービス事業者向けB2B展開に本腰  |  TechCrunch Japan (9264)

QUOINE(「コイン」と読む)は2014年11月にシンガポールで設立されたが、今回の資金調達に先立って2016年3月末に本社機能を日本法人に移し、また2016年4月1日付けで栢森 加里矢(かやもり かりや)氏がCEOとして着任している。栢森氏の前職はソフトバンクグループのシニアバイスプレジデントでアジア統括を担当。今までは投資家の立場でQUOINEに参画してきた。なおQUOINEは2014年末に1.8Mドルの資金を調達している。
QUOINEのCEOに就任した栢森 加里矢氏

QUOINEのCEOに就任した栢森 加里矢氏

本社を日本に移したということは、基本的には日本の法律にのっとったビットコイン取引所というだけに、国内の人は使いやすいビットコイン取引所ということになるのではないでしょうか。またCEOについても日本でおなじみの会社で実績を残している人だけに要チェックの必要があると思います。

日本の個人投資家向き

シンガポール/日本発のビットコイン・スタートアップ「Quoine」が200万ドルを調達 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) (9270)

各種ウェブサービスにビットコインによる決済代行業務を提供することができる。
それから、ビットコインの売り方と買い方をマッチングさせるエンジンが、秒あたり取引件数100万件まで対応しているのも、我々の強みの一つだ。
さらに、我々を最も特徴づけているのはレバレッジ取引ができる点。証拠金を入金することで、その金額の最大25倍までのビットコイン取引が可能になる。これまでのビットコインは、テックの人たちのためのサービスに過ぎなかったが、金融のソリューションを組み合わせることで、より金融取引に長けた人々にも使いやすいサービスを提供できると思う。
Quoine Corporate (9272)

日本の個人投資家が国内のレバレッジ取引で最も高いレバレッジをかけれるのは、FXで25倍となっています。なのでこのレバレッジのMAXも日本に向いているサービスの一つといえるのではないでしょうか。それに取引件数を毎秒100万件というのであれば、サーバーダウンなどにも耐えうる信頼できる条件がそろっているといえます。

他にも日本企業の金融専門家が

ビットコイン取引所QUOINE、イーコンテクストと提携し20,000店舗でビットコイン決済導入可能に | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース (9275)

QUOINEの最大の特徴は、堅牢かつ本格的な取引機能を提供できることといい、信用取引が可能な取引所となる。信用取引はビットコインの流動性と価格の安定を提供する重要な役割を担うとし、QUOINEでは最大レバレッジ25倍までの信用取引を行うことが可能。また、近日中にデリバティブ取引、アルゴリズム取引の提供を予定している。
QUOINEの経営陣は、Merrill Lynch、Credit Suisse、Barclays、サイバーエージェントFXなどの金融機関で培ってきた技術を活かし、日本で"安全で操作性の高い次世代ビットコイン取引所"を提供していくとしている。
学習すると;"Google、モバイルアプリの症状検索を強化してWebMDに挑戦" via Digg - D-S-C-H のコメント / はてなブックマーク (9277)

ソフトバンクだけではなくサーバーエージェントFXの経験者などもそろえているようなので、通信インフラだけではなく、金融システムとしてもかなり確立されているようです、もしかするとその自信がレバレッジ25倍という数字に表れているとも考えられます。

多種多様な取引が予想されます

Quoineでビットコインを買ってみた | ビットコイン101 (9280)

QUOINE(コイン)は、ビットコインなどの仮想通貨取引所機能を、金融機関や事業会社、証券会社、FX事業者、ビットコイン専業社などにOEM提供するB2B事業をメインに展開している。

 USドル、日本円、ユーロ、人民元など10通貨でのトレードに対応し、毎秒100万トランザクション(現時点での1日あたりのビットコイン取引件数は30万程度)を処理する世界最高速のマッチングエンジンを持つ。
Quoineでビットコインを買ってみた | ビットコイン101 (9282)

日本に移るということで対日本円取引というのは予想していましたが、その他にも10種類の通貨が対取引として利用できるのですから、マルチカレンシーが好みのFX投資家には非常に魅力的なのではないでしょうか。円安が進んでいった際のドルの運用先としては非常に魅力的な気がします。今後はそういった人にも広がっていくと思います。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインの購入はどこがおすすめ?主要な取引所4社を徹底比較

ビットコインの購入はどこがおすすめ?主要な取引所4社を徹底比較

ビットコインをはじめるにあたって重要なのが、取引所です。現在ビットコインの取り扱いを行っているサイトは主なもので5つはあります。 その中でも、特に有名でおすすめな4社を比較してみました!取引所によってさまざまなメリットやオススメしたいポイントを含めてご紹介します!
| 302 view
再注目!ビットコインが日本でも普及率が上がると言われている理由

再注目!ビットコインが日本でも普及率が上がると言われている理由

ビットコインが、再び注目されています。 2009年に複数のプログラマーが作ったビットコインは、その利便性から先進国で多くの利用者がいます。 ビットコインが注目されたのは2014年のビットコインの最大手取引き先であったマウントゴックス取引所の倒産です。 このニュースでビットコインという名前は、一躍その存在を世界に広めました。 しかし、この事件以降もビットコインは流行し続け、世界中で根強い人気があることがわかります。 日本ではまだ普及していないビットコインですが、これから普及率が上がると予想されています。今回は、再注目されるビットコイン!日本で普及率が上がる理由をご紹介します。
ゆうか | 35 view
【初心者でも使える】日本に導入された「ビットコインATM」って!?

【初心者でも使える】日本に導入された「ビットコインATM」って!?

全世界で利用されているビットコイン。利用者数は全世界で少なくても約300万人以上と言われ、その急激な市場拡大に各国の中央銀行が取引を規制する動きがみられています。それでもなお市場は拡大を続けており、日本にもビットコインのATMが導入されました。全世界でビットコインのATMは1000台を越え、更に増え続けています。今回は、そんな日本のビットコインATMについてご紹介します。
ゆうか | 41 view
【知っておきたい基礎知識】ビットコインの"取引所"って?

【知っておきたい基礎知識】ビットコインの"取引所"って?

ビットコイン、日本でも名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。ただ、同じくしてビットコインは「取引所」なしでは語ることができません。「ビットコインでさえ馴染みがないのに、取引所など知る由もない」そう思う方も多いでしょう。 日本では、まだまだ聞きなれないビットコインですが、取引所を知れば背景と利便性が見えてきます。今回は、知っておきたい基礎知識!ビットコインの取引所についてご紹介します。
ゆうか | 11 view
初めての方必見!おすすめのビットコイン取引所

初めての方必見!おすすめのビットコイン取引所

世界中で利用者が増加しているビットコインですが、始めてみようと思ったときまずはウォレットを持つことが必要です。ウォレットはビットコインの取引所にて登録してから持つことが出来ますが、どの取引所が良いのでしょうか?今回はそんな方におすすめのビットコイン取引所をご紹介いたします。
ゆりゆり | 17 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

turubo turubo