2016年9月6日 更新

【イーサリアムの魅力】決済以外に契約もしてくれる!?

イーサリアムとビットコインは、仮想通貨を知っている方ならどういった仕組みになっているのかご存じであると思います。イーサリアムは、決済の他にも機能を持たせることが出来るという魅力を持ち合わせています。では、どういった決済手段になるのでしょうか?

ビットコインとイーサリアム

レジュプレス、ビットコインに迫る勢いのEthereum(イーサリアム)基軸の仮想通貨「Ether」の売買を開始 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) (12762)

世界中の人々が互いに台帳を監視するビットコインやイーサリアムですが、
言い換えれば、誰にでも取引履歴を覗けるということですよね。
ではプライバシー等の心配は大丈夫なのでしょうか。
ビットコインやイーサリアムが普及してきたもう一つの理由に匿名性があります。
台帳を互いに監視するのですが、監視しているのは、チェーンが分岐していないか?最も長いチェーンはどれなのか?
ということだけであって、いつ、どこで、誰に通貨を送金したかということは、誰にも分らないようになっています。
よって、ビットコインやイーサリアムの匿名性は完璧なものとなっています。
その匿名性から、お金の流れを常に把握したい国にとって、仮想通貨は厄介な存在です。
お金の流れを把握できないために、正確に税を徴収することができなくなります。
そのくらい、ビットコインやイーサリアムは匿名性が高いということですね。
ビットコインとイーサリアムは仮想通貨を代表するものです。
なぜ普及しているのかというと、取引の匿名性にあります。
中央銀行を持たない仮想通貨の場合、どこでなどんな取引をしたのか分かってしまいます。
それを世界中で監視してるわけですが、その際には匿名性が高いために利用されているということですね。

ブロックチェーンの安全性

IBMが注目するブロックチェーンとは何か | CHANGE-MAKERS (12763)

ブロックチェーンは、単一障害点がないシステムです。中央管理的なシステムは、データを管理するコンピューターが処理集中でダウンする、ハッカー攻撃が集中する、内部者による不正が生じるといったリスクが生じます。しかし、分散型元帳は永久的な電子記録媒体と言えます。多数の参加者が元帳を分散して管理していけば、その全てが同時に破壊されない限り、システムは動き続けます。
ブロックチェーンはどこかにサーバーがあるわけでもありません。
ビットコインやイーサリアムを利用する方が、どんどんチェーンを広げていっているので、
そのチェーンを全て攻撃しない限りは動き続けられるシステムとなっています。
ですので、まずハッキングなどは不可能になっているのですね。

イーサリアムが決済以外に出来ること

Free stock photo: Bookkeeping, Accounting, Taxes - Free Image on Pixabay - 615384 (12764)

イーサリアムが、決済のほかにできることを、スマートコントラクトと言います。
コントラクト(contract)、契約ですね。
決済+契約の機能を持ったもの。
それがイーサリアムです。
世の中のだいたいの物事が、お金のやり取り+契約、決まり事で進んでいて、
その契約を自動で執行していくもの。
それがイーサリアムです。
イーサリアムは、ビットコインと同じように決済手段として利用できますが、
ビットコインとの大きな違いは、契約を遂行してくれる機能を持っているということです。
法人間の取引では、末締めの翌月末払いであればその通りに決済を実行してくれるといった事ですね。

IBMの実験

Free illustration: System, Network, News, Connection - Free Image on Pixabay - 1527684 (12765)

IBMはイーサリアムを使い、IoTにブロックチェーンを利用するプロジェクトをサムスンの家庭用洗濯機を使い実験しています。

家庭用洗濯機が自動的に洗剤残量を感知すると、洗剤の発注書を自動作成し発注を行います。すると今度は、洗剤販売会社も自動的に洗剤を発送し、発送通知を行い、代金の決済も自動的に行われます。

このような契約が含まれる一連の業務フローがイーサリアムを使うことによえい自動的に実行できるのです。クラウドファンディングにより20億以上の資金調達をしているところからも、期待値はかなり高いと言えます。
IBMは家庭用の洗濯機を使いイーサリアムを利用する考えを示しています。
全ての支払をイーサリアムを利用して行うというものです。
こういったことが行えるようになれば、全ての取引は自動化されるようになりますね。凄い将来です。

イーサリアムの魅力

Free illustration: Contract, Hands, Shaking Hands - Free Image on Pixabay - 1229858 (12766)

人々が集ってなにかをするとき、もっとも難しいのは決められたルールをまもって仕事をすることだ。イーサリアムのコンピュータ上で走る業務やアプリは、予めルールをビルトインすることができ、第三者の仲介や監督なしに、執行できる。

例えば、イーサリアム上の分散型クラウドファンディングアプリは、元締めも、監査人も、資金の預かり人も必要なく、ルールにしたがってイーサリアムのコードが、ファンドの目標額の判定や、安全な預かり、資金の分配を自動的に行う。
イーサリアムはとにかく契約を遂行してくれる仮想通貨です。
上記のような例でファンドを作ったときに、全て計算して実行してくれます。
こうなってくると、金融機関もイーサリアムを利用しはじめる可能性が高くなりますね。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【イーサリアム】はプレセールから70倍近い価格上昇!?

【イーサリアム】はプレセールから70倍近い価格上昇!?

イーサリアムは、ビットコインに次ぐ人気の高い仮想通貨です。そんなイーサリアムにも、最初は当然あったわけですが、その最初であるプレセールから驚きの価格情報をしています。プレセールとは何なのかなどについてまとめてみました。
anzu | 2,991 view
イーサリアムの値段は何に影響しているのかを考えよう!

イーサリアムの値段は何に影響しているのかを考えよう!

イーサリアムを投資するなら、安い時に投資したいと誰もが思うはずです。ですが、どこまでイーサリアムの値段が下がるのかを分からないと、とんでもないことになってしまうかもしれません。今回、イーサリアムの値段が影響する要因を調べてみました。
turubo | 2,887 view
イーサリアムとクラウドセールは何?その仕組みについて

イーサリアムとクラウドセールは何?その仕組みについて

イーサリアムは仮想通貨の中でビットコインに次ぐ人気を誇っていますね。 そんなイーサリアムのクラウドセールとはどういったことなのでしょうか? イーサリアムについて、クラウドセールについてなど調べましたので紹介します。
anzu | 755 view
イーサリアムに無限の可能性を感じている世界の企業

イーサリアムに無限の可能性を感じている世界の企業

リリース後にあっという間のブレイクで、仮想通貨としての総資産額が第2位となったイーサリアムですが、その可能性には世界中の企業が感じています。もしこれから自分がイーサリアムをうまく活用していきたいと思ったら、参入している企業もチェックしておきましょう。
turubo | 693 view
【日本政府も】将来性に注目!イーサリアム【日銀も】

【日本政府も】将来性に注目!イーサリアム【日銀も】

ビットコインの次に来る仮想通貨はイーサリアムで決まりと言われていますね。世界中から注目を集めるイーサリアムは、通貨機能に付加できる情報量の多さが評価の理由。世界中のIT企業や日本政府、日銀も認めるイーサリアムの将来性をまとめます。
letyour8 | 2,603 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

anzu anzu