2018年1月14日 更新

ビットコインを購入!bitbank trade(ビットバンクトレード)とBtcbox(ビーティーシーボックス)を比較

ビットコインは新たな通貨として様々な場所で注目され活用できる場所も増えています。最近では現金と同じように使うだけでなく株やFXと同じように取引をして投資をするということを行っている人も増えており、これからさらに利用者が増えることが予想されている取引です。ただ、まだまだその仕組みがわからないとい人も多いですから、ここではビットコインを用いたトレードの方法とトレードが行える取引所を紹介していきます。

ビットコインを用いたトレードとは

 (21073)

一般的な投資としてよく利用される株やFXも今は小額投資ができるものが増えています。それよりもさらに少額の投資が可能でありなおかつ資金をコツコツと増やすことができるといわれているのがビットコインを用いたトレードです。

特徴として少額からのトレードができる以外にも24時間365日いつでも利用することができることがあります。いつでもトレードができるということで、仕事や家事の合間を利用したり、仕事が休みの日に集中して取引を行ったりと自分のライフスタイルに合わせて行うことができるのです。もちろん、常にチャンスがあるわけではありません。しかし、トレードを行っていくとチャンスが来る時間帯が見えてきますからその時間に合わせて行動をすることができ効率よくトレードができるようになります。

取引所選びの大切さ

 (21076)

ビットコインのような仮想通貨は取引所と呼ばれる場所でやり取りをします。少額でのトレードを行うという場合にはレバレッジが使える取引所を選ぶことが必要です。取引所と聞くととても難しい手続きや口座開設の手数料がかかるように思われますが、そのようなことはありません。最近ではインターネットで申し込み可能ですし、その作業時間も5分ほどです。

取引所を選ぶにあたっては、チャートの使いやすさやレバレッジが何倍までになるか、といったポイントをみていきます。せっかくならば取引をして利益がでるようにしたいものです。そのために有効なレバレッジとチャートは確認するべき項目です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitbank trade(ビットバンクトレード)のメリット

 (21079)

ビットコインのトレードでよく使われる取引所がbitbank tradeです。人気の理由としてチャートが大きくて見やすいということ、レバレッジが最大で20倍になるということがあります。トレードをするにあたっては確率の高いチャートパターンを見つけて行うことが重要です。そこでチャートが見やすく大きなものであるbitbank tradeは利益を出しやすいのです。

また、レバレッジが最大で20倍になるということは得られる利益が20倍になるということです。もちろんリスクも生じますがレバレッジを使うことによって利益も大きくすることができます。そのため損失を出すリスクも軽減できるのです。初めからレバレッジを活用するのには勇気が必要ですが、チャートの読み方や取引のコツが見えてきたらレバレッジは取引でとても強い味方となってくれるものになります。

Btcbox(ビーティーシーボックス)の特徴

 (21082)

Btcboxは2014年3月に設立されており、仮想通貨取引所としては老舗といえる取引所です。大きな特徴としては取引所が日本版と国際版とがあるというところで、取り扱い通貨とサービスが少し違ってきます。

日本版ではスマートフォン向けのアプリがあり、ほかの取引所のビットコインも一覧で確認できます。これは他のところと比較がしやすいということで、初心者でも取引がしやすいというメリットがあります。それに対して国際版はゲームクレジットという仮想通貨を購入して取引を行い、オンラインゲーム内での利用が可能です。

また、Btcboxを選ぶ人の多くが決め手としているのがサポート体制の手厚さです。どうしても初心者は取引の中で不安なことが多く不明点も出てきます。そのようなときに手厚さポートが受けられますしチャートも見やすくて判断をしやすいです。そのためこちらも初心者でも安心して取引がしやすいです。

そして多くの人が選ぶ理由として安心安全という理由もあります。仮想通貨取引所の老舗が運営しているということ、取引実績も大きいこと、セキュリティ対策が厳重であるということからビットコインの取り扱いになれていないという人でも安心して利用できるとしてBtcboxは選ばれることが多いです。

チャートは人によって好みがわかれる

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
 (21085)

取引所選びでとても重要になってくるのがチャートです。チャートを見ながら取引をどうするかを決めていくため、見やすさがとても重要になってきます。人によってチャートは好みがあるので実際のものを目にして自分が使いやすいもの判断しやすいものを選ぶことが一番です。人に勧められてそれを使うのではなく、自分で使い勝手の良い方を選ぶようにしましょう。

bitbank tradeもBtcboxも初期の登録は無料で行うことができます。そのためまずは無料で開設をして、少額の投資だけどちらも試してみて実際の操作性で本格的に利用していく取引所を選ぶというのも一つの方法としてあります。ホームページ上の説明や本を読んでもどのようなものが自分に合うかわからないという人は実際に操作して判断することがもっとも有効です。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ビットコイン】FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所とZaif(ザイフ)を比較

【ビットコイン】FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所とZaif(ザイフ)を比較

ビットコインの価格が高いと売りたいときには有利ですが、手数料がかかるところは手数料も高くつきます。買いたい時は安いほど有利ですが、購入時にも手数料がかかるとその分余計に支払わないといけません。FISCO仮想通貨取引所とZaifともに手数料がお得で、初心者にも利用しやすいのがポイントです。
管理者3 | 79 view
BITPoint(ビットポイント)とBIT Trade(ビットトレード)でビットコイン取引!

BITPoint(ビットポイント)とBIT Trade(ビットトレード)でビットコイン取引!

ビットコインは取引所で売買されるのが一般的です。他にも販売所というところがありますが、手数料が高めのため取引所の方がお得に売買できます。BITPointとBIT Trade以外にもたくさんの取引所がありますが、それぞれに特徴があります。利用の仕方も各取引所によって異なりますし、場合によっては手数料がかかるところもあります。取引所を利用する前に、どんな特徴があるかを知っておくことが大切です。
管理者3 | 54 view
ビットコイン取引所Fisco(フィスコ)とBIT Trade(ビットトレード)を比較

ビットコイン取引所Fisco(フィスコ)とBIT Trade(ビットトレード)を比較

ビットコインは仮想通貨ですから、紙幣や硬貨が存在せず銀行での取引はできません。取引をする場合は仮想通貨を扱う取引所を利用します。ビットコインを買いたいユーザーと売りたいユーザー同士は直接交渉や取引をするので、原則手数料はかかりません。ビットコインは今後も注目される仮想通貨ですし、需要が高いほど価値が上がります。数に上限があるので今後も価値は上がると予想されています。国内にも続々と取引所が設立されていますので、選択肢も増えています。その中からFiscoとBIT Tradeを比較してみましょう。
管理者3 | 29 view
bitbank(ビットバンク)とFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所、ビットコインを楽しむには

bitbank(ビットバンク)とFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所、ビットコインを楽しむには

長引く不況や年金問題といったお金にまつわる不安から、多くの人が今あるお金を銀行に預けるのではなくいろいろな形で資産運用をしようと考えるようになっています。そのような中で注目を集めているのがビットコインです。まだまだ新しいものであるため知識に乏しい人が多く、具体的に何をすればよいかわからないという人も少なくありません。そこで、ここではビットコインが何かということとその取引所であるbitbank(ビットバンク)とFISCO仮想通貨取引所の比較をしていきます。
管理者3 | 49 view
ビットコイン取引ができるQUOINEX(コインエクスチェンジ)とBITPoint(ビットバンク)を比べてみよう

ビットコイン取引ができるQUOINEX(コインエクスチェンジ)とBITPoint(ビットバンク)を比べてみよう

ビットコインを使った取引をするためには、ビットコイン取引所でアカウントを作る必要があります。ビットコインの取引所は、ビットコインの需要の高まりを受けて増えています。各取引所によってサポートや取引できる仮想通貨の種類、セキリュティ、手数料などが異なります。今回は、人気のビットコイン取引所のQUOINEXとBITPointを比べてみます。
管理者3 | 70 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3