2018年4月17日 更新

ビットコインをwikiで調べたら様々な事がわかります。

ビットコインとウィキペディアの関係は切っても切れない関係にあります。そこで今回はウィキペディアで載った情報と、その用語や事象から調べたことを中心に掲載しようと思います。それによって知った情報を引用してみる事によって、さらに詳しく調べます。

ビットコインをwikiで調べてみますと…

ビットコイン(英語: Bitcoin)とは、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網及び暗号通貨である。
簡単に言えば、暗号通貨という事ですね。発掘の方法なども載っています。
一般的なデジタル通貨は、取引所で既存通貨とデジタル通貨を両替することで手に入れられます。これに対してビットコインの入手経路は、両替所だけではありません。自らの手で「採掘」することも可能です。
便利なだけでなく、ゲームのような楽しさがあるというのも魅力の一つの様ですね。発掘といいますと、つるはしを使ってやるような事を想像してしまいますが、それも知りたいものですね。
中央銀行のような中央機関は存在せず、通貨の発行や取引はすべてピアツーピア・ネットワーク上で行われている。

すべての取引履歴はブロックチェーン[注釈 1]と呼ばれる台帳に記録される。ブロックチェーンはネットワーク上のノードに分散的に記録される。過去のすべての取引が記録されているため、これを見れば、取引の整合性を誰でも検証することができる。
まとめる国家や省庁がありませんから、とても使いやすというのが大きな強みです。ですから送金も簡単にできるわけですが、問題点もないわけではないようです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining
暗号通貨の法的な扱いは、世界各国で多様であり、かつ急激に変化を続けている。例えばドイツではプライベート貨幣として合法化しているが、中国では通貨として認めておらず、公的金融機関による扱いに制限がある。デンマークでは日常的な取引に課税しないと決めた。日本では、現行の銀行法および金融商品取引法に照らして通貨でも有価証券でもないとして、銀行や証券会社が本業で扱うことを禁止した。
法的な側面を中心に載っています。国ごとに扱いが違っていて、厳しい国家もあります。
アドレス[注釈 4]に対応付けられて格納される。アドレスは公開鍵暗号ペアとして生成され、そのアドレスから送金する際には対応する秘密鍵が必要になる。

財布[注釈 5]はアドレスの集合である。ウォレットにはいくつか種類がある。
ネット上の財布という事で、そこに電子上のお金を入れて、お金を使ったりもらったりするわけですね。

暗号通貨とは?

暗号通貨の数々は99%、早く採掘を始めた人が儲かるように設計されている。ほとんどの通貨には発行量の上限が決められていて、はじめは採掘するごとに50枚もらえたのが、数年後には25枚しかもらえなくなり、また数年後には減るという形で採掘量が徐々に減っていくようにプログラムが組まれています。金(ゴールド)の特性をうまく組み入れているわけです。だから、用途が広がる通貨は、希少価値が高まり、値上がりしやすい。
優秀なプログラムや技術を持つ人は、儲ける事ができるようですね。ただしそのメカニズムを知るのも重要だそうです。

発掘ってどうするの?

通常の発掘はこのようなものですが…。

通常の発掘はこのようなものですが…。

これを電子空間上で表現して、パスワードという土などを除去していって、ゲットするものです。
採掘の道具には、主にCPU、GPU(グラフィックボード)、FPGA(専用チップ)、ASIC(専用ハードウェア)があります。

採掘速度:CPU<GPU<FPGA<ASIC

価格:CPU<GPU<FPGA<ASIC

となっています。FPGA、ASICなどの専用機器は、基本的に採掘時のアルゴリズム(計算方法)ごとに設計・開発されています。BitcoinをはじめとするSHA-256、LitecoinをはじめとするScryptについてはFPGA、ASICがすでに販売され普及がはじまっています。その他の代表的なアルゴリズムのものも一部ではFPGA、ASICの開発が進んでいるといわれているものがあります。
簡単に言えば、電子上で作ったつるはしで、電子上で作ったお金を手に入れているという事ですね。つまり、鉱山やCPUという能力によっていいものが取れたりスピードが変わってくるという事です。

ブロックチェーンって何でしょうか?

ブロックチェインは、インターネット上のセキュリティを保つために使われてきた暗号化技術の集大成であり、ビザンティン将軍問題の現実的な解法であると言われている革新的なソリューションだ。

ビザンティン将軍問題を簡単に説明すると、参加者全員が合意し、整合性をとらなければならないネットワークにおいて、誠実な参加者の間に悪意ある参加者が存在していても正確な情報伝達を行い合意形成するためにはどうすればいいか、という問題である。
つまりまとめる人や国がいないので、そのバランサーとして重要な位置づけになっているという事です。やはりこういった存在は大切ですね。
更に、ブロックチェインのインフラを維持するコストの安さと、分散的な合意形成システムという側面に着眼した技術者たちは、ありとあらゆる契約を分散的に行う仕組みを構築する、いわゆる暗号通貨2.0と呼ばれる新たな道を見出した
コストや便利性がブロックチェーンで保証されるからこそ、多くの人が使いやすくなっています。今後も様々な改良が加えられてさらに使いやすくなるでしょう。

法的な扱いとは?

このタイミングで政府が法改正に踏み切ったのは、目下、マネーロンダリングやテロ資金対策のための法整備を迫られていたことが背景にある。今年5月下旬に開催されるG7伊勢志摩サミットでも、テロ資金対策は主要議題となる見込みで、すでに日本を除くG7各国のほとんどが規制を導入済みだ。

日本では、2014年に発生したマウントゴックス社の「ビットコイン消滅事件」の印象から、仮想通貨に対して懐疑的な見方がなされることもある。しかし、同事件ではマルク・カルプレスCEOが横領の容疑などで逮捕されており(同氏は否認)、一事業者の犯罪であった可能性が濃厚だ。
今後サミットや国連で厳しいルールや、便利なルールが整備されていくことでしょう。

ビットコインの財布って何でしょうか?

ウォレット

ウォレット

そのため、保管したり、他の人に送付(送金)するときにはウォレット(財布)をあらかじめ作成しておく必要があります。

ウォレットには大きく分けて三種類あります。
•クライアント型
•オンライン型
•オフライン型(コールド・ストレージ)
それぞれの種類を理解する事が大切です。
今後はこんなキャラクターも

今後はこんなキャラクターも

国ごとの萌えキャラが多数生まれたりしそうですよね。絵師さんが手ぐすねを引いて待っていそうですよね。

終わりに

この様に、ビットコインをウィキペディアで調べると様々な事がわかります。歴史でたとえるならば、国史大辞典を見てそれから他の用語に取り掛かりますが、同様にウィキから様々なサイトや本に移動してみてはいかがでしょうか。基本的な知識と疑問を持つことができて重要です。

line

アルトコイン訴求
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

暗号通貨の成長により各ICOがトークン価格を見直しへ

暗号通貨の成長により各ICOがトークン価格を見直しへ

継続的成長の期間のあとETHとBTC価格は最近大きく変動し、ビットコイン価格は2017年12月17日、19,783ドルという最高値を付けその後14,129ドルへと大晦日に下落し、本稿時点で10,654ドルである(参照元:コインデスクBitCoin価格指数)。2017年の持続的な暗号通貨の成長のおがげで、2018年1月の調整より前、多数のICOが市場を勘案してトークン価格を引き下げる必要を感じていた。
管理者3 | 215 view
暗号通貨と呼ばれるジーキャッシュとは。珍しい特徴も紹介!

暗号通貨と呼ばれるジーキャッシュとは。珍しい特徴も紹介!

今専門家の中でも注目を浴びているジーキャッシュについて解説。 仮想通貨と呼ばずに暗号通貨と呼ばれる意味なども併せて紹介します!
じょにー | 240 view
仮想通貨のクラウドセールは魅力大!【大きなリターン】

仮想通貨のクラウドセールは魅力大!【大きなリターン】

新たに世に出る仮想通貨を気軽に入手できるクラウドセールに注目が集まっています。安全で大きなリターンを見込む事のできる、仮想通貨のクラウドセールについてまとめます。クラウドセールは仮想通貨の普及に弾みをつけるでしょう
letyour8 | 1,210 view
【通貨単位】ビットコインを始める際に知っておくべきこと!

【通貨単位】ビットコインを始める際に知っておくべきこと!

ビットコインを始める上で知っておきたいことはたくさんありますが、今回は「通貨単位を理解する」というところをピックアップします。通貨の価値を知るにも、また送金をスムーズに行うためにも重要です。
Michiru | 2,978 view
ビットコインは参加者数、取引数ともに拡大している!

ビットコインは参加者数、取引数ともに拡大している!

これまでにビットコインは何度か痛みを経験してきました。今もまだ痛みは増していますが、それでも、ネットワークの参加者数や取引数は拡大を続けています。それは一体どうしてなのでしょうか。現況を詳しくみていきたいと思います。
Michiru | 5,199 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nekomimimanaka nekomimimanaka

おすすめの記事

今注目の記事