2018年5月1日 更新

ビットコインと金利の関係で世界情勢が見えてくる?

通常、国同士の通貨の交換というのには金利というものが関わってきます。ですがビットコインの場合は国の制約を受けません。国ごとの通貨との間の関係には金利が関わってくるのか気になりませんか?実は色々なものが見えてきます。

金利0%では計算できない

ビットコインが基軸通貨の代わりになれないワケ(近藤駿介 元ファンドマネージャー) | ZUU online (10748)

リアルの通貨であれば、それぞれの通貨には「金利」があり、各国の「金利差」に応じて将来の交換レートが決められる。しかし、この「金利」が存在しないビットコインの場合はドルや円といった交換対象通貨との「金利差」も存在しないことになる。
金利を0%で一定と見做して、交換対象通貨との「金利差」を計算することも可能だが、これは将来の交換レートが他国の中央銀行の金融政策によって決められることを意味することになる。これは中央銀行の関与がないという長所が失われることを意味するものでもある。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining
Free stock photo: Dollar, Money, Cash Money, Business - Free Image on Pixabay - 1362244 (10750)

国ごとの金利というのは景気政策などによって左右されることがあります。ビットコインの場合は、これを統治する国がないので金融政策の対象としては考えられないようです。国の制約を将来も受けないというのであれば、金利についての概念がないのも納得できます。

中国金利とビットコイン

中国の金利規制はビットコインの追い風となるか | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース (10754)

中国は人民元の国際通貨化を目指しており、金利の自由化はその第一歩であった。貸し出し金利の下限を2013年の7月に、預貯金金利を2015年の10月にそれぞれ撤廃しており今回の決定は人民元の国際通貨化を後退させるものといえるだろう。
上海証券取引所の価格が155%上がった2015年、ビットコインのマーケットは下げのトレンドに見舞われた。しかし上海証券取引所がトーンダウンするとマーケットは活発化した。このように、中国経済とも密に関係している。
「ビットコインの快進撃はまだ始まったばかり」米ウェドブッシュ証券アナリストが語る | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース (10755)

中国の金利が高いということは、元で運用した際の利率が高いということになります。これと反対で中国の金利が下がるということは元で運用するメリットが下がるということになり、魅力を感じなくなった投資家がビットコインに資金を流入する結果につながり価格の上昇につながったということです。

将来の可能性は

ビットコイン熱、中国に再来-供給減の予想で - WSJ (10759)

ただし、今後その比率が増大するとともに、仮にマイナス金利幅が拡大することになれば、金融機関の業績へのマイナスインパクトは大きくなってくる。それを避けるために銀行は、預金者への手数料増などを模索する可能性があろう。
このような未来から、通貨の保存をど仮想通貨が代替するという議論もあるが、ビットコインは価値の変動を直接的に受けること、時価総額の観点から現段階において当該機能に非常に優れたポジジョンにいるとまで言い切れない。どちらかと言えば、仮想通貨の技術を用いた仕組みが通貨の保存を代替するのだろう。
ビットコイン熱、中国に再来-供給減の予想で - WSJ (10760)

マイナス金利の代表的な国として最近ではスイスのツーク市が公共料金の支払いの一部にBTCでの支払いを認めることになりました。確かに国の基軸通貨としてビットコインが認められることは難しいとは思いますが、通貨安を望む国にとっては補助的な決済通貨として認める国があるかもしれません。

マイナス金利になるのなら

ビットコインを用いたマイナス金利政策に言及=英中銀エコノミスト | マネーボイス (10763)

イングランド銀行の主席エコノミストAndy Haldane氏は、次の大恐慌を防ぐには金利をさらにマイナス金利にし、インフレターゲットを上げて、さらに現金をなくすべきだと示唆した。
マイナス金利にすると銀行預金は減るばかりとなり、そうなると国民は預金を銀行から引き出して現金をタンス預金に仕舞い込む。すると銀行は企業に貸し付ける資金が少なくなるため、貸し出しを控え、景気は冷え込む。
この主席エコノミストは「1つの手法として、電子通貨が良いのではないか」と語った。
仮想通貨ビットコイン価格が2015年最高値に | スプレッドマン (10765)

通貨の量を減らしたいのなら、確かにマイナス金利というのは効果があると思います。ですがマイナス金利を導入してむやみやたらに通貨量を減らすと今度は国民の反感を買うことになってしまいます。そういった場合を考えるのならビットコインも選択肢の一つとしてあるようです。
為替相場の相場の上下変動には、金利が密接にかかわっていると言われています。
BTC相場も同様です。ただし、BTC相場の場合は、特定の国の制約を受けるものではなく、BTC自体には金利というものはないため、そう簡単なものではありません。
また、マイナス金利になるのなら預金のままおいておくよりも、BTCにしておこうという傾向になるようです。

line

アルトコイン訴求
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインの影響!変わりゆく口座概念とは

ビットコインの影響!変わりゆく口座概念とは

ビットコインの影響により通貨の概念が変化していると言われています。通貨といえば口座も以前とは概念が変わってきています。より便利な生活を送るにはどのようなことを見ていけば良いのでしょうか。
turubo | 364 view
ビットコインがお財布は近い未来かも

ビットコインがお財布は近い未来かも

日にちを追うごとにビットコインの決済通貨としての広がりは大きくなっています。得に海外からの旅行では頻繁に使っているみたいなので、海外ではどのような状況になっているのかを見ていきましょう。
turubo | 322 view
欧州ではビットコインが無視できないものになっている

欧州ではビットコインが無視できないものになっている

欧州では金融危機のニュースが話題になることも多いです。それだけにビットコインが注目されているのは確かな事実のようです。
ほろん | 348 view
ビットコインって何だろう?

ビットコインって何だろう?

聞いたことはあるけれど実際に使用したことがないという方のために、ビットコインがなんであるのかを調べてみました。
tantoto2000 | 109 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

turubo turubo

おすすめの記事

今注目の記事