2018年2月6日 更新

ビットコインを使う人はミキシングも理解しましょう

ビットコインにおいてのトラブルはニュースでもたくさん報道されており、ハッカーによる被害は毎年のように報道されております。そのことからも安全性についてよく疑問視されるのです。そこで、今回は安全性に関係するミキシングについて解説します。

■ビットコインにおけるミキシングとは

 (15159)

ビットコインについて必ず語られることが安全性です。この安全性について必ず疑問性がもたれる理由が、「取引所でハッキングトラブルが発生した」といったもので、セキュリティに関して心配になってしまう人たちがたくさんいます。日本においても有名になったのは不正侵入者によるハッキング行為によって渋谷にあるマウントゴックス交換所が大打撃を受けて実質的な破産手続きへ移行することになりました。

このイメージがあまりにも強烈だったので、危険なものという認識が日本人の多くの方々にもたれてしまい、この仮想通貨に対するイメージが一気に悪くなってしまった最悪な事件となりました。そのためセキュリティといった面で多くの方々が叫ばれるようになりこのミキシングを有効活用するべしという声が一気に増えたのです。

ミキシングとは自分の持っているビットコインがどこからきて何時手に入れたものなのかを他の人たちに追跡されないようにするためのシステムで資金洗浄に近いものがあると思ってください。マネーロンダリングは犯罪ですが、犯罪行為で入手したお金は税務署や警察にばれてしまうのでそれを隠すためにマネーロンダリングが必要となるということです。
 (15158)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■ミキシングは犯罪行為ではありません

 (15161)

ビットコインにおけるミキシングは犯罪行為を助長させているわけではありません。実はやり取りは完全に匿名で行われているものではなく、個人情報を要求して成立するものなので、大きな取引をしている人は政府の専門機関へ情報が提供されてしまったり、配送先住所などを登録することで個人を特定されてしまうことがあるのです。それらの状況を防ぐためにもミキシングといった行為が必要になります。第三者が資金の流れを追跡できる状態といのは大きな取引を行っている人にとって「狙ってくれ」といっているようなものなので、ミキシングは必須となります。

また、取引するときに暗号を道いるのですが、その暗号を第三者に知られることは何よりも危険なことであり、絶対にあってはならないこととなります。インターネット上でブロックチェーンと呼ばれる台帳に全取引が記録されるためリスク分散型のかなり堅牢なネットワークではあるのですが、分散型であるゆえに暗号と呼ばれる鍵は盗まれやすいと言われているのです。

このように、後を追われないようにするためにも、鍵を知られにくくするためにもビットコインをミキシングして自分の情報を隠す手段を手に入れてください。

■ビットコインミキサーの使い方について

 (15162)

ミキサーの使い方は「BITMIXER.IO | High Volume Bitcoin Mixer」にアクセスして、addressの所に自分の使っているアドレスを入力し、アドレスが出てくるので送金して終了です。その後ビットコインと自分のアドレスが送られてくるのですが、半日くらいかかることもあるので時間に余裕がある休日にでも実行するおいいでしょう。

そんなミキシングですが主に3世代に分けられていると言われており「第一世代中央集権によるミックシングサービス」「第二世代P2Pミキサー」「第三世代匿名アルトコイン」となっております。はっきり言って完璧な匿名性は達成できないとは言われておりますが、それでも使用しないよりははるかに安全性が向上するので、しっかりとどれかを利用するようにしてください。

第三世代の匿名アルトコインについて細くすると、これは匿名送金機能を備えるアルトコインを使うことで独自のブロックチェーンを得ることができるようになり、サーバーの使用が無くなるので、おそらく最も匿名性が高いものと言えるでしょう。ただし、アルトコインの購入はそのものに取引所を通す必要性があるので、そこから追跡されてしまうかもしれないかもしれません。鼬ごっこな部分がありますが、100%防げる方法というのはいまだ確率はされておりません。

もともと、公開鍵を使っている場所への対策としてミキシングが有効と言われておりましたが、分析ツールを使うことで、公開鍵を使っていない場合でもトラッキングできるようになり、ハッキングツールを使いこなせる人なら情報を簡単に抜き取れるようになると言われているので、安全第一と考える方は積極的に取り入れたほうがいいでしょう。プライバシーを守るためには2ヶ月に1回は行うようにしてください。

■ミキシングについて

 (15160)

ビットコインにまつわるトラブルというのはネット上で調べれば調べるほど大量に出てきます。そのような被害に遭わないようにするためにも、ミキシングといった方法で自分の身は自分で守れるようにしてください。他の人たちに自分の情報が見られているというのは気持ち悪いところがあるので、今回のミキシングは必ず覚えておいてください。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインの【ミキシング】って何?~その意味と使用法~

ビットコインの【ミキシング】って何?~その意味と使用法~

ビットコインは、取引に必要な鍵というのがあります。そして、その鍵を守るのが「ミキシング」です。「ミキシング」とはどういった仕組みになっているのでしょうか?その意味と使用法などについてご紹介しようと思います。
anzu | 641 view
ビットコインのシステムについてあらためて確認

ビットコインのシステムについてあらためて確認

まだ公表されてからの歴史が浅い事もあって様々なトラブルも予測されるにも関わらず、法的な整備が進んでいない事も事実ですし、実際ビットコインを巡っての各国の判断は様々です。そこで今は様子見という人も含めて多少でも関心がある人に向けて、あらためて暗号貨幣・ビットコインのシステムをのぞいてみる事にします。
管理者3 | 47 view
仮想通貨ビットコインの始め方と税金の話。どの様に税金を考えればよいか?

仮想通貨ビットコインの始め方と税金の話。どの様に税金を考えればよいか?

2018年の話題の投資先として色々な案があるかと思いますが、仮想通貨はチャレンジする、しないに限らず絶対におさえておきたい案件だと言えます。有名なものは、ニュースやテレビコマーシャルなどでも度々目にするビットコインだと思いますが、他にも色々な通貨がありますので、まずは広く視野を広げる必要があります。
管理者3 | 242 view
AMLビットコイン、新シンボルでICOの第3フェーズをローンチ

AMLビットコイン、新シンボルでICOの第3フェーズをローンチ

反マネーロンダリングとKYCプロトコルをコードに統合した世界で唯一の特許出願中の電子通貨、AMLビットコイン(英表記:AML BitCoin)を創立したNAC財団 LLC(有限責任会社)にとって、慌ただしい新年の始まりであった。
管理者3 | 155 view
ビットコイン取引!BITPoint(ビットポイント)とGMOコインbyGMOを比較

ビットコイン取引!BITPoint(ビットポイント)とGMOコインbyGMOを比較

ビットコインは仮想通貨という特性上、紙幣や通貨が存在しません。全てデータとして管理され、ネット上にある取引所での売買を行います。ビットコインは円やドルのように国により通貨が異なることはなく、全世界共通です。利便性も高く投資などにも利用できることから、世界中で取引されています。
管理者3 | 214 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-sacchi E-sacchi