2017年9月4日 更新

保険商品のためのマーケットプレイスインシュアエックスのICO

既存市場の代替となる、機関投資家を対象とした保険のマーケットプレイスを運営するインシュアエックスのICOを紹介します。インシュアエックスは2017年8月下旬にアイエックスレジャーに名称変更されました。

インシュアエックスとは?

 (19967)

インシュアエックスは、保険商品の取引や管理方法をより良いものに進化させることを目標として、
既存市場の代替となる保険商品のためのマーケットプレイスの開発を進めています。
現在、一般的な保険商品は、代理店を通して契約するというのがほとんどですが、
書類審査や契約までの流れが複雑で、多くの時間がかかっています。
また、保険商品の種類も多数あり、データの共有や協業をするのも難しい状況です。
そこで、イーサリアムのブロックチェーン上でスマートコントラクトを利用して契約手続きをできるようにとして開発されたのがインシュアエックスです。
一般の消費者向けというよりは、保険会社(事業会社との保険契約から保険商品を組成し、売却)、再保険会社(再保険引き受けや再々保険商品の売却)、証券会社(保険商品を元にしたテーラーメード金融商品の組成と提供)、事業会社(被保険者として保険会社と保険契約を締結)等の機関投資家を対象とした保険のマーケットプレイスの構築を行います。そして、マーケットプレイスでの売買手数料及び会費から収益を得るビジネスモデルで、トークンは保険の売買代金や手数料の支払いに利用できます。

インシュアエックスのICOの状況

シンボルはIXTで、2017年7月11日よりICOが開始され、レートは、1ETH=1125IXTです。
2017年7月10日までのプレセール期間に買えば、最小申込ロットが15ETHからと比較的まとまった資金が必要となりますがが、56%もの増量ボーナスが付きます。ただし、プレセールは募集の上限が7500ETHまでで、上限に達すると即時募集終了となります。
プレセールとICOで合計88888ETHの売り出しで、比較的小型の案件なので、伸びしろが見込めます。

アイエックスレジャーに名前が変わりました

「insure」が実際に保険を提供すると誤認させる恐れがあると、クライアントや規制当局から指摘があり、リブランディングも兼ねて、
2017年8月下旬に「インシュアエックス」から「アイエックスレジャー」に名称変更されました。
シンボルのIXTはそのままです。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

保険会社など機関投資家向けの保険マーケットプレイスインシュアエックスのICO

保険会社など機関投資家向けの保険マーケットプレイスインシュアエックスのICO

既存の保険市場の代替となるための機関投資家向け保険商品のマーケットプレイスを提供するインシュアエックスのICOを紹介します。
しょーじ | 22 view
日本向け分散型ソーシャルメディアプラットフォーム「アリス」のICO

日本向け分散型ソーシャルメディアプラットフォーム「アリス」のICO

日本初のブロックチェーンを活用したソーシャルメディア・プラットフォームをつくるプロジェクトであるアリスのICOを紹介します。
しょーじ | 30 view
「WeChat」をモデルにして作られた、非中央集権型プラットフォームステータスのICO

「WeChat」をモデルにして作られた、非中央集権型プラットフォームステータスのICO

世界中で約9億人近くが利用する「WeChat」をモデルにして作られた、イーサリアムのブロックチェーン上に構築された分散型モバイルメッセージングプラットフォームステータスのICOを紹介します。
しょーじ | 16 view
クロスプラットフォームとしてデビットカードを提供するテンエックスのICO

クロスプラットフォームとしてデビットカードを提供するテンエックスのICO

仮想通貨の分散型クロスプラットフォームで、日常生活において様々な仮想通貨をレートを気にしなくてもデビットカードを買い物で使えるようにする仕組みであるテンエックスのICOを紹介します。
しょーじ | 10 view
取引所間取引のための仮想通貨エクスチェンジユニオンのICO

取引所間取引のための仮想通貨エクスチェンジユニオンのICO

世界中にあふれているデジタル通貨交換を橋渡しし、投資家によるクロスエクスチェンジ取引、異種取引の清算、異なるデジタル通貨および資産間の預金および引き出しを実現することを目標としているエクスチェンジユニオンのICOを紹介します。
しょーじ | 8 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ