2018年1月11日 更新

みんなのビットコインとLemuria(レムリア)を比べてみよう

ビットコインは、仮想通貨の先駆者です。市場に普及してからは、多くの人に取引されるようになり、政府や中央銀行などのしがらみがない独立した通貨として人気を集めています。FXの逃避先通貨としても人気ですが、取引するためには仮想通貨取引所の利用が必要です。今回は、みんなのビットコインとLemuria(レムリア)紹介していきます。

みんなのビットコインの特徴について

 (21129)

みんなのビットコインは、2016年に生まれた国内の仮想通貨取引所です。ビットコインそのものが誕生してからの歴史が短いですが、その中でも比較的新しい取引所となります。利用できる仮想通貨は、ビットコインの他にイーサリアムがあります。

みんなのビットコインは、販売所ではなく取引所になります。取引所は、チャートを見ながら価格を指定する取引所であり、低コストで購入ができることや本格的な取引をする人に向いています。仮想通貨とのペアリング通貨に関しても、ユーロやドルなど10種類の主要通貨が使えます。

最大で25倍のレバレッジをかけて取引できるのも特徴です。個人が国内でレバレッジを書けた取引をする際の上限は25倍で規制されているため、国内で最大のレバレッジをかけて取引できます。レバレッジを活用することにより、少ない資金で大きな取引ができます。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

みんなのビットコインのメリットとデメリット

 (21132)

みんなのビットコインは、取引コストの低さに魅力があります。現物取引、レバレッジ取引ともに無料で行うことが可能で、少ないコストで取引したい人に向いています。また、国内では数が少ない仮想通貨出金手数料が無料というのもポイントです。イーサリアム取引においても同様です。

みんなのビットコインで使われている取引ツールは、他の仮想通貨取引所を圧倒する高いパフォーマンスが魅力です。テクニカル分析が搭載されており、一秒で100万を超える約定処理を行うこともできます。優れたシステムツールにより、ストレスなく取引できます。

取扱っている通貨の種類が少ないのは、多くの通貨で取引したい人にとってデメリットです。実際に取引するしないは別として、種類が多いほど選択肢も増えるため、取扱いされている通貨の種類が多いに越したことはありません。スマホアプリによる取引ができないのもデメリットと言えるでしょう。

Lemuria(レムリア)の特徴について

 (21135)

Lemuria(レムリア)は、東京に拠点があるバイクリメンツ株式会社が運営している仮想通貨取引所です。歴史は短い取引所ではあるものの、経営陣の中にはスマホアプリの開発などに精通した人もおり、その知識や技術が活かされています。着実にユーザーを増やしている仮想通貨取引所の一つと言えるでしょう。

アカウントがメールアドレスのみで使うことが可能ですが、口座の作成においては免許証や住民票などの書類提出が必要です。対応はスムーズで、取引で使用されているTradingViewも評判がよく、このツールを使うために口座を作るのもよいかもしれません。取引するのに取引ツールの重要性は高く、特に経験が少ない人は取引ツールの使いやすさを重視するのがおすすめです。

取扱っているコインはビットコインのみとなります。複数のコインを取り扱っている仮想通貨取引所が多い中、ビットコインだけの取引に物足りなさを感じるかもしれませんが、はじめての人にとっては選択肢が少ない方が迷わなくて済むかもしれません。

Lemuria(レムリア)のメリットとデメリット

 (21138)

レムリアは取引手数料が無料なので、コストをかけずに取引できるのが魅力です。初心者にとって手数料の負担は大きく感じるものなので、無料で取引を開始できるのはメリットと言えるでしょう。24時間いつでも取引可能で、空いた時間を中心に短期取引を行うこともできます。

ビットコインの取引には初期投資額もかなりいると思われる方も少なくありません。しかし、Lemuriaは100円から取引することが可能で、初期コストがかからないため、ビットコインがどんなものか知りたい人も負担なくスタートできます。慣れてきたら投資する金額を増やすなど調整が可能です。

スマホアプリがないので、手軽に取引したい人には不向きです。ビットコインの送金も簡単に行うことはできないので、パソコンよりスマホ派の人にとってはデメリットに感じる部分も多いでしょう。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

みんなのビットコインとLemuriaの比較ポイント

 (21141)

どちらも新しい取引所ということで、取引の選択肢が限られていることやスマホを使って取引できないのはデメリットになります。しかし、シンプルな取引ができることや最新鋭の取引ツールが導入されているため、複雑ではなく初心者がはじめて取引するのは両社ともおすすめです。

ビットコイン取引において気になるのが、セキリュティ対策の充実性です。どれだけ優秀なツールがあってもセキリュティ面でのリスクがあっては意味がありません。セキリュティについては、みんなのビットコインとLemuriaともに堅固なセキリュティがあり、資産管理も行われているので、何かあった場合も安心です。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

bitbank.cc(ビットバンク)とみんなのビットコインを比較

bitbank.cc(ビットバンク)とみんなのビットコインを比較

ビットコインは取引所で売買するのが一般的です。売りたい人と買いたい人が直接交渉しながら取引をするので、希望額によってはすぐに取引できない場合もありますが、原則手数料がかからないのがポイントです。世界中で取引が行われていますが、日本国内にも取引所があるので初心者でも気軽に参加できます。数ある取引所の中から、bitbank.ccビットバンクとみんなのビットコインを比較してみましょう。
管理者3 | 195 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3

おすすめの記事

今注目の記事